レイ・ケネディ (ロックミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイ・ケネディ(Raymond Louis Kennedy、1946年11月26日 - 2014年2月16日)はアメリカフィラデルフィア出身のシンガーソングライター、プロデューサー。後に同名のカントリーシンガーがデビューしたため、レイモンド・ルイス・ケネディと表記されることもある。

プロフィール[編集]

幼年期からジャズを聴き始め、9才でサックスを独学で始めた。14才にはジェリー・マリガンと共演し、またケニー・ギャンブルのプロジェクトに参加し、レコーディングに参加した。

1963年にはジョン&レイというグループを組み、アトランティック・レコードと契約したが、結局発売されなかった。1968年にはグループ・セラピイのメンバーに加わった。1970年にはクリーム・レコードからアルバム「Raymond Louis Kennedy」でソロデビューしたが、不発に終わった。

1976年にはデイヴィッド・ゲフィンに誘われ、カーマイン・アピスバリー・ゴールドバーグリック・グレッチらとバンドKGBを結成。バンドの名称の由来はケネディ、ゴールドバーグ、グレッチの頭文字をとったものだった。しかし、メンバーチェンジが激しく、MCAレコードからアルバムが2枚リリースされるにとどまった。

1980年にはソロアルバム「Ray Kennedy」(日本題:ロンリー・ガイ)がリリース。デイヴィッド・フォスターTOTOのメンバーが参加し、シングル曲「You Oughta Know By Now」(邦題はアルバムと同じ「ロンリー・ガイ」)は日本ではカルピスの清涼飲料水「B&L」のCMソングに起用され、オリコンシングルチャートで最高61位を記録した。

1984年にはマイケル・シェンカー・グループの一員として西武球場で行われたロック・フェスティバル、「SUPER ROCK '84 IN JAPAN」に参加。

1988年にはローラ・ブラニガンパティ・キムが歌唱したソウルオリンピック開会式テーマ曲の「Take Me Away」を作曲。

1995年にはフリートウッド・マックのアルバム「Time」に参加している。

2014年2月16日にロス・アンジェルスの自宅にて逝去。67歳だった。[1] [2] [3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]