橋本裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋本 裕之(はしもと ひろゆき、1957年4月21日 - )は、中国放送 (RCC) アナウンサー

来歴・人物[編集]

京都市出身。高校生時代に声の大きさを買われて、放送部でアナウンスを務めた(無理矢理だったという話もあった)のが放送の世界へ進む第一歩だったという[1]

立命館大学法学部法律学科卒業後、1980年に中国放送に入社。主としてプロ野球や駅伝などのスポーツ中継を担当した。

一時異動によりアナウンス職を離れ、2014年4月時点では福山放送局長を務めていた[2]

2016年1月にアナウンス部に復帰。以降はシフト勤務のニュースをテレビ・ラジオとも時折担当することがある。RCCアナウンサーのホームページへのプロフィールへの再掲載が遅れ、1月復帰時点では掲載されていなかったが、6月に新人アナウンサーの伊東平と同時に掲載された。

連続30曲、カラオケで歌い続けたことがあるという[1]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

  • スポーツ中継実況
  • 家庭ジャーナル(1980年代初頭まで放送されていた午前中の主婦向け情報番組)
  • 旬感!ブランチ(2005年4月~2006年3月、2006年4月より「旬感!アミーゴ」に改題し、放送日時も変更)
  • 旬感!アミーゴ(2006年4月~2006年9月。2006年10月から司会は田中俊雄アナウンサーに交代)

ラジオ[編集]

  • スポーツ中継実況
  • ウイークエンドリクエストベスト20(1981年頃)
  • おはようラジオ(本名正憲アナウンサーが休暇の際等は現在も代理での出演がある。2017年は本名が眼の治療を兼ねた2週間の休暇のため、8月21 - 25日に担当)
  • なんでもジョッキー(1980年代)
  • ラジオコラム(中国新聞論説委員とのトーク番組)
  • スキです!土曜どんぶり(1990年代初頭に放送されていた土曜日朝の番組)
  • 広島市民とともに(広島市政番組)

脚注[編集]

  1. ^ a b 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年刊)による
  2. ^ 2014年3月のさんすて福山増床オープン時に、RCCから橋本の名義で花が飾られていた。

外部リンク[編集]