ナラ・レオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナラ・レオン
生誕 1942年1月19日
ブラジルの旗 ブラジルエスピリトサント州
死没 (1989-06-07) 1989年6月7日(満47歳没)
ジャンル ボサノヴァ, MPB
職業 シンガー
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1964年 - 1989年
レーベル フィリップス・レコード(1964年 - 1989年)
共同作業者 イザベルフランシスコ

ナラ・レオン(Nara Lofego Leão、1942年1月19日 - 1989年6月7日)は、本名をナラ・ロフェーゴ・レオンといい、ボサノヴァ界でも随一の名歌手で、フランス貴族の血を引く歌手兼女優。同じボサ・ノヴァ歌手のエリス・レジーナとは犬猿の仲だったという。 ナラには姉がおり、その姉ダヌーザはモデルとして活躍。

経歴[編集]

誕生〜デビュー前[編集]

1942年1月19日エスピリトサント州ヴィトーリアで、弁護士の父ジャイロ・レオンと教師の母チノッカの間に生まれる。ナラが生まれてすぐに一家はリオデジャネイロ市へ引っ越す。

1952年10月25日に後のボサノヴァ・ギタリストのホベルト・メネスカルと付き合うようになる。当時ナラは10歳。通学路で毎日のように見かけるナラをメネスカルが自分の15歳の誕生日に誘ったのがきっかけ。

1954年頃、ナラはギターを黒人のパトリシオ・テイシェイラに習い始め、父親にギターを習うのを反対されていたメネスカルもそこに同席するようになる。この年メネスカルと別れることになったときも、音楽のおかげで2人の友情は亀裂を生じることはなく、次第に音楽が2人の友達の輪を広げていった。この頃からナラの家には自然にギターを持ち寄った若者が集まる様になり、ボサノヴァが誕生したのもナラの家ではないかと推測する人も少なくない。

デビュー〜1960年代[編集]

1964年に、セルジオ・メンデスとファッションショー出演のため来日。 同年、エレンコに、デビュー・アルバム「ナラ」を発表。

また、この頃に軍部のクーデターによりブラジルの軍事独裁政権が始まる。

もともとナラは社会的関心が強く、クーデターが起こる前から軍部の強力化を懸念する知識人のグループに参加したりと、この頃からナラの心はボサノヴァから離れ、プロテストソングに傾倒していた。 さらに「私はボサノヴァの女神なんかじゃない」という発言でメディアの関心を誘った。

1966年シコ・ブアルキと共に「ア・バンダ」を歌い、第2回MPB音楽祭で優勝。

ブラジルは独裁政権下に置かれており、徹底的な税関により、少しでも政権を批判するような要素がある本、音楽などはすべて発禁になった。 しかし、堂々とナラは自由を求める歌を歌い続けたがために、父・ジャイロが何度も軍部に呼び出されるなどナラは軍部に目をつけられていた。 結局、1968年からナラはカエターノ・ヴェローゾジルベルト・ジル等と同様に一時期パリに亡命。

1970年代[編集]

1971年パリ(一部ブラジル)で彼女にとって生涯初となる本格的なボサノヴァ・アルバム「美しきボサノヴァのミューズ」を発表。

その後、ナラは育児や精神科医になるための勉強などにより表舞台から姿を消す。

1980年代[編集]

しかし、80年代に入ると育児も一段落し、ナラは精力的に活動した。歌謡曲スタイルに挑戦したり、パウリーニョ・ダ・ヴィオラサンバカエターノ・ヴェローゾバラードブラジル内陸部の音楽、キューバの作曲家の歌等を取り上げた。また、ヴィオラォン一本だけで“ボサノヴァだけを歌う”ショーを開き、ブラジル国内でボサノヴァを再び注目させるきっかけを作った。

1985年にはホベルト・メネスカルカメラータ・カリオカと共に2回目の来日。そして東京ボサノヴァのスタンダード曲集を制作した。アメリカン・スタンダードを歌ったアルバムはブラジル日本アメリカ合衆国ヨーロッパでもリリースされた。

同年の来日時、あるコンサートで何曲か歌った直後に一時意識を失った。その当時は「あまりにも感情を込めて歌ってしまい余韻から抜けられなかった」と言われていた。

再々来日の企画が持ち上がった1989年、持病の脳腫瘍が悪化、「ボサノヴァの女神」は6月7日、47歳で死去した。

ディスコグラフィー[編集]

1964 - Nara
1964 - Opinião de Nara
1965 - O Canto Livre de Nara
1965 - Cinco na Bossa
1965 - Show Opinião
1966 - Nara Pede Passagem
1966 - Manhã de Liberdade
1966 - Liberdade, Liberdade
1967 - Nara
1967 - Vento de Maio
1968 - Nara Leão
1969 - Coisas do Mundo
1971 - Dez Anos Depois
1974 - Meu Primeiro Amor
1977 - Meus Amigos São Um Barato
1978 - Debaixo Dos Caracóis Dos Seus Cabelos
1979 - Nara Canta en Castellano
1980 - Com Açúcar, Com Afeto
1981 - Romance Popular
1982 - Nasci Para Bailar
1983 - Meu Samba Encabulado
1984 - Abraços E Beijinhos e Carinhos Sem Ter Fim… Nara
1985 - Nara e Menescal - Um Cantinho, Um Violão
1986 - Garota de Ipanema
1987 - Meus Sonhos Dourados
1989 - My Foolish Heart

外部リンク[編集]

ナラ・レオンのエピソードは[1]