パープルタウン 〜You Oughta Know By Now〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パープルタウン〜You Oughta Know By Now〜
八神純子シングル
初出アルバム『JUNKO THE BEST
B面 漂流
リリース
ジャンル ニューミュージック
レーベル ディスコメイトレコード/
DSF-204
チャート最高順位
八神純子 シングル 年表
甘い生活
(1980年)
パープルタウン〜You Oughta Know By Now〜
1980年
Mr.ブルー 〜私の地球〜
(1980年)
テンプレートを表示

パープルタウン 〜You Oughta Know By Now〜』(パープルタウン ユー・オウタ・ノウ・バイ・ナウ)は、1980年7月21日に発売された八神純子の9枚目のシングルである。

解説[編集]

八神は1980年4月から54日間、アメリカロサンゼルス留学し一般人家庭にホームステイしたが、このアメリカ滞在の体験をもとにして制作し、ニューヨークの街並みをパワフルに歌い上げた楽曲である[1]。同年の日本航空JALPAK「I LOVE NEWYORK キャンペーン」のCMソングに起用され[1][2]オリコン最高位2位[3]、累計60万枚のセールスを記録する大ヒットとなった[2]

また、TBSテレビザ・ベストテン』では、1980年9月4日に第9位で初登場、その後10月9日10月16日と、2週連続で同番組唯一の第1位を獲得した。その後11月27日の第6位まで13週間連続でランクインした。

この曲は、前半はレイ・ケネディの「You Oughta Know By Now」(邦題:ロンリー・ガイ)のアレンジとメロディーラインの一部をベースに作曲され、後半サビの部分は八神のオリジナルという構成であった[1]。しかし当初は『パープルタウン』の題名で発売され、さらに初回プレス盤にはケネディの名がクレジットされていなかったため、発売直後に「盗作ではないか」と騒ぎになった[1]。これに対して発売元のディスコメイトレコードは、ケネディから楽曲使用の許可を取っていることと、原曲の権利関係が複雑な上にCM音源を急遽レコード化したことで手違いが生じたという事情を説明した[1]。再プレス盤からはタイトルに原題「You Oughta Know By Now」が併記され、ケネディら3人が追加でクレジットされたことで和解した[1]。こうして疑惑も晴れ、八神はこの曲で同年の『第31回NHK紅白歌合戦』に初出場を飾った[1][4]

また翌1981年には、鳥取県倉吉市ショッピングセンターパープルタウン」のテーマソングとして採用されている。

八神にとってこの際のアメリカ滞在は人生を変える大きな契機となり、1983年にはプロデューサーブルックス・アーサーを迎え、全曲英語アルバムI WANNA MAKE A HIT WIT-CHOO (恋のスマッシュヒット) 』をアメリカで制作・発表する。しかし自らの英語での表現に限界を感じたことから、さらに英語を学ぶべくアメリカ移住の夢を持つようになる。1986年にはイギリス人音楽プロデューサー、ジョン・スタンレー (John Stanley)と結婚してハワイで挙式し、同年秋に渡米してカリフォルニア州シミバレーのウッドランチに居を構えた[5]。結婚・出産後はロサンゼルスに活動の拠点を移し、1990年代には日本での音楽活動はコンサートのたびに来日する形をとっていた[1]。この曲は八神の人生の転機を象徴する記念碑的な歌となったのである。

収録曲[編集]

全作詞:三浦徳子

  1. パープルタウン〜You Oughta Know By Now〜(4分8秒)
    作曲:八神純子Ray Kennedy・Jack Conrad・David Foster、編曲:大村雅朗
  2. 漂流(3分52秒)
    作曲:八神純子、編曲:戸塚修

リリース日一覧[編集]

地域 リリース日 レーベル 規格 カタログ番号 備考
日本 1980年7月21日 ディスコメイトレコード シングル盤 DSF-204 STEREO
2007年8月1日 YAMAHA MUSIC PUBLISHING デジタル・ダウンロード 260763683 iTunes Store[6]
2012年10月1日 DSF-204 mora[7] AAC-LC 320kbps 歌詞

タイアップ[編集]

曲順 曲名 タイアップ 備考
A1 パープルタウン 〜You Oughta Know By Now〜 日本航空I♡NYキャンペーン イメージ・ソング
ショッピングセンター パープルタウン テーマソング

カバー[編集]

パープルタウン 〜You Oughta Know By Now〜

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h NY留学帰りの八神純子が巻き込まれたヒット曲の“盗作騒動” 日刊ゲンダイ、2012年9月26日、2021年5月23日閲覧。
  2. ^ a b 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』p.581、ヤマハミュージックメディア、2007年。ISBN 978-4-636-82548-0
  3. ^ Profile 八神純子 オフィシャルウェブサイト、2021年5月23日閲覧。
  4. ^ 第31回NHK紅白歌合戦”. NHK紅白歌合戦ヒストリー. NHK. 2021年9月9日閲覧。
  5. ^ 八神純子『探しものは心の中に―アメリカ子育て日記』pp.17-21、角川書店1997年ISBN 4-04883488-6
  6. ^ パープルタウン You Oughta Know By Now (Original Cover Art) - Single 八神純子”. Apple Inc.. 2015年12月31日18:00閲覧。
  7. ^ パープルタウン ~You Oughta Know By Now~ 八神純子”. Label Gate Co.,Ltd.. 2015年12月31日18:15閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]