伊藤敏博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 敏博(いとう としひろ、1956年8月26日 - )は、日本シンガーソングライター新潟県直江津市(現・上越市)生まれ、西頸城郡青海町(現・糸魚川市)育ち。新潟県立糸魚川高等学校卒業。血液型はAB型。

来歴[編集]

高校卒業後、日本国有鉄道金沢鉄道管理局(現・JR西日本金沢支社)に就職し、北陸本線(現・えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン親不知駅運輸係、富山車掌区列車係を経て同車掌区車掌として勤務。車掌区在職中に製作した「サヨナラ模様」が1981年ヤマハポピュラーソングコンテストでグランプリを獲得し、70万枚を売り上げる大ヒットとなった。現在までの売り上げ枚数は200万枚に達する[1]

デビュー後もシンガー・ソングライターとして活動する傍ら、引き続き富山車掌区の車掌として城端線氷見線富山港線高山本線神岡線、北陸本線の列車に乗務したことで「車掌さん歌手」「シンガーソング車掌」として話題を呼んだ[2]。歌番組には電車の中や駅から出演したことから、伊藤目当ての多くの乗客を集めた。また、「青春18のびのびきっぷ」(現・青春18きっぷ)のキャンペーンソングを歌うなど、国鉄のPRにも貢献したが、国鉄の副業規定禁止の規則に則り、テレビ出演など全てノーギャラであった (但し、印税収入はOKだった)[3]

各種テレビ番組(主に歌番組)への出演時には駅構内などからの中継が頻繁に行われた。金沢鉄道管理局が企画したイベント「伊藤敏博と歌の旅」で、車内でライブを行ったこともあった[2]

国鉄分割民営化に伴う職場環境の変化で、1985年から休職して全国でコンサート活動に取り組む[4]。国鉄最後の日となった1987年3月31日付で国鉄を退職した[4]

退職後は新潟県青海町で家業の漁業を手伝いながら音楽活動を続け、のち富山県射水市に居を構えて活動に専念。現在も北陸地方を拠点に活動を続けている。

代表曲[編集]

  • サヨナラ模様(1981年・自身最大のヒット曲)
  • 青春18(1982年)
  • 景子(1983年)
  • 旅の途中で(1985年)
  • 風色ろまんす(1986年)
  • 長距離コール(1987年)
  • こちら夢通り(1992年) ※桂南光のこちら夢通りテーマ曲
  • ワライ(1996年) ※高原兄との共同作品
  • よわむし(1998年)
  • 再生(1999年)
  • ふたりの富山(2003年) ※北日本放送アナウンサー中島真紀子とのデュエット曲

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 親不知情景/木流し川(1980年9月5日)
  • サヨナラ模様(1981年8月25日)
  • 青春18(1982年2月25日)
  • 秋終記(1982年8月)
  • りふれいん(1983年3月)
  • 景子(1983年10月)
  • 時間のクロスワード(1985年1月)
  • ドラマ<女・男・女>(1985年7月)
  • 旅の途中で(1985年11月)
  • 風色ろまんす・・・1作目のテレビ朝日系旅番組『誘われて二人旅』テーマ曲/旅の途中で・・・2作目のテレビ朝日系旅番組『誘われて二人旅』テーマ曲(1986年11月21日)
  • 長距離コール(1987年9月21日)
  • 愛・リフレイン・・・4作目のテレビ朝日系旅番組『誘われて二人旅』テーマ曲(1988年4月1日)
  • 君にもう一度(1988年11月)
  • 一枚の切符から・・・5作目のテレビ朝日系旅番組『誘われて二人旅』テーマ曲(1990年5月21日)
  • 旅のほとりで・・・6作目のテレビ朝日系旅番組『誘われて二人旅』テーマ曲(1991年7月21日)
  • こちら夢通り・・・大阪朝日放送テレビ『桂南光のこちら夢通り』テーマソング(1992年6月5日)
  • 風のアンビタシオン(招待状)・・・新潟テレビ21『稲川淳二&鳥越マリの豪華列車の旅』オープニングテーマ曲/祈りはるかに・・・同エンディングテーマ曲(1994年10月21日)
  • ワライ/愛というはじまり(1997年7月1日)
  • よわむし(1998年2月21日)
  • 再生・・・ワライコンサートキャラバン’99サブテーマソング/家庭・・・新潟テレビ21『小野沢裕子のいきいきワイド』オープニングテーマ曲/CW 再生(オリジナルカラオケ)・家庭(オリジナルカラオケ)(1999年5月21日)
  • ノスタルジック メロディー/CW 2.少年の俺へ、3.ノスタルジック メロディー(オリジナルカラオケ)(2001年2月21日)※8cmCDながら、12cmCDマキシシングル用のケースとジャケットで発売。
  • ふたりの富山・・・富山県初のデュエットソング(2003年4月26日)

アルバム[編集]

 タイトル  収録作品  発売日
サヨナラ模様 サヨナラ模様(アルバム・バージョン)
夜汽車
綾織り
メモリー
追憶
鬼火送り
貴方を
ただ恋はいつも黄昏れて
いつわり
追憶-エピローグ-
1981年12月5日
2001年10月(CD化)
2017年5月3日(Blu-spec CD2で再発)
伊藤敏博II…うさぎ翔ぶ 蒼のエール
秋終記
手鏡
夕焼けの中に
デジタル

風町ダンサー
青春18
留衣
うさぎ翔ぶ
星の宿
1982年10月5日
景子へ 夕方族
今夜だけ恋
景子
りふれいん
ウエディングトレイン
デート
夜に凍えて

蛍川
鼓動
1983年11月21日
背中の気分 じゃあな!
凝りもせずラブソング
Hotel Osaka
衣がえ
冬の花火
愛してるよ
シャナナ
Myパートナー
万葉恋詩
時間のクロスワード
1985年1月25日
Four Seasons 冬列車
秋夜価千金
Ah。。
恋便り哀便り
人生の6月
旅の途中で
彼女クル来る
春より先は行き止まり
雨のカーテンコール
冬ふたたび
1985年12月21日
伊藤敏博ベスト めぐり逢いロマンス
じゃあな!
デジタル

サヨナラ模様
りふれいん
星の宿
時間のクロスワード
人生の6月
綾織り
景子
旅の途中で
1986年12月16日
Green Forever Green Forever
駈け抜けた恋
今夜だけ憎めたら
アマン
ロマン
風色ろまんす
1987年6月
男の気持ち、分かりたいなら Love Bird
サスペンス
DA・DI・DU
Tの青春
Friend
気がつけば恋
長距離コール
Pravate Moon
男女二人恋物語
忘れじのフォトグラフ
1987年11月1日
風遊 風色ロマンスⅡ
TOKYOの空
遠雷
青春18
ウェディング・トレイン
汽笛を鳴らせ!
めぐり逢いロマンス
HO・RO・HO・RO
愛・リフレイン
星のステーション
1988年5月21日
伊藤敏博ベストVOLⅡ 留衣
秋終記
逢、愛、哀
秋夜価千金
シャナナ
夕方族
手鏡
恋便り愛便り
うさぎ翔ぶ
Ah。。
蛍川
鼓動
鬼火送り(アコースティックバージョン)
サヨナラ模様(アコースティックバージョン)
1989年3月21日
Look For Myself ホリデイ
LOVE LOVE LOVE
黄昏れ航く
White Town
待ち人たちのSTATION
夢中に、Girl
貴女へ
一千年浪漫
テレビの中の雨
青春CITY
3:00A.M.
1989年9月2日
誘われて二人旅 風色ろまんす
旅の途中で
めぐり逢いロマンス
愛・リフレイン
1989年10月21日
心にいちばん近い風 星と光の夜明け
ときめきエキスプレス
キャシー
眠れない街
月夜の船
夕映え
雨のクリスマス
景子
それでも時は過ぎ
黄昏の部屋
1990年9月21日
伊藤敏博ベストIII「春・夏・秋・冬」 Love Bird
Love Love Love
ドラマ女、男、女
愛リフレイン
男女二人恋物語
風色ろまんす
青春18
3:00AM
彼女クル来る
鬼火送り
一千年浪漫
ホリディ
星と光の夜明け
駈け抜けた恋
星のステーション
Private Moon
DA・DI・DU
テレビの中の雨
月夜の船
長距離コール
景子
サスペンス
アマン
ロマン
汽笛を鳴らせ
冬の花火
夜に凍えて
雨のクリスマス
愛してるよ
White Town
サヨナラ模様
1994年12月1日
Re:generation 再生
電子メール
ふる里便
黄昏れ航く
To You
ノスタルジック メロディー
ワープ
Can Realize・・・夢のぬくもり
少年の俺へ
MOLD 1-氷見にて
家庭
海の記憶「2000年、夏」
2001年2月21日
伊藤敏博ベスト 2003年3月26日
定番ベスト サヨナラ模様
景子 (ニュー・アレンジ)
旅の途中で
風色ろまんす
長距離コール
男女二人恋物語
君にもう一度
風色ロマンスII
めぐり逢いロマンス
一千年浪漫
一枚の切符から
旅のほとりで
風のゆく道
こちら夢通り
青春18
鬼火送り
2004年9月1日
ポプコン・マイ・リコメンド 伊藤敏博 Green Forever
青春18
メモリー
蒼のエール
長距離コール
Hotel Osaka
秋終記
キャシー
テレビの中の雨
鬼火送り
景子
サヨナラ模様
愛してるよ
風色ろまんす
螢川
旅の途中で
めぐり逢いロマンス
鼓動
2006年12月21日

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • 伊藤敏博フォークルネッサンス(北日本放送)(2004年4月4日 - 2008年9月28日)
  • 伊藤・高原のラジオワンダーパーク(北日本放送)
  • 伊藤敏博 星のステーション(FMとやま
  • 伊藤敏博「…」(いとうとしひろてんてんてん、FM新潟、提供:新潟県

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤敏博 「サヨナラ模様」、OnGen、2007年10月24日
  2. ^ a b 「国鉄去る車掌さん歌手」『朝日新聞』東京本社版朝刊、1987年2月7日付。
  3. ^ 【1981年11月】サヨナラ模様/国鉄マン・伊藤敏博 どんなに売れてもノーギャラだった スポニチ、2011年11月1日
  4. ^ a b 「人・伊藤敏博 (1) 国鉄車掌から一人旅立ち」『読売新聞』東京本社版夕刊、1987年5月14日付。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]