シルヴィア (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シルヴィア
出生名 松田理恵子
生誕 1958年3月21日
出身地 日本の旗 日本
死没 (2010-11-28) 2010年11月28日(満52歳没)
ジャンル ムード歌謡
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1979年 - 2010年
共同作業者 ロス・インディオス

シルヴィア(本名:松田理恵子 (まつだ りえこ)、1958年3月21日 - 2010年11月28日)は、日本の歌手

1979年昭和54年)にリリースされたデュエット曲「別れても好きな人」の女性歌手として殊に有名。シルアとも表記される。

来歴[編集]

大阪府東大阪市の出身。血液型AB型。元実業団バレーボール選手。大阪佐川満男の店で歌っているところをスカウトされ、ロス・インディオスに初代女性ボーカリストとして参加。ロス・インディオス&シルヴィアとして、1979年にリリースされたデビュー曲「別れても好きな人」がミリオンセールスとなり、一躍スター歌手となる。その後も、ロス・インディオスと活動を共にしていたが、83年に菅原洋一と歌ったデュエット曲「アマン」がヒット。これを転機にひとり立ちしてソロ歌手としても活動を始める。

ソロ活動はイベントやディナーショーが中心で、自身のヒット曲を観客の1人とデュエットするコーナーのほか、彼女の音楽的ルーツであるブラジル音楽も取り入れ、ボサノバの「イパネマの娘」やナラ・レオンが日本のCMのために録音した「あの日からサウダージ」の日本語訳も歌う。 特に「あの日からサウダージ」の絶唱では涙する観客もいるほどだった。この録音が世に出なかったことが残念である。

その後、東京プリンエド山口とのコミカルなデュエット曲を発売した。

結婚し、子供にも恵まれて幸せな生活を送っていたが、2009年平成21年)に精密検査の結果、肺癌であることが判明。長い闘病生活後、2010年平成22年)11月28日に東京都港区の病院で、長男に看取られ逝去した。52歳没。

代表曲[編集]

  • 別れても好きな人(1979.9) オリコン最高4位,90.0万枚
  • それぞれの原宿(1980.12) オリコン最高43位,6.4万枚
  • うそよ今夜も(1981.7) オリコン最高95位,0.6万枚
  • 雨にしのんで(1982.3) 作曲は来生たかお
  • おもい手(1982.9) (以上、ロス・インディオス&シルヴィアとして)
  • アマン(菅原洋一とのデュエット)(1982.11) オリコン最高134位
  • 愛のキャラバン(1983.8) 作詞・作曲は谷村新司(ソロデビュー曲)
  • Let's Dream(1988.9) 日立建機イメージソング
  • 離婚適齢期(1992.5)
  • 二股の女(東京プリンとのデュエット)(1999.3) (えんか!!えいべっくす)
  • ムードコーラス命です。(エド山口とのデュエット)(2003.6) (日本コロムビア)
  • 能登空港(三輪一雄とのデュエット)(2006.6)「能登空港
  • 東京の男が好きなんか(2007.1) カップリングに「別れても好きな人」ハワイアンバージョンを収録(徳間ジャパン)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第31回(1980年12月31日、NHKホール) 『別れても好きな人』(ロス・インディオス&シルヴィアとして。)
  • 第32回(1981年12月31日、NHKホール) 『うそよ今夜も』(同上)
  • 第33回(1982年12月31日、NHKホール) 『コモエスタ赤坂』(同上)
  • 第34回(1983年12月31日、NHKホール) 『アマン』(菅原洋一のサポートであるため、正式な出場には含まない。)

以上出場したすべての映像が現存し、『思い出の紅白歌合戦』(NHK BS-2)内で再放送された。

CM[編集]

  • 「味の素のほんだし」
  • 「タカノユリビューティクリニック」
  • 「さつま小鶴」

ラジオ番組[編集]

テレビドラマ出演[編集]

エピソード[編集]

  • 2008年11月9日に放送された『田舎に泊まろう!』では、「バナナダイエットにあやかって、バナナの消費量の日本一の場所に行きたい」というテーマで、島根県松江市からのロケであった。お世話になるお宅で晩ご飯の後に突然食卓から姿を暗まし、何かと思えば何とステージ衣装に着替えての歌謡ショーとなった。
  • 趣味は沖磯釣りであった。