リー・レミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リー・レミック
Lee Remick
リー・レミックLee Remick
1974年 39歳のとき
生年月日 (1935-12-14) 1935年12月14日
没年月日 (1991-07-02) 1991年7月2日(55歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州クインシー
死没地 ロサンゼルス
職業 女優
配偶者 Bill Colleran (1957 - 1968)
Kip Gowans (1970 - 1991)
主な作品
『或る殺人』『酒とバラの日々』『オーメン

リー・レミックLee Remick, 1935年12月14日 - 1991年7月2日)は、アメリカ合衆国の映画・テレビ女優。代表作は「或る殺人」「酒とバラの日々」「オーメン」など。

略歴[編集]

マサチューセッツ州クインシー出身。父はデパートを経営するビジネスマン、母は女優。

26歳のときジョージ・キューカーとのリハーサル風景 (1962)

アクターズ・スタジオで学び、1953年に18歳でブロードウェイにデビューした。

1957年、22歳のときエリア・カザンの『群衆の中の一つの顔』で映画デビュー。

1959年の「或る殺人」ではゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネート、1962年、アルコール依存症に陥る主人公の妻で、本人もアルコールにおぼれる役を演じた『酒とバラの日々』ではアカデミー賞にノミネートされた。

1966年には舞台『暗くなるまで待って』でトニー賞にもノミネート。

41歳のときに出演した『オーメン』は批評家の評価は低かったが、76年の空前のオカルトブームの中でヒットし、このときに演じた母親役は印象深く、恐怖に驚いてカッと見開いた大きな瞳と、華奢な顔立ちの表情は、この作品の象徴となった。

70年代には10本以上のテレビ映画・ドラマに出演して、ゴールデングローブ賞と英国アカデミー賞のテレビ部門の主演女優賞を3度受賞した。エミー賞には7回ノミネートされた。

79年のドラマ「アイク」ではロバート・デュバル演じる主人公アイゼンハワーのヒロイン役を演じ、チャーチルの母親の伝記ドラマ「ジェニー:レディ・ランドルフ・チャーチル」では主人公ジェニー(レディ・ランドルフ)を演じて好評を博した。

1991年ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムに映画女優として追加された。同年、腎臓癌と肝臓癌によりロスアンゼルスの自宅で夫と母親、息子と娘たちに見守られて息を引き取った。

主な出演作品[編集]

Lee Remick in The Long Hot Summer.jpg
「長く熱い夜」 (1958)
「長く熱い夜」 (1958)

参照[編集]

外部リンク[編集]