テレフォン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テレフォン
Telefon
監督 ドン・シーゲル
脚本 ピーター・ハイアムズ
スターリング・シリファント
原作 ウォルター・ウェイジャー
製作 ジェームズ・B・ハリス
出演者 チャールズ・ブロンソン
リー・レミック
音楽 ラロ・シフリン
撮影 マイケル・C・バトラー
編集 ダグラス・スチュワート
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年12月16日
日本の旗 1978年4月8日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

テレフォン』(Telefon)は、1978年に公開されたアメリカ合衆国アクションサスペンス映画。

ストーリー[編集]

アメリカ国内で軍事基地が破壊される事件が多発し、事件の犯人は普通の市民であった。ただ、彼らは、「森は美しく暗く深い。だが約束を果たし、眠りにつくまでに道はまだ遠い…」という詩[1]を電話で聞かされ、催眠術にかかったように爆破活動へ向かっていた。

調査していくと、彼らはかつてのソ連の留学生であった。しかし実はデタントにより不要になったかつての作戦「テレフォン作戦」のため洗脳させられた自爆工作員であった。

事件を知ったKGB本部は、作戦手帳を盗みソ連から脱出したタカ派のダルチムスキーが米ソ関係悪化を狙い一連の事件を起こしていたのであるとにらみ、ボルゾフ少佐をアメリカへ派遣し、在米KGBのバーバラと夫婦になり済まさせ、事件解明とダルチムスキーの粛清に向かったのであった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え(2人記載はWOWOWで2014年2月9日に放送された際に実施された追加録音時の代役)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロバート・フロストの「雪の降る夕方森に寄って」。

外部リンク[編集]