大任町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおとうまち ウィキデータを編集
大任町
Michinoeki Ootou-sakura.JPG
大任町章
大任町章
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
田川郡
市町村コード 40608-2
法人番号 3000020406082 ウィキデータを編集
面積 14.26km2
総人口 4,919[編集]
推計人口、2022年11月1日)
人口密度 345人/km2
隣接自治体 田川市田川郡香春町添田町川崎町赤村
町の木
町の花 菜の花椿
町の鳥 メジロ
大任町役場
町長 永原譲二
所在地 824-0512
福岡県田川郡大任町大字大行事3067番地
北緯33度36分44秒 東経130度51分13秒 / 北緯33.61222度 東経130.85369度 / 33.61222; 130.85369座標: 北緯33度36分44秒 東経130度51分13秒 / 北緯33.61222度 東経130.85369度 / 33.61222; 130.85369
大任町役場
役場庁舎位置
外部リンク 公式ウェブサイト

大任町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

大任町(おおとうまち)は、福岡県の中央部に位置する田川郡に属しており、筑豊を構成する自治体の一つでもある。

イメージキャラクターはしじみの大ちゃん、花ちゃん。

地理[編集]

田川市と隣接する筑豊地方の町で、町域の中心部を南北に彦山川が流れており町域の多くは田川盆地に属する。田川市の経済圏に属しており、北九州都市圏の5%圏域に属する。かつては筑豊炭田の産炭地として栄えていたが、人口の減少により過疎が深刻化している。

隣接している市町村[編集]

歴史[編集]

近現代[編集]

  • 1887年
    • 福田村、元松村、白土村、安永村、成光村、秋永村、柿原村が合併し、大行事村となる。
    • 上今任村、下今任村、桑原村が合併し、今任原村となる。
  • 1889年4月1日 - 市町村制施行に合わせて行事村と今原村が統合され、大任村が発足。
  • 1960年1月1日 - 町制施行。大任町となる。

行政[編集]

町長[編集]

町議会[編集]

  • 定数:11人
  • 任期:2023年4月30日

選挙区[編集]

町政をめぐる事件[編集]

町政の場において、重大事件・不祥事がたびたび発生している。

  • 1982年9月20日、町水道係長が詐欺容疑福岡県警に逮捕された[1]博打で作った借金の返済などに窮したあげく、自らの左手人差し指を斧で故意に第二関節から切断し、総額400万円以上の傷害保険金を詐取した容疑であった[1]。地元では数年前から同じ手口による保険金詐欺事件が相次ぎ、1982年2月から暴力団員金融業者や主婦など32人が詐欺容疑で逮捕されていた[1]。事件の背景には、借金返済の催促や指の切断を勧告する役、指の切断を実行する役など組織的な役割分担があったと報じられている[1]
  • 1986年10月6日、当時の町長・崎野正規が町長室で執務中、乱入してきた暴漢に射殺された[2]
  • 2002年7月2日に当時の町議会議長が突然銃撃を受け負傷。この町議会議長は翌2003年6月に護身用の拳銃を所持していた疑いが強まり、逮捕される直前に辞職し失踪、指名手配されていた同年12月に出頭し、銃刀法違反で逮捕されている。
  • 元町議会議長が覚醒剤所持で逮捕された。
  • 2003年8月、最多得票当選の町議が、広域的に活動していた高級車窃盗団の頭領として逮捕された[3]
  • 2005年7月、永原譲二町長の親族が運営する企業組合事務所に複数の火炎瓶が投げ込まれた[4]
  • 町議を含む町政関係者が立て続けに失踪した。
  • 2015年6月以降、一般質問が一度も行われていない。全国町村議会議長会によると、これは全国の町村議会で最も長い[5]
  • 2021年10月8日、衆院選の立候補予定者の広報紙や、永原譲二町長を批判する内容のビラを町内で配布していた町職員の男性に対し、永原が特殊警棒を示し「殺すぞ」と脅す事件が起きた。2022年2月3日、永原は暴力行為等処罰法違反容疑で福岡県警に書類送検された[6][7][8]
  • 2022年3月16日、町議会が6年半ぶりとなる一般質問を実施した。質問したのは2人で、町政に関する項目のみ認められた。2人目の質問者の次谷隆澄副議長が永原が書類送検されたことに言及すると、松下太議長は事前通告がないとして途中で打ち切り、閉会を宣言した[9]
  • 2022年5月4日、永原による先述の事件や独裁的な町政に抗議し、永原のリコールを訴えるデモが次谷らの呼びかけで行われ、約120人が参加した。このデモに対し町は、休日にもかかわらず30人の職員を動員して参加者を撮影したほか、町役場駐車場の使用許可申請を却下するなど妨害した。次谷は抗議運動に関係して、命の危険を感じるような脅迫を受けているという[10]

週刊文春』によれば、2005年5月の政府財政制度等審議会財政制度分科会の合同部会における渡邉恒雄による『福岡県の田川郡は暴力団の町だ』との発言が生まれた背景にあるのは主にこの町のこうした状況のことであり、この発言はこの町のことを主に指しているとしている[11]

2017年にはハリウッドの泥棒映画『オーシャンズ』シリーズをイメージした観光PRパンフレット「ヤバイぜ!おおとう町」を作り[12]、第4回ふるさとパンフレット大賞で優秀賞を受けた[13]

田川地区のごみ処理施設建設に関して[編集]

町長の永原は、大任町を含む田川地区のごみ処理施設建設事業を行う「田川郡東部環境衛生施設組合」の組合長でもある。この施設の建設費について情報公開が不十分であると指摘する田川市議会議員に、永原はいくつかの抗議を行っている。

  • 2022年4月、市議の香月隆一らが情報公開の成り立ちや意義を学ぶ勉強会を開催したところ、永原らが市議に謝罪を要求する文書を送付した。市議は内容について「読んだ瞬間に、強要罪にあたるんじゃないか」と思ったという。また勉強会の講師だった「市民オンブズマン福岡」代表幹事の児嶋研二は「講演の内容について具体的に何も示さずに(中略)クレームをつけてきたのは初めて」「情報公開について考えようという集会自体にクレームをつけるというのは、『表現の自由を保障すべき』という憲法に違反することだ」と語った[14]
  • 2018年には、市議3人が事業内容の詳細を田川市の執行部に質問したところ、大任町の町長である永原らから「私や大任町議会に対する侮辱、人権侵害、印象操作などの発言がある」とする抗議文が届いた。この抗議に田川市議会は事実誤認もあるとして議長名で永原に「反省」を求めた。
  • すると永原は田川市議会を訪れ議員らに「そこで言うたことは責任とらんか。一番いい落とし所は、3人が3人バッジ外すわけにはいかんけ、高瀬議員あんたが責任取って、どうせ来年4月は選挙やけんが。一回どこかでけじめをつけないかん。バッジもっていかな」と脅しとも取れる発言をした。同市議の佐藤俊一は「基本的には脅迫ですよね。ゴミ処理施設等に関わればこういうのが来る」と取材に答えている[14]

地域[編集]

人口[編集]

Population distribution of Oto, Fukuoka, Japan.svg
大任町と全国の年齢別人口分布(2005年) 大任町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 大任町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

大任町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

小・中学校[編集]

大任町立
  • 大任中学校
  • 大任小学校
  • 今任小学校

地名[編集]

  • 今任原
  • 大行事

経済[編集]

産業[編集]

  • 他の筑豊の市町村と同様、かつては炭鉱が町の経済を支えていたが現在ではすべて閉山しており、跡地を工業団地として再利用することで再生を図っている。
  • 町を南北に縦断する彦山川ではしじみが自生しており、町では「しじみ育成保護条例」を制定して保護にあたっている。
  • 国道322号線に隣接する道の駅おおとう桜街道が2010年10月にオープンした。

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

町内には鉄道路線は通っていない。隣接する市町村にある田川伊田駅(田川市)・勾金駅(香春町)・添田駅赤駅などが最寄り鉄道駅となる。

1915年から1985年までは香春駅(香春町)と添田駅(添田町)を結ぶ添田線が通っており、町内に以下の2駅があった。

このほか、大任駅を経由し油須原駅(赤村)と豊前川崎駅を結ぶ油須原線が計画・建設されたが、1980年に工事が凍結され開業することなく終わった。町の南端部には同線の一部として建設された橋梁が現在でも残っている。

バス路線[編集]

2011年4月1日よりコミュニティバスが運行されている。彦山川右岸部の県道34・52号線、左岸付近の県道453号線を通り、町内各集落と町役場・レインボーホールなどの施設、また町の最寄り鉄道駅である田川伊田駅との間を結ぶ。全区間無料で、利用者の限定はなく年中無休で運行し、誰でも利用できる。

  • 伊田駅 - 下今任 - 今任 - 六本松 - 上今任 - 海洋センター - 役場口 - 梅田 - 大行事橋 - 小林 - 福田 - 西白土 - 秋永 - 島台 - 安永 - 狐塚

ほかに町内各地と添田駅を巡回する町内巡回バスがあるが、町民以外は利用できない。

かつては西鉄バス西鉄バス筑豊)が大任町内各地に路線バスを運行していたが、2011年3月31日限りで大任町の県道34・52号線を経由し田川市と添田町を結ぶ路線が廃止された(翌日より上記コミュニティバスに代替)のを最後にすべての路線が消滅した。

道路[編集]

高速道路[編集]

町内にはいかなる形態の高速道路・自動車専用道路も通っていない。最寄りインターチェンジは以下の通り。

E3 九州自動車道
E10 東九州自動車道

一般道路(国道・県道)[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 自然の森キャンプ場
  • 建徳寺古墳公園
  • 大任町交通公園(旧添田線大任駅跡)

大任町出身の著名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『読売新聞』1982年9月20日夕刊
  2. ^ 大任町長射殺事件”. ワードBOX. 西日本新聞. 2011年1月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年11月23日閲覧。
  3. ^ 石田真一 (2004年1月30日). “町議が自動車窃盗グループの一員……辞職願”. Response.. https://response.jp/article/2004/01/30/57468.html 2022年11月23日閲覧。 
  4. ^ “企業組合事務所に火炎瓶 福岡県大任町長の長女運営”. 共同通信. (2005年7月20日). オリジナルの2014年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141006074557/http://www.47news.jp/CN/200507/CN2005072001000255.html 2022年11月23日閲覧。 
  5. ^ 吉川, 文敬 (2021年12月11日). “6年ぶりの一般質問、議長認めず 福岡県大任町”. 西日本新聞. https://www.nishinippon.co.jp/item/n/845498/ 2022年2月4日閲覧。 
  6. ^ “批判ビラを配布された町長、口論となった町民男性に「特殊警棒」示す…書類送検”. 読売新聞. (2022年2月4日). オリジナルの2022年2月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220205040915/https://www.yomiuri.co.jp/national/20220204-OYT1T50105/ 2022年2月4日閲覧。 
  7. ^ 遠山武; 板倉大地 (2022年2月4日). “福岡・大任町長、特殊警棒を示し脅した疑い 福岡県警が書類送検”. 朝日新聞. オリジナルの2022年2月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220218094423/https://www.asahi.com/articles/ASQ236FMFQ23TIPE024.html 2022年2月4日閲覧。 
  8. ^ “福岡・大任町長を書類送検 警棒で20代男性脅す”. 産経新聞. (2022年2月4日). オリジナルの2022年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220204225401/https://www.sankei.com/article/20220204-UWX3IYABFBOORNCUTKKJQKFTGE/ 2022年2月5日閲覧。 
  9. ^ “福岡・大任町議会で6年半ぶり一般質問 途中で打ち切り閉会”. 産経WEST. (2022年3月16日). https://www.sankei.com/article/20220316-DRGE3FAFPZN3VBRVCZQ3DWJG2I/ 2022年3月16日閲覧。 
  10. ^ “町民に「きさま、殺すぞ」特殊警棒で威嚇し書類送検…福岡県大任町で120人が町長リコールデモ”. FLASH. (2022年5月4日). https://smart-flash.jp/sociopolitics/180565/1/ 2022年11月23日閲覧。 
  11. ^ 週刊文春 2005年6月9日号 P.37
  12. ^ 中村幸基 (2017年6月13日). “福岡・大任町、ヤバイぜ! チョイ悪?町長ら、パンフに”. 朝日新聞. オリジナルの2022年4月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220425140944/https://www.asahi.com/articles/ASK692BZWK69TGPB003.html 2022年11月23日閲覧。 
  13. ^ 大任町ふるさとパンフレット(ヤバイぜ!おおとう町)”. 大任町 (2017年3月16日). 2022年11月23日閲覧。
  14. ^ a b “「ごみ処理施設」の議論はタブー? 福岡・大任町長の不可解 議題にした田川市議「議員バッジ外せ、とどう喝された」”. RKB毎日放送. (2022年9月15日). https://rkb.jp/news-rkb/202209153464798622/ 2022年9月15日閲覧。 

外部リンク[編集]