ギターを持った渡り鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギターを持った渡り鳥
監督 齋藤武市
脚本 山崎巌
原健三郎
原作 小川英
出演者 小林旭
浅丘ルリ子
音楽 小杉太一郎
撮影 高村倉太郎
編集 近藤光雄
配給 日活
公開 1959年10月11日
上映時間 78分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ギターを持った渡り鳥』(ギターをもったわたりどり)は、1959年公開の小林旭主演の日本の映画作品。また、小林旭が歌った、同映画の主題歌の題名。

概要[編集]

本作品はペギー葉山の歌謡曲『南国土佐を後にして』をもとにした映画作品がヒットしたことを受けて制作された。

元・刑事で今はギターを持って「流し」をしている主人公・滝伸次が見知らぬ土地(本作は北海道函館市が舞台)にやってきて、そこに在住する女性と知り合い、その街で暗躍する黒幕をやっつけて、また別の街へと旅立つというのが作品のプロットである。

本作のヒットを受け、以降1962年まで合計8作の『渡り鳥シリーズ』が制作された。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]