モニカ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モニカ
吉川晃司シングル
初出アルバム『パラシュートが落ちた夏
B面 「真夜中のストレンジャー」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ロック
アイドル歌謡曲
時間
レーベル SMSレコード
作詞・作曲 作詞:三浦徳子
作曲:NOBODY
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン[1]
  • 1984年度年間22位(オリコン)[1]
  • 1984年度年間13位(ザ・ベストテン
  • 吉川晃司 シングル 年表
    モニカ
    1984年
    サヨナラは八月のララバイ
    (1984年)
    パラシュートが落ちた夏 収録曲
    A面
    1. 「フライデー ナイト レビュー」
    2. モニカ
    3. 「I'M IN BLUE」
    4. 「彼女はアイスウォーター」
    5. 「Be my J-Girl」
    B面
    1. 「パラシュートが落ちた夏」
    2. 「ハートショット」
    3. 「ペパーミントKIDS」
    4. 「ピンナップにシャウト!!」
    5. 「a day・good night」
    テンプレートを表示

    モニカ」は、吉川晃司のデビュー・シングルである。

    背景[編集]

    吉川晃司のデビュー曲であり、自身の代表曲のひとつである。1984年度オリコン年間22位。売上枚数は33.9万枚[1]

    リリース[編集]

    1984年2月にSMSレコードより7インチレコードでリリースされた。

    カップリングの「真夜中のストレンジャー」は主演映画『すかんぴんウォーク』の挿入歌として使用され、2008年12月に行なわれたライブ「25 Years Eve」に向けて公式ファンクラブ内の携帯サイトで行われた「ライブで演奏して欲しい曲 リクエスト大作戦」にて第7位(「モニカ」は、第3位)となるなど高い人気があるが、入手が難しい状態が続いた。

    この曲のオリジナルバージョンは、アナログディスクのシングル盤以外ではソロ活動休止前の1988年12月にCDで再発売された8センチCDシングル盤、及び2004年に日本武道館で行なわれたデビュー20周年記念ライブにて、来場者に無料配布された8cmCDの復刻版(グリコの「タイムスリップグリコ 青春のメロディチョコレート 第2弾」で発売された「モニカ」との連動企画)のみでしか聞くことが出来なかった。

    その後、ベストアルバム『KEEP ON KICKIN’!!!!!』(2011年)に収録されたことで容易に入手可能になったが、同アルバムでは「ボーナス・トラック」扱いであり、他の楽曲と比べて音質は劣っている。尚、後に発売されたアルバム『B-SIDE+』に収録された際はリマスタリングがされ、音質がかなり向上して収録された。

    プロモーション[編集]

    この曲で当時の歌番組に多数出演し、曲中にバック転や足を垂直に上げる動作などのパフォーマンスを行っていた。音楽番組『ザ・ベストテン』(1978年 - 1989年TBS系列)でこの曲が初めてランクインし、母校の修道高等学校のプールサイドで歌った際は、楽曲終了後にバック転でプールに飛び込んだ。吉川はこれに関して「水の中に入ろうってのは俺が考えたことじゃない。スタッフが(中継前に)『吉川さん、今日はプールがありますけど、どうします?』って、要は『飛び込め』ってことでしょ?」とテレビ出演の際に語っていた。

    ライブ・パフォーマンス[編集]

    ライブではよく歌われる曲で、サビの部分の「モーニカ」と歌った後にファンが「モーニカ」と掛け合いするのが定着している。

    2004年にはデビュー20周年企画の一環として、音楽番組『ザ・ベストテン2004』(2004年、TBS系列)で、吉川(ボーカル)、松井常松ベース)、高橋まことドラムス)のラインナップで演奏された。

    メディアでの使用[編集]

    吉川自身の初主演映画である『すかんぴんウォーク』(1984年)の主題歌に起用された。

    主演映画の役柄「民川裕司」としては、劇中で「THANKS」という曲名で歌っている。

    お笑い芸人である陣内智則のネタ「カーナビ」では、この曲のサビの「サンクス」の部分をコンビニの「サンクス」という意味で使用した。その他、南原清隆山口智充など多数の芸人からモノマネされた。

    カバー[編集]

    シングル収録曲[編集]

    全編曲: 大村雅朗
    #タイトル作詞作曲時間
    1.モニカ三浦徳子NOBODY
    2.真夜中のストレンジャー松尾由紀夫佐藤健

    リリース履歴[編集]

    No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
    1 1984年2月1日 SMSレコード 7インチ SM07-240 4位
    2 1988年12月16日 SMSレコード 8センチCD MD10-1 -
    3 2004年2月14日 SMSレコード 8センチCD AR-W204 - タイムスリップグリコ「青春のメロディー」連動企画盤
    20周年記念LIVE来場者のみ配布
    「真夜中のストレンジャー」1曲のみ収録・ライナーノート記載アリ
    4 2004年2月24日 SMSレコード 8センチCD AR-G204 - タイムスリップグリコ「青春のメロディー」第2弾付録
    「モニカ」1曲のみ収録・ライナーノート記載アリ

    ライブ版[編集]

    • モニカ
      • ライブ音源
      • ライブ映像
        • KIKKAWA KOJI '84 FLYING PARACHUTE TOUR(1984年)
        • '85 吉川晃司 LIVE for Rockfeeling Kids in BUDOKAN(1985年)
        • ZERO ~HI-VISION LIVE WORLD '88(1988年)
        • Lunatic LUNACY(1991年)
        • SHYNESS OVERDRIVE 1992(1993年)
        • LIVE GOLDEN YEARS EXPANDED 0015 GIGANTIC 2 DAYS LIVE Vol.2(1998年)
        • 25th ANNIVERSARY LIVE GOLDEN YEARS TOUR FINAL at 日本武道館(2010年)
      • テレビ出演
    • 真夜中のストレンジャー
      • ライブ音源
      • ライブ映像
        • LIVE GOLDEN YEARS Thanks0201 at BUDOKAN(2005年)

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]

    参考文献[編集]

    関連項目[編集]