上原理生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
うえはら りお
上原 理生
本名 上原 理生(うえはら りお)
生年月日 (1986-10-29) 1986年10月29日(31歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県
身長 183cm
血液型 O型
職業 俳優・歌手
ジャンル 舞台・ミュージカル
活動期間 2011年 -
主な作品
レ・ミゼラブル
ロミオ&ジュリエット
ミス・サイゴン

上原 理生(うえはら りお、1986年10月29日 - )は、埼玉県出身のミュージカル俳優、声楽家。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。所属事務所はオーチャード。身長183cm。血液型O型。

来歴[編集]

  • 2009年3月 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時、東京藝術大学同声会賞・アカンサス賞受賞。
  • 2011年公演の「レ・ミゼラブル」でアンジョルラス役をオーディションで射止めデビュー。

エピソード[編集]

  • 小さい頃から歌が好きで夢はロック歌手だった。高校入学後バンドを組もうとしていたが、音楽の先生に勧められ高校2年生より声楽を習い始める[1][2]
  • 東京藝術大学在学中より、「ドン・ジョヴァンニ」、「ジャンニ・スキッキ」、「こうもり」等、オペラオペレッタで舞台を踏む。ソプラノ歌手鮫島有美子のバックコーラスとしても活躍[3]
  • 映画「容疑者Xの献身」オリジナル・サウンドトラックにコーラスとして参加している。
  • 大学3年の時には、学生サークルによる自主企画の「レ・ミゼラブル」で、アンジョルラス、およびジャベールを演じた。演じるにあたり、「レ・ミゼラブル」2007年公演を観劇。エピローグ”世に苦しみの…”が胸に響く[3][4][5]
  • 大学では、舞台演出家小池修一郎の授業を受けており、素質を認められていた[6][7]
  • 「レ・ミゼラブル」オーディション一次審査では、2曲歌うことになっており、「一日の終わりに」を最初に歌った。その後アンジョルラスの歌があるからと軽めに歌い、席に戻って2曲目のイメージをふくらませていた所、“はい、お疲れ様でした”となり、“あ、落ちた”と真っ青になったが、実際は合格した[8]
  • 「レ・ミゼラブル」では、その歌唱力を各メディアで高く評される[9][10]

人物・嗜好[編集]

  • 声種バリトン
  • シューズサイズは、28cm。
  • 好きな女性のタイプは、古風で風情や情緒がわかる人。恋愛には熱くなるほう[11]

出演[編集]

舞台[編集]

コンサート[編集]

  • 「東日本復興応援チャリティーイベント ワンダーランドへようこそ!!」(THEATRE1010) - (2011年12月16日,18日)
  • 「クリスマスディナーショー 2011」(宝塚ホテル) - 和音美桜原田優一との共演 (2011年12月24日)
  • 「鮫島有美子 “愛の讃歌”〜岩谷時子の世界〜」(札幌コンサートホールKitara東京オペラシティコンサートホール) - (2012年12月18日,20日)
  • 「ミュージカル『ア・ソング・フォー・ユー』クリスマススペシャルコンサート」(中野サンプラザ) - ゲスト出演 (2012年12月19日)
  • 「上原理生&酒井崇バリトン・リサイタル〜Silent Night〜」(東京オペラシティリサイタルホール) - (2013年12月19日)
  • 「クリエ・ミュージカル・コレクション」(シアタークリエ) - (2014年1月)
  • 「RIO UEHARA FIRST MOVEMENT 〜上原 理生 リサイタル〜」 (白寿ホール) - (2014年5月16日)
  • 「上原理生 Official Fan Club発足記念ライヴ」(Music Restaurant "La Donna") - (2014年10月29日)
  • 「上原理生&酒井崇 バリトンリサイタル〜O HOLY NIGHT〜」(浜離宮朝日ホール) - (2014年11月11日)
  • 「上原理生 オフィシャルファンクラブイベント DerMond Fest」(Art Cafe Friends) - (2015年2月28日)
  • 「ORCHARD LIVE」(新宿ReNY) - (2015年8月3日)
  • 「上原理生ファーストコンサート」 (東京文化会館) - (2015年10月14日)
  • 「Adam's First Live」(よみうり大手町ホール)-(2017年2月10日・11日) (関内ホール) (2月17日)

CD[編集]

  • 「ロミオ&ジュリエット」 日本オリジナルバージョン ハイライト・ライブ録音盤CD (山崎Ver.) - 2012年3月15日発売
  • 「Die Welt」上原理生ファーストCDアルバム - 2015年10月14日発売
  • 「1789〜バスティーユの恋人たち〜」日本オリジナルバージョン ハイライト・ライブ録音盤CD (自由ver.) (平等ver.)

テレビ[編集]

  • 「久保みねヒャダ 明けましてこじらせナイト 寿スペシャル<祝!2014年フジテレビで初笑>」(フジテレビ) ゲスト出演 - 2014年1月1日
  • 「久保みねヒャダ 明けまして寿スペシャル2015」(フジテレビ) ゲスト出演 - 2015年1月1日
  • うたコン」(NHK) 生放送出演 - 2016年9月13日
  • うたコン」 (NHK)生放送出演 ‐2017年4月18日

ラジオ[編集]

  • 「日刊!さいたま〜ず」(NHKさいたま放送局) ゲスト出演 - 2013年11月28日

書籍[編集]

  • 月刊誌「シアターガイド」(2011年2月号-2011年7月号) - 「私の今月」連載
  • 「気鋭のミュージカル俳優たち: Actor's Mind 上原理生 海宝直人 小西遼生 成河 中川晃教 平方元基 古川雄大」 徳間書店 - 2016年8月26日発売

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「帝劇ワンダーランド」2011年1月31日ぴあ株式会社発行より
  2. ^ 隔月誌「ミュージカル」2011年3・4月号株式会社ミュージカル出版社発行より
  3. ^ a b 東宝「レ・ミゼラブル」2011公式パンフレットより
  4. ^ 隔月誌「acteur」2011年5月号株式会社キネマ旬報社発行より
  5. ^ 月刊誌「BEST STAGE」2011年6月号株式会社音楽と人発行より
  6. ^ 隔月誌「ミュージカル」2011年9・10月号株式会社ミュージカル出版社発行より
  7. ^ 「ロミオ&ジュリエット」2011公式パンフレットより
  8. ^ 東宝「レ・ミゼラブル」2011公式ブログ 2011年5月4日付「アンジョルラス&グランテール トークショー」より 2011年9月17日閲覧。(2012年2月22日閲覧不可)
  9. ^ 「東京新聞」2011年5月19日(木)付15面より
  10. ^ 隔月誌「ミュージカル」2011年5・6月号70頁株式会社ミュージカル出版社発行より
  11. ^ 「アプローズ Vol.01」2011年8月25日株式会社メディアボーイ発行より

外部リンク[編集]