月形祐二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
月形 祐二
つきがた ゆうじ
生年月日 (1958-06-28) 1958年6月28日(62歳)
出身校 西南学院大学法学部
所属政党自由民主党→)
無所属

当選回数 2回
在任期間 2014年2月14日 - 現職

選挙区 前原市・糸島郡選挙区
当選回数 3回
在任期間 2003年4月30日 - 2014年
テンプレートを表示

月形 祐二(つきがた ゆうじ、1958年6月28日 - )は、日本政治家福岡県糸島市長(2期)。元福岡県議会議員(3期)。

来歴[編集]

志摩町立桜野小学校、西南学院中学校・高等学校を経て、1982年(昭和57年)3月、西南学院大学法学部卒業。同年4月、株式会社モリタに就職。1986年(昭和61年)から2002年(平成14年)11月まで衆議院議員太田誠一の秘書を務めた[1][2]

2003年(平成15年)4月の福岡県議会議員選挙に前原市・糸島郡選挙区から自由民主党公認で出馬。無投票により初当選。2007年(平成19年)に再選。

2010年(平成10年)1月1日、前原市志摩町二丈町合併し、糸島市が発足。2011年(平成23年)に3選[注釈 1]

2014年(平成26年)2月2日に行われた糸島市長選挙に出馬し初当選。2月14日、市長就任。

2018年、元市議の高橋徹郎を破り再選[3][4]

人物[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 前年に糸島市が誕生しているが、2011年県議選の選挙区は「前原市・糸島郡選挙区」のままであった。

出典[編集]

  1. ^ 市長のプロフィール”. 糸島市公式ページ (2018年2月1日). 2018年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月24日閲覧。
  2. ^ 市長のプロフィール - 糸島市ホームページ[リンク切れ]
  3. ^ “【福岡】糸島市は月形氏再選”. 西日本新聞. (2019年1月29日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/local_election/article/389828/ 2019年1月21日閲覧。 
  4. ^ 糸島市長選挙開票速報(結了)”. 糸島市公式ページ (2018年1月28日). 2019年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
松本嶺男
Flag of Itoshima Fukuoka.JPG福岡県糸島市長
2014年 -
次代:
現職