箕田和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

箕田 和男(みのだ かずお、1953年9月26日 - )は、元琉球放送(RBC)のアナウンサー、現在はフリー。東京都西東京市(旧田無市)出身。國學院大學卒業。出身高校の先輩には人気タレントザ・ドリフターズ志村けんがいる。愛称はみのかずで自身も本名よりこちらで挨拶するほうが多い。

経歴[編集]

1978年琉球放送に入社、「ナイトヤングメイツ」や「ラジオジャック」などのパーソナリティーを務めたほか、「ザ・ベストテン」や「ビッグモーニング」などのTBS系列全国ネット番組の沖縄担当リポーターを務め、沖縄県の顔となるアナウンサーだった。2013年に定年を迎え、キャリアスタッフとして主に日曜日から火曜日に勤務していた。2018年9月の誕生日を持って契約期間が満了、現在フリーアナウンサーとして活動している。

1960年代から80年代の洋楽一般に加え、ソウルミュージックやブラックミュージックには詳しく、自身のラジオ番組では「ゲラッパ・ミノカズ」を名乗っている(本人曰く「パパイヤ鈴木には負けません」とのこと)。またアナウンサーながら1981年には「ピエロの恋」で歌手デビューを果たし、1992年に同曲の5代目バージョンまでいくつかの曲を唄っており、中には今ではキャスターの新人時代や民謡歌手前川守賢(げんちゃん)とのデュエットもある。しかしレコードCD化された曲は少なく、ほとんどが自身が出演しているRBCテレビやラジオの番組で流す程度である(大半がラジオ)。

ほかにも戦国武将を中心とした歴史にも詳しいほか、お酒にも詳しく同局主催のイベントでバーテンダーをすることもあるという。また、くだらないダジャレや下ネタを言ったり、ニュースの際には感想などのコメントを挟むことがある。さらにラジオジャックをやっていたころウルトラマンのテーマソングにのせて「仮面お代官ミノダー」のパロディードラマをやっていたことからウルトラマンになりきったり(動物にたとえると「虫」と言われたこともあるという)、怪傑黒頭巾のパロディーで「怪傑白頭巾」をしていたころは白頭巾姿の格好(相方の白丸ならぬ「クロマル」もいた)でテレビのリポーターをしていた。

若いころはやせていたが、1980年末期から小太り気味となった。入社20年後の1998年に結婚したが45歳と遅く、結婚前後に当時自身が担当していた夕方のワイド番組を休んでいる(代理のアナウンサーが結婚を伝えた)。東京都出身だが、入社と同時に沖縄県に移住しているため、完全にウチナーンチュになっている(妻は沖縄県出身)。

リクエストのときに、田和男と間違えて投稿する人がたまにいる。その時箕田は、たけかんむりの田ですと訂正する。また、和と間違えられることもあり、正確にフルネームを書いた人を褒めることがある。

2007年に他局系列だが朝日放送(ABC)「探偵!ナイトスクープ」に出演している(沖縄県では同局の社屋に併設している琉球朝日放送で放送したものの、当時は放送エリアの関係で地上波では沖縄本島と周辺離島でしか見られなかった)。

主な番組[編集]

現在[編集]

全てRBCiラジオで番組を担当

  • 団塊花盛り!→プライムエイジ・アワー「箕田和男のミュージックナイト」(火曜 21:00-23:00)
    • あの時君は若かった(団塊花盛り!→ミュージックナイト内 22:05頃、かつては単独の番組だった)
  • ホリデー・イン・ポップス21(日曜 14:00-16:00)
  • 村井敏朗 今、在るがまま(日曜 21:00-21:30)
  • 雄大の夢圓歌(日曜 23:00-23:30)

過去[編集]

全て琉球放送テレビ・ラジオの番組に出演、但し書きのないものはラジオ

  • 日曜ちゃんこ鍋(1980年代)
  • ナイトヤングメイツ(~1985年3月)
  • ラジオジャック(1985年4月~1992年9月)
  • ラジオ必殺かわら版(1980年代)
  • みのかずのあてられっ話(1980年代)
  • コムコムTVブレイク(1984年10月~1986年9月・テレビ)
  • ロッテリアサウンドステーション(1984年~1993年)
  • もっとはなさNIGHT(1990年代・テレビ)
  • みのさんゲンさんど~んとまかちょーけー(1990年代)
  • おきなわ愛ランド(1990年代・テレビ、「天下御免の中継」リポーター)
  • ミノカズのドカ~ンと一発!絶好調(1992年10月~1995年9月)
  • ワンカララジオ隊(1990年代)
  • 花のニッパチど真ん中(1995年4月~9月)
  • みのかずのウィークリーマガジン(1995年10月~1996年3月)
  • みのかずのお気楽極楽歌謡曲(1996年10月~1997年3月)
  • ラーの法則(1997年10月~1998年3月)
  • みのかずのとことんワイド400(1997年10月~2000年3月)
  • RBC歌謡ヒットチャート(1990年代)
  • NAHAマラソンラジオ実況(かつてはレース途中までランナーとして走り、その後リポーターだった。一度だけ完走経験あり) 
  • RBCザ・グッドモーニング(2000年4月~2002年3月)
  • 箕田和男のシャキッとi(木曜・金曜担当、6:30〜9:00、但し2006年9月~2008年9月の期間は担当していなかった)
  • 渡口初美の人生いろいろでぇ~びる (日曜 17:00~17:30)
  • 沖縄県泡盛の女王選出大会(毎年旧暦元日に放送・テレビ)
  • RBCニュースi(不定期)
  • RBCフラッシュニュース(テレビ、不定期)

うた[編集]

  • ピエロの恋(初代・1981年、2代目・1984年、3代目・1989年、4代目・1990年、5代目・1992年)
    • バージョンが違うだけで歌詞はすべて同じ。初代はテンポがゆっくりだが、あとは普通の速さ
    • 5代目バージョンは地元酒造会社のテレビCMでも使われたことあり(当然オンエアされるのはRBCのみ)
    • 初代はレコード化されたものの、3代目以降はCD化されていない(1990年に初代~3代目バージョンは他の曲も織り交ぜたベストカセットテープをリスナープレゼントとして差し上げている。その際手作りジャケットの文字の"Minokazu"が"Minokasu"になっていた)
  • いじけちゃった音頭(1982年、当時RBC新人アナだった土方浄・比嘉京子とのデュエット)
  • セプレンバーレイン(9月になるとよくかかる)
  • 秋行く街で
  • みのゲンサンバ(1991年、沖縄民謡歌手であるゲンちゃんこと前川守賢とのデュエット曲、2000年代半ばに大ヒットしたマツケンサンバとは当然無関係。前川守賢のベストアルバムに収録)
  • やじろべえ
  • 恋の女神が微笑んでいる
  • ルームライト
  • アゲイン
  • さるまた ほか

関連人物[編集]

外部リンク[編集]