雪の降る夕方森に寄って

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

雪の降る夕方森に寄って」(ゆきのふるゆうがたもりによって、英文:"Stopping by Woods on a Snowy Evening")はアメリカ合衆国詩人ロバート・フロストである。1922年に作られて、彼の詩の中でも最も親しまれているものの一つである[1]

[編集]

英語原詩 日本語直訳(GDFL)

Stopping by Woods on a Snowy Evening

Whose woods these are I think I know.
His house is in the village though;
He will not see me stopping here
To watch his woods fill up with snow.

My little horse must think it queer
To stop without a farmhouse near
Between the woods and frozen lake
The darkest evening of the year.

He gives his harness bells a shake
To ask if there is some mistake.
The only other sound’s the sweep
Of easy wind and downy flake.

The woods are lovely, dark and deep,
But I have promises to keep,
And miles to go before I sleep,
And miles to go before I sleep.

雪の降る夜、森に立ち止まる

これが誰の森なのか知っている。
彼の家は村にあるのだが
ここで私が止まるのは見ていない
雪に覆われる森を見つめている私を。

私の小馬は奇妙に思っているはずだ
近くに農家もないのに
森と凍った湖の間に止まることを
一年で最も暗い夜に。

彼は自ら馬具の鈴を揺らす
何か間違いなのではと尋ねている。
ほかの音はやわらかく吹く風と
綿毛のように降る雪だけだ。

森は美しく、暗く、深い。
しかし私には守るべき約束がある
行くべき道のりがある、眠る前に。
行くべき道のりがある、眠る前に。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Stopping by Woods on a Snowy Evening, A Study Guide