エスピリトサント州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エスピリトサント州
Estado do Espírito Santo
州旗州章
(旗)(紋章)
位置
都市
行政府所在地ヴィトーリア
最大都市ヴィラ・ヴェリャ
面積46,077.519 km2
自治体数78
人口351万4952人(2010年)[1]
人口密度76.25人/平方キロメートル(2010年)[1]
GDP
 - 1人当たり
1073億29百万レアル(2012年)
2万9996レアル(2012年)
ISO 3166-2:BRBR-ES
標準時UTC-3
ウェブサイトwww.es.gov.br

エスピリトサント州Estado do Espírito Santo)は、ブラジルの東南に位置する

1535年ポルトガル人がこの地域に到達した。人口は397万3697人(2016年推計)[1]。総面積は4万6184平方キロメートル。東で大西洋、南でリオデジャネイロ州、西でミナスジェライス州、北でバイーア州と接する。州庁所在地は、ヴィトーリアVitória)。州の略称は「ES」である。

歴史[編集]

ポルトガルの来航以前、エスピリト・サント州の地域にはインディジェナが住んでいた。一般的にそれらのインディジェナの種族らは半遊牧民だった。16世紀にポルトガルが植民地化して以降は、アフリカから連れてこられた奴隷の末裔やヨーロッパのさまざまの国からの移民がこれに加わった。

植民地時代[編集]

ポルトガルによる発見後まもなく、エスピリト・サントの地域はバスコ・コウティニョに下賜された。当時、エスピリト・サントの地域は州よりカピタニアとして知られていた。1535年5月23日に、バスコ・コウティニョは60人の兵士や奴隷ら部下を引き連れ、エスピリト・サントのカピタニアに着いた。このときのカピタニアの州都はヴィラ・ヴェリャだったが、インディジェナに頻繁に攻撃されたため、1551年9月8日にヴィラ・ヴェリャに近い島に新たな州都ヴィトーリアを設立した。

1556年以降は宣教師らが足を踏み入れ、それとともにセーラノヴァ・アルメイダ、サンタ・クルス(アラクルス)などの都市が設立された。

1942年にはヴィトーリア・ミナス鉄道ポルトガル語版が完成して内陸のミナスジェライス州にあるイタビラ鉱山の鉄鉱石がヴィトーリアに運び込まれるようになり、1966年にはトゥバラン港ポルトガル語版が開港してリオドセ(現ヴァーレ)社の輸出港として発展した。

州内の主な都市[編集]

教育[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Estados@ ブラジル地理統計院 (英語) 2017年1月19日閲覧。