柄沢晃弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
からさわ あきひろ
柄沢 晃弘
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
生年月日 (1961-09-03) 1961年9月3日(57歳)
血液型 O型
最終学歴 青山学院大学文学部
勤務局 WOWOWアナウンサー
職歴 TBSアナウンサー(1984年 - 1991年)
活動期間 1984年 -
ジャンル スポーツ実況
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演中 サッカー中継 など
出演経歴 野球中継 など

柄沢 晃弘(からさわ あきひろ、1961年9月3日[1][2] - )は、日本アナウンサー

来歴・人物[編集]

神奈川県出身[3][4]。血液型O型[4]青山学院大学文学部卒業[5][6]1984年4月、TBS[注釈 1] へアナウンサー第21期生として入社(同期は椎野茂[7][8]。就職活動時には他によみうりテレビの試験も受けていた[9]。入社後は、主にスポーツ中継を担当[10][11]1987年6月には、TBS初のヨットレース実況中継として「相模湾オープン・ヨット・レース」を担当した。1991年9月に退社[10][11]

その後は、アメリカに留学[12]。留学中に当時アナウンサーを探していたWOWOWから誘いを受け、1992年にWOWOWへ入社。以後、主にサッカー中継を中心にスポーツ実況を担当している。熱心なバルセロナファンであり、時にバルセロナに偏った実況になってしまうことがあるが、それもまた個性として認知されている。

1998年には中田英寿セリエAデビュー戦の実況を担当した[9]

2017年春の人事異動で編成局編成部シニアエグゼクティブアナウンサーへ昇格となった[13]

WOWOW勤務の傍ら、民放労連のアナウンス研修会で講師を務めることもある[14]。また、2009年には早稲田セミナー専任講師に就任し、アナウンサー講座を担当していた[15]

出演番組[編集]

TBS時代[編集]

WOWOW時代[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2001年9月まではラジオテレビ兼営局だったが、その後ラジオ・テレビともに子会社として分社化された(ラジオは2001年10月に「TBSラジオ&コミュニケーションズ」へ、テレビは2009年4月に「TBSテレビ」へそれぞれ移行)。東京放送はテレビの分社とともに持株会社東京放送ホールディングス(TBSHD)」となり、「TBS」の呼称もTBSテレビの略称として継承された。

出典[編集]

  1. ^ 「特集 保存版TV アナウンサーキャスター365人・大集合(下)スポーツ、ワイドショー、バラエティー編」『週刊読売 = The Yomiuri weekly』第44巻第43号、読売新聞社、1985年10月20日号、 130頁。“柄沢 晃弘(24)”と表記。
  2. ^ WOWOWアナウンサー紹介 柄沢晃弘|WOWOWオンライン”. 2014年8月19日閲覧。 “生月日:9月3日”と明記。
  3. ^ 「特集 保存版TV アナウンサーキャスター365人・大集合(下)スポーツ、ワイドショー、バラエティー編」『週刊読売 = The Yomiuri weekly』第44巻第43号、読売新聞社、1985年10月20日号、 130頁。“神奈川県出身”
  4. ^ a b WOWOWアナウンサー紹介 柄沢晃弘|WOWOWオンライン”. 2014年8月19日閲覧。
  5. ^ 「特集 保存版TV アナウンサーキャスター365人・大集合(下)スポーツ、ワイドショー、バラエティー編」『週刊読売 = The Yomiuri weekly』第44巻第43号、読売新聞社、1985年10月20日号、 130頁。“青山学院大文卒”と明記。
  6. ^ 出身大学は、WOWOW公式サイト内プロフィールにも明記。
  7. ^ 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「1984.4<21期生> 2人入社(男2) 柄沢晃弘 椎野茂」
  8. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)、28-29頁。「84.4 <21期生>2人入社 柄沢 晃弘 椎野 茂」
  9. ^ a b 新・読書日記 2013_046 道浦俊彦time”. 讀賣テレビ放送 (2013年3月10日). 2014年8月19日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「柄沢晃弘[1991.9退社]『スポーツ中継(野球、アイスホッケー、バレーボール)』 R「サンデースポーツ(1989)」 TV「おはようニュース&スポーツ(1986)」「加ト茶の史上最大の作戦(1986)」」
  11. ^ a b c d e f g h i 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)、28-29頁。「柄沢 晃弘…[91.9 退社] 『スポーツ中継(野球、アイスホッケー、バレーボール)』 R「サンデースポーツ(89)」 TV「おはようニュース&スポーツ(86)」「加ト茶の史上最大の作戦(86)」「ザ・ベストテン(89)」 ☆87.6 初のヨットレース実況中継(相模湾オープン・ヨットレース)」
  12. ^ 世界最高峰の試合を言葉で彩る 柄沢晃弘(WOWOWアナウンサー) SOCCER KING” (2014年4月12日). 2014年8月19日閲覧。
  13. ^ WOWOW人事異動”. 2017年3月29日閲覧。
  14. ^ 活動報告・1998年7月 民放労連”. 2014年8月19日閲覧。
  15. ^ アナウンサー講座 早稲田セミナー”. 2014年8月19日閲覧。
  16. ^ 「特集 保存版TV アナウンサーキャスター365人・大集合(下)スポーツ、ワイドショー、バラエティー編」『週刊読売 = The Yomiuri weekly』第44巻第43号、読売新聞社、1985年10月20日号、 130頁。“「おはようニュース&スポーツ」のスポーツ担当”という記述あり。

参考資料[編集]

  • 週刊読売』1985年10月20日号(読売新聞社発行)
  • 東京放送編 『TBS50年史』 東京放送、2002年1月。 国立国会図書館サーチの書誌情報
    • 資料編
    • 付録DVD-ROM『ハイブリッド検索編』
      • ラジオ番組データベース
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書。PDFファイル)
  • 各種外部リンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]