小牧リサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小牧りさから転送)
移動先: 案内検索
こまき りさ
小牧 リサ
本名 中間 初子
別名義 小牧 りさ
生年月日 (1951-01-14) 1951年1月14日(66歳)
出生地 日本の旗, 大阪府
身長 162cm
職業 女優映画テレビドラマ
配偶者 あり
主な作品
テレビドラマ
非情のライセンス
秘密戦隊ゴレンジャー
透明ドリちゃん

小牧 リサ(こまき りさ、1951年1月14日 - )は、1970年代から1980年代前半に活動した日本女優大阪府高槻市出身[1]。旧芸名小牧 りさ[1]。本名、中間(旧姓・奥野[2]) 初子。身長162cm[2]

来歴[編集]

土浦日本大学高等学校を卒業し、準ミスエールフランスに選ばれたことがきっかけで1972年10月から放送のNETテレビ『土曜ゴールデンプレゼント』のアシスタントに抜擢される[1]1975年より放映された『秘密戦隊ゴレンジャー』(NET)でペギー松山(モモレンジャーの変身前)役を演じ子供たちのアイドルとなる。放映当時には警察の一日署長を務めるほどの人気ぶりだった[3]

1979年より放送の『バトルフィーバーJ』(テレビ朝日)では、その脚線美を生かし、ミスアメリカスーツアクターを務めた。ミスアメリカの変身前を演じるダイアン・マーチンが当時日本語が苦手だったため、ダイアン・マーチンの吹き替えも担当した。負傷のためスーツアクターは途中で交代したものの、24話でダイアン・マーチンが降板するまでアフレコの担当は続けた[4]

1983年、『ゴレンジャー』のプロデューサーだった吉川進より『宇宙刑事シャリバン』(テレビ朝日)に登場する敵側の幹部のオファーがあるが辞退[5]。その後、同作の第30話にゲスト出演した。

27歳のときに映画カメラマンと結婚し、子供2人をもうけて引退[6]1990年代半ば頃までは、時折イベントやテレビ特番などに出演することもあったが、近年[いつ?]は表舞台に登場することはなくなっていた。2010年になってゴレンジャーのイベントに出演し久々に表舞台に登場した[7]。イベントの模様は8月にファミリー劇場の「秘密戦隊ゴレンジャー同窓会」にて放送された[8]

2012年現在、33歳になる子供がいる[9]。 結婚13年後に離婚し、コンパニオンなどを経て、2014年当時は週6日の飲食店勤務をしながら息子の子供を預かり、東京都谷中でその孫と2人暮らしである[6][10]

以前のプロフィールでは1954年生まれになっていたが[2]、2016年のインタビュー記事ではその時点で65歳を迎えている[11]

人物[編集]

芸能界デビュー前からモダンバレエ日舞を学ぶ[1]小堺一機によれば、小堺は小牧の兄と高校時代の友達なのだという[12]。ちなみに「コサキン」で小堺と活動していた関根勤は『ゴレンジャー』にゲスト出演しており、小牧との芝居の絡みもあった[注釈 1]

ゴレンジャーの逸話[編集]

『ゴレンジャー』出演の経緯はマネージャーによるものであるが、台本を見るまで自分が変身する役であるとは気が付かなかった[5]。オーディション後に鹿沼えりなどと共にレギュラーだと言う事は知らされていたが、自身が5人の内の1人(ヒロイン)と言う事は全く知らされておらず、何も知らないまま撮影スタジオに入ったという[8]

モモレンジャーに選ばれたのは脚を出せる人という条件に合致したからで、当時の小牧はいつも短いスカートでオーディション用の写真もミニだった。ピンクレンジャーでなくモモレンジャーと命名されたのも、小牧の太股からの連想で決まったものである[11][13]

素面でのアクションも行っており、プロデューサーの吉川進は小牧のキックを評価している[5]。立ち回りでは相手役の中屋敷哲也のキックが顔面にあたってしまい、歯が折れたこともあったという[5]

『ゴレンジャー』の中で印象に残っているものとして、劇中で何度も変装を披露した第57話「黒い包囲網! 五つの顔のペギー」を挙げている[5]

第83話「オレンジ色の初恋!! 吼える大都会」の回想シーンを水着姿で撮影した直後に風邪をひいてしまうが、「発熱したのが撮影後だったので助かった」と述懐している[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ノルマ(2016年5月)

情報番組[編集]

  • 土曜ゴールデンプレゼント (1972年10月-1973年3月、NET)- アシスタント

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 第57話「黒い包囲網! 五つの顔のペギー」クレジット表記はラビット関根。
  2. ^ 撮影中の負傷により、スーツアクターとしての出演は第16話まで。また、第15・16話の声は横沢啓子が代役で演じている。
出典
  1. ^ a b c d 「ラッキーを背負って登場 新人・小牧りさ 声にも甘い透明感」『中日新聞』1972年11月9日付夕刊
  2. ^ a b c 日本タレント名鑑'80』 VIPタイムズ社、1979年、284頁。
  3. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, pp. 149、182、234.
  4. ^ 『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界』 双葉社、2003年、p.11
  5. ^ a b c d e f 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, pp. 180-183, 「秘密戦隊ゴレンジャー座談会 忘れえぬヒーローたち」
  6. ^ a b 「爆報!THE フライデー」 2014年9月5日(金)放送内容 価格.comテレビ紹介情報(ワイヤーアクション
  7. ^ モモレンジャー、ミドレンジャー33年ぶりの再会!当時の衣装は入らずも、魅惑の歌声は健在! シネマトゥデイ 2010年6月14日 2010年8月閲覧。
  8. ^ a b ファミリー劇場「秘密戦隊ゴレンジャー同窓会」 2010年8月閲覧。
  9. ^ テレビの王様 TBS系 1994年放送[出典無効]
  10. ^ 2代目キレンジャーの壮絶人生、「ゴレンジャー」仲間と38年ぶり再会。 Narinari.com 2014年12月6日
  11. ^ a b 俺たちをトリコにしたオール「特撮ヒロイン」(3)「小牧リサ・戦隊モノの元祖ヒロインに意外な役名秘話」 Asagei plus(アサヒ芸能) 2016年7月11日
  12. ^ コサキン DE ラ゛ ジ オ゛!#49 2011年6月3日初放送
  13. ^ 平山亨『泣き虫プロデューサーの遺言状』講談社、2012年、p.176
  14. ^ アリ氏に花束贈呈した“モモレンジャー”小牧りさ「別世界の人のよう」 スポーツニッポン 2016年6月5日

参考文献[編集]