無錫旅情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
無錫旅情
尾形大作シングル
B面 清名橋から
リリース
ジャンル 演歌
レーベル バップ
作詞・作曲 中山大三郎
ゴールドディスク
第29回日本レコード大賞金賞
チャート最高順位
  • 週間9位(オリコン
  • 登場回数83回(オリコン)
  • 1987年度年間8位(オリコン)
  • 1988年度年間50位(オリコン)
  • 1988年度年間1位(JASRAC、カラオケ歌唱回数)
尾形大作 シングル 年表
俺の道
(1986年)
無錫旅情
(1986年)
筑後川
1987年
テンプレートを表示

無錫旅情』(むしゃくりょじょう)は、1986年9月にリリースされた歌手尾形大作シングルである。

概要[編集]

無錫旅情の石碑,無錫

作詞・作曲は中山大三郎による。発売当時130万枚以上[1]売れるなど大ヒットソングとなった。尾形の代表曲である。歌詞には中国江蘇省無錫市の情景が歌われている。

この曲で尾形は、1987年の第29回日本レコード大賞金賞を受賞した。また、この曲で1987年の第38回NHK紅白歌合戦に初出場した。

オリコンシングルチャートでは、1986年9月29日付で95位と100位以内に初登場し、1988年1月18日付で100位以内初登場から69週目にして10位にランクインした[2]

1988年度(1988年4月1日〜1989年3月31日)の日本音楽著作権協会(JASRAC)の著作権使用料分配額から推定したカラオケ歌唱回数では、本曲が推定4350万回で年間1位となった[3][4]。これは全国のカラオケ店舗数30万店、平均年間営業日数を250日で計算したものである[4]

無錫市の太湖の湖畔にある鼈頭渚公園には、本作の中国語版の歌碑がたっている。

1988年3月に発生した上海列車事故により、日本ではこの曲の放送を自粛していた時期がある。

(歌詞の1番に、事故を起こした311列車のコースが歌われているため)

その後、作曲者である中山大三郎の直弟子だった半田浩二が、師の一周忌を追悼し、同じく尾形の持ち歌だった「大連の街から」とともに本曲をカバーし、2006年5月24日に両曲をカップリングしたシングルが発売された。

収録曲[編集]

  1. 無錫旅情
  2. 清名橋から

脚注[編集]

  1. ^ 尾形大作【新栄プロダクション:所属歌手】(2013年8月22日閲覧)
  2. ^ オリコン・ウィークリー(編)『小池聡行のオリコンデータ私書箱』オリジナルコンフィデンス、1991年、66頁。ISBN 4871310272
  3. ^ 「JASRAC賞、『命くれない』昨年に続き金賞」『朝日新聞』1989年5月8日付夕刊、13頁。
  4. ^ a b 「あなたは何回? 1位は無錫旅情」『日本経済新聞』1989年4月24日付夕刊、8頁。

関連項目[編集]