小竹町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:合屋古墳の画像提供をお願いします。2019年1月
こたけまち
小竹町
JRKyushu Kotake Station01.jpg
Flag of Kotake Fukuoka.png Kotake Fukuoka chapter.JPG
小竹町旗 小竹町章
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
鞍手郡
市町村コード 40401-2
法人番号 3000020404012 ウィキデータを編集
面積 14.28km2
(境界未定部分あり)
総人口 7,078[編集]
推計人口、2020年9月1日)
人口密度 496人/km2
隣接自治体 直方市飯塚市宮若市
町の木 キンモクセイ
町の花 ヒマワリ
小竹町役場
町長 松尾勝徳
所在地 820-1192
福岡県鞍手郡小竹町大字勝野3349番地
北緯33度41分32.8秒東経130度42分45.9秒座標: 北緯33度41分32.8秒 東経130度42分45.9秒
役場庁舎位置

Kotake Town office since 2020.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

小竹町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

小竹町(こたけまち)は、福岡県の中央部にある鞍手郡に属する。筑豊を構成する市町村の一つでもある。

地理[編集]

福岡県の中央部、筑豊地区の北部に位置し、直方市と飯塚市に挟まれている。福岡市中心部から北東へ約40km、北九州市中心部から南西に約40kmの位置にあたる。

町の中央を遠賀川が南北に貫く。町の南端部の国道200号線と県道74号線の交差点周辺が中心市街地となっている。

隣接している自治体[編集]

地名[編集]

  • 赤地
  • 勝野
  • 御徳
  • 新山崎
  • 南良津
  • 新多

歴史[編集]

2020年5月7日に移転する以前の旧小竹町役場
  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い勝野村、南良津村、新山崎村、新多村、赤地村、御徳村が合併し、鞍手郡勝野村が成立[1]
  • 1928年昭和3年)1月1日 - 勝野村が町制施行し、小竹町となる[1]
  • 1958年(昭和33年)8月1日 - 一部地域が直方市に編入される。
  • 1963年(昭和38年) - エネルギー革命の影響で小竹炭坑が閉山。
  • 1969年(昭和44年) - 古河目尾(しゃかのお)閉山。
  • 2004年(平成16年)3月 - 小竹団地(工業団地)分譲開始[2]

歴代町長[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
初-2代 春孝一 1947年5月1日 1955年4月30日 公選
3-4代 国廣静 1955年5月1日 1963年4月30日
5-9代 久保信 1963年5月1日 1983年4月30日
10-11代 田中一義 1983年5月1日 1991年4月30日
12代 野田剛敏 1991年5月1日 1992年5月8日 辞職
13代 原賀節夫 1992年6月28日 1994年12月15日 2度目の不信任決議可決で失職
14-17代 山本康太郎 1995年1月29日 2011年1月28日
18-20代 松尾勝徳 2011年1月29日 現職

※歴代町長[3]

行政[編集]

町長[編集]

  • 松尾勝徳(3期目)
  • 任期:2023年1月28日

町議会[編集]

  • 定数: 12人
  • 任期: 2022年12月14日

消防[編集]

警察[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography40401.svg
小竹町と全国の年齢別人口分布(2005年) 小竹町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 小竹町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

小竹町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


教育[編集]

中学校[編集]

  • 小竹町立小竹中学校

小学校[編集]

  • 小竹町立小竹西小学校
  • 小竹町立小竹北小学校
  • 小竹町立小竹南小学校

学校教育以外の施設[編集]

交通・通信[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

西鉄バス(西鉄バス筑豊)
1: 赤池工業団地(福智町) - 明治坑 - 小竹上町 - 飯塚バスターミナル
小竹上町は町の南端部に位置する。町の南端部をかすめて町の東隣の飯塚市(旧頴田町域)および福智町と飯塚市中心部を結ぶ。
かつては小竹町内各地に西鉄バスの路線があったが廃止が進み、町の西部の新多・毛勝地区と飯塚市を結ぶ路線が2019年 (令和元年) 9月30日限りで廃止されたことにより、現在ではこの路線がわずかに町内を通過するのみとなっている。
宮若市乗合バス宮田・小竹線
JR小竹駅 - トライアル小竹店 - 小竹町立病院 - 東菅牟田 - 光陵団地 - 筑前磯光 - 宮若市役所 - 旧JR宮田駅 - JR宮田バス停
小竹町と宮若市を結ぶジャンボタクシー路線。松川タクシー・MGタクシーによる運行。小竹町内のみの利用は不可。
巡回福祉バス「ひまわり1号」「ひまわり2号」
町中心部の福祉センター・町役場・小竹駅・トライアル小竹店を経由し町内各地を巡回する無料の福祉バス。誰でも乗車可能。土曜日は午前中のみ運行し、日祝日は運休する。

かつて新飯塚駅と町南部・南西部の毛勝・七福を結ぶJR九州バス直方線)の路線があったが、廃止されて現存しない。

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道

電話[編集]

市外局番は09496。

隣接する飯塚市頴田地区(飯塚市のうち旧嘉穂郡頴田町の地域)とともに、九州本土唯一の5桁市外局番の区域である。直方MAに属するが、他の直方MA(小竹町を除く直鞍地区)へは、市外局番(0949、市内局番は20〜59、70〜99)が必要である。なお、当然ながら飯塚市頴田地区とは市外局番無しで相互通話が可能である。

なお、小竹町内は2022年3月に市外局番が0949に変更される予定[4]。市外局番の末尾の6が市内局番の頭に移動する形をとる。これに伴い他の直方MAへ市外局番なしで通話が可能になる。飯塚市頴田地区内はこれ以前の2021年に市外局番を飯塚市内の他地域と同じ0948に変更するため、九州本土から5桁市外局番が消滅する。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 南良津神社
  • 草場城址
  • 殿墓
  • 南良津獅子舞(7月)
  • 合屋古墳

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]