白い肌の異常な夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白い肌の異常な夜
The Beguiled
監督 ドン・シーゲル
脚本 ジョン・B・シェリー
グライムス・グライス
原作 トーマス・カリナン英語版
The Beguiled
製作 ドン・シーゲル
出演者 クリント・イーストウッド
ジェラルディン・ペイジ
エリザベス・ハートマン英語版
ジョー・アン・ハリス英語版
音楽 ラロ・シフリン
撮影 ブルース・サーティース
編集 カール・パインジター
製作会社 マルパソ・カンパニー英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年3月31日
日本の旗 1971年12月4日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $1,113,069[1]
テンプレートを表示

白い肌の異常な夜』(しろいはだのいじょうなよる、: The Beguiled)は、1971年アメリカ合衆国サスペンス映画。監督はドン・シーゲル、出演はクリント・イーストウッドジェラルディン・ペイジなど。原作はトーマス・カリナン英語版1966年の小説『The Beguiled 』。

ストーリー[編集]

時代は南北戦争の末期、南部のとある森の中で深い傷を負い、友軍とも逸れてしまった北軍の兵士ジョン・マクバニーは、意識を失う間際に民間人の女たちに助け出される。彼女たちは森の中で自給自足の暮らしを営みつつ戦火を逃れていた女学院の教師や生徒たちであった。マクバニーはそこで手厚い看病を受けるが、やがてその傷も癒えたころ男子禁制の女の園の中に紛れ込んだ敵軍の兵士である彼を巡り、女たちの葛藤に火がついていく。男を恐れ、疑いながらも、次第に惹かれていく女達。女たちの魅力に囚われ、その嫉妬や憎悪に翻弄されたマクバニーは単独で脱出を試みる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ テレビ東京 VOD[注 1][2]
ジョン・マクバニー(北軍伍長) クリント・イーストウッド 山田康雄 多田野曜平
マーサ・ファーンズワース(校長) ジェラルディン・ペイジ 文野朋子 藤本喜久子[3]
エドウィーナ・ダブニー(教師) エリザベス・ハートマン英語版 宇津宮雅代 宗形智子 木下紗華
キャロル ジョー・アン・ハリス英語版 麻上洋子 小山茉美 坂本真綾
ドリス ダーリーン・カー英語版 横尾まり 下山田綾華
ハリー メエ・マーサー英語版 玉井碧 沢田敏子 杉浦慶子[3]
エミー パメリン・ファーディン英語版 鵜飼るみ子 渕崎ゆり子 津村まこと[4]
アビゲイル メロディ・トーマス英語版 竹内美香 土方結香 佐藤美由希[5]
リジー ペギー・ドライヤー 石川弘美 田口奈緒子 菊池こころ[3]
ジャニー パッティ・マティック 石崎恵美子 三好由里子 今井麻夏[3]
南軍の男 チャーリー・ブリッグス 細井重之 飯塚昭三
スクロギンス マット・クラーク 若本紀昭 大塚芳忠
ジェファーソン ジョージ・ダン 金内喜久夫 塚田正昭
※日本テレビ版とテレビ東京版の吹替はキングレコードより発売のDVDに収録。

スタッフ[編集]

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、18件の評論のうち高評価は89%にあたる16件で、平均点は10点満点中7.00点となっている[7]

注釈[編集]

  1. ^ イマジカBSで初放送された際は一部声優のみ公表されていたが、主演を務めた多田野曜平の証言により全ての主要キャストが判明した。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]