宇喜多直家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
宇喜多 直家
Ukita Naoie.jpg
宇喜多直家の木像[注釈 1]
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 享禄2年(1529年
死没 天正9年2月14日1581年3月18日
別名 八郎、三郎右衛門尉、和泉守(通称)
謀聖(渾名)
戒名 涼雲星友
墓所 平福院(廃寺)、光珍寺
主君 浦上宗景毛利輝元織田信長
氏族 宇喜多氏
父母 父:宇喜多興家、母:阿部善定の娘
兄弟 直家春家忠家[注釈 2]、妹(伊賀久隆室)、
妹(牧国信室)
正室:中山信正の娘
継室:円融院鷹取氏三浦氏とも))
秀家江原親次室、浦上宗辰室、松田元賢室、吉川広家室(容光院)、後藤勝基室、斎村政広室、明石全登室、豊臣秀吉養女
猶子基家[1]
テンプレートを表示

宇喜多 直家(うきた なおいえ)は、戦国時代武将備前国戦国大名。通称は三郎右衛門尉、のち和泉守。官位従五位下宇喜多興家の子。子に秀家など。室は中山信正の娘、後に鷹取氏あるいは三浦氏の娘とされる円融院

生涯[編集]

浦上家臣時代[編集]

享禄2年(1529年)、宇喜多興家の子として生まれた[2]。一説に 備前国邑久郡豊原荘(現・岡山県瀬戸内市邑久町豊原)にあった砥石城で生まれたとされるが、史料の裏付けはない。

浦上村宗敗死による混乱の中で、享禄4年(1531年[1](または天文3年(1534年))、祖父・能家が暗殺され、宇喜多氏の家督は大和守家に移り、直家は父・興家と共に放浪の人生を送ったというが、興家も島村氏との諍いで横死して没落していた。村宗の跡を継いだ浦上政宗と備前を任されたその弟宗景は山陽に侵略を繰り返す尼子氏への対応を巡って分離し国衆も二派に分かれて対立したが、直家は天神山城主・宗景に仕え、政宗派への攻撃を繰り返して頭角を現す。

軍記物では、直家は策謀に長けており、「祖父の復讐を果たすため」に島村盛実を暗殺したのを初め、舅である中山信正龍ノ口城主・穝所元常を殺害したというが、多くは事実と離れた説話である。いずれにせよ、直家は浦上宗景の直接の家臣というより傘下の国衆として勢力を拡大、その従属的同盟者となって政宗派を制圧し、大和守家も打倒して宇喜多氏の家督を奪回した[3]

下克上[編集]

永禄9年(1566年)2月、直家は美作国へ進出した備中国三村家親を、顔見知りの阿波細川氏の浪人・遠藤兄弟(俊通秀清)を起用して鉄炮で暗殺した。

永禄10年(1567年)7月、直家は明善寺合戦により、それまで備前西部に進出していた備中勢の駆逐にほぼ成功する。その後も、姻戚関係にあった金川城主の松田元輝元賢親子、さらに岡山城主・金光宗高などを没落させ、その所領を自己の知行とするなど勢力を拡大し、浦上家で随一の実力者となった[4]

永禄12年(1569年)、直家は織田信長や西播磨の赤松政秀と結び、主君・浦上宗景を倒すべく反旗を翻す。しかしながら、赤松政秀が青山・土器山の戦い黒田職隆孝高親子に敗北し、信長から派遣された池田勝正別所安治なども織田軍の越前国侵攻の為に戻されると、逆に宗景は弱った赤松政秀の龍野城を攻め、降伏させてしまう。これによって一切の味方が居なくなった直家は完全に孤立した為、独力での抗戦は不可能と判断し、宗景への降伏を余儀なくされた。この時は特別に助命され帰参を許されている。

天正2年(1574年)、直家は再び宗景からの独立を狙うにあたって、まず小寺氏預かりとなっていた宗景の兄・浦上政宗の孫・久松丸の存在に目をつけ、小寺政職に久松丸の備前入りを打診し[5]、許可を得るとこれを擁立し宗景に対して反旗を翻す。今回は久松丸の擁立と直家の事前の諜略により、美作や備前国内での宗景配下の諸氏の離反が相次ぎ、更に宗景と犬猿の仲であった安芸国毛利氏と結び、軍事面での不利を覆す。

天正3年(1575年)、毛利氏による三村氏攻撃にも加勢するなど、協同体勢を取った。

同年9月、宗景の腹心であった明石行雄ら重臣たちも内応させて、宗景を播磨国へ退け、備前国のみならず備中国の一部・美作国の一部にまで支配域を拡大した(天神山城の戦い)。

しかしながら、宗景追放後も依然として備前国内には旧浦上家臣の勢力が残っており、また宗景や一門の浦上秀宗なども播磨国からこれらと密かに連絡を取り合い[6]、度々備前に潜伏する旧浦上家臣の煽動した小規模な蜂起に悩まされる事となる。この状況は天正6年(1578年)12月の浦上残党が一斉蜂起し、幸島を占拠するという事件まで続く事となる。浦上宗景・秀宗らが首謀者となったこの武装蜂起は一時期、天神山城を奪うなど勢いを見せ、鎮圧には数ヶ月を要した。しかし、これを期に備前国や播磨国に潜んでいた旧浦上の勢力を領内から放逐。更に宗景を援助していた美作鷲山城主の星賀光重を討ち、宗景の領主復帰の野望を打ち砕きついに宇喜多家の領内での安定した支配権が確立される事になった。

やがて、織田信長の命を受けた羽柴秀吉中国路方面に進出してくると、これに対抗し、天正7年(1579年)5月には信長に内応したとして東美作の後藤勝基などを滅ぼしたものの、6月前後に直家自身も毛利氏と手を切って信長に臣従する。以降美作・備前各地を転戦して毛利氏と合戦を繰り返した。

天正9年(1581年)2月14日、直家は毛利氏との戦いのさなか、岡山城で病死した[7]。死因は「尻はす」という出血を伴う悪性の腫瘍であったという[4]。 その死はしばらく隠されていたため[8]、天正10年(1582年1月9日が公式な忌日とされている。戒名は涼雲星友。

人物[編集]

  • 古くは近世初頭の著述家・小瀬甫庵が自身の著作『太閤記』で、斎藤道三松永久秀に並ぶ悪人としており、また出雲国尼子経久安芸国毛利元就と共に中国地方の三大謀将と言われる。歴史書の「和気絹」でも記されているとおり、金光宗高をはじめ松田元賢後藤勝基など手に余る者には、自分の娘や姉妹、或いは親類の娘を養女として、縁組を成立させて親類の体を表し、時節を見はからった上で毒殺したり、闇討ちして寝首をかく(暗殺謀殺)行いが多いと伝えられる。また、それらの所業から、身内にさえ恐れられていたといわれる。
  • 信仰心にも厚く、金川城主の松田氏が領内の主要な寺社に対して自身の信奉する日蓮宗への改宗を迫った時、これに応じなかったために焼き討ちに遭ったが、堂塔社殿を焼失した金山寺吉備津彦神社の再建を援助している。そのため、これらの寺社は直家を崇敬している。
  • 石山城を居城としてからは、城下に商人を呼び寄せ城下町の整備に取り組んだ。それまで備前国の商業の中心地は西大寺備前福岡など東部に集中していたが、直家と秀家の二代に渡る城下町の整備により、岡山城を中心とする市街地が発展した。

家臣[編集]

長船、岡、戸川の三人は「宇喜多三老」と称される。

宇喜多直家を題材とした作品[編集]

書籍

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 光珍寺が所蔵していたが戦災で焼失。
  2. ^ 忠家と春家は同一人物であるとする説もある。宇喜多忠家#弟春家との同一人物説宇喜多春家#同一人物説を参照。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 湯浅常山の著書『常山紀談
  2. ^ 「浦上宇喜多両家記」
  3. ^ 渡邊大門 『戦国期浦上氏・宇喜多氏と地域権力』 岩田書院 2011年 pp.7-15
  4. ^ a b 「備前軍記」
  5. ^ 小寺家文書
  6. ^ 坪井文書など
  7. ^ 「宇喜多直家」『朝日日本歴史人物事典』
  8. ^ 蜂須賀文書写、「両家記」

参考文献[編集]

  • 柴田一 『新釈 備前軍記』山陽新聞社 1986年
  • 立石定夫 『戦国宇喜多一族』 新人物往来社 1988年
  • 岡山地方史研究会 『岡山地方史研究』100号、2003年
  • 渡邊大門 『宇喜多直家・秀家』 ミネルヴァ書房 2011年
  • 渡邊大門 『戦国期浦上氏・宇喜多氏と地域権力』 岩田書院 2011年
  • 大西泰正 『論集 戦国大名と国衆11 備前宇喜多氏』岩田書院 2012年12月

外部リンク[編集]