コンテンツにスキップ

夢一夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「夢一夜」
南こうせつシングル
初出アルバム『こんな静かな夜
B面 「君といっしょなら」
リリース
ジャンル フォークソング
レーベル パナムレコード日本クラウン
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1979年度年間30位(オリコン)
南こうせつ シングル 年表
夏の少女
(1977年)
夢一夜
(1978年)
れくいえむ
(1979年)
こんな静かな夜 収録曲
少年と海
(5)
夢一夜
(6)
つぶやき
(7)
テンプレートを表示

夢一夜」(ゆめひとよ)は、南こうせつが1978年10月にリリースした4枚目のシングルである。

解説[編集]

かぐや姫解散から3年経ち、南こうせつがシングルヒットに恵まれない中、クラウンレコードのディレクター田中迪は、次のシングルの構想を練っていた。ヒットを得るためのきっかけとしてタイアップを探す中、資生堂秋のキャンペーン・テーマを取った。こうせつは詞に触発されて曲を作るタイプであったが、長年コンビを組んでいた喜多条忠は当時良い詞が書けなくなっており、当時光っていた阿木燿子を作詞に迎えた[1]

そうした中、「夢一夜」は、ベートーヴェンピアノソナタ第17番『テンペスト』から着想を得て作られた[1]。ある日、こうせつの妻育代が、その第3楽章をピアノで弾いていたのを聴きながら、こうせつは「なんて素晴らしいメロディなんだ」と感動した[1]。田中は、こうせつとの鹿児島行きの汽車の中で、こうせつから『テンペスト』を歌わせてくれと頼まれたという[1]

本曲は資生堂の「78年冬のキャンペーンソング」に起用され、CMモデルは小林麻美が務めた。

本曲は同年11月発売のアルバム『こんな静かな夜』にも収録された。一方、アレンジの異なる「夢一夜」CMバージョンが存在し、これはベストアルバム『夢一夜~ONアソシエイツ CM WORKS プロデューサーズ・チョイス II』に収録されている。

収録曲[編集]

両曲とも、作曲:南こうせつ

A面

  1. 夢一夜

B面

  1. 君といっしょなら

楽曲の収録アルバム[編集]

曲名 アルバム 発売日 備考
夢一夜 こんな静かな夜 1978年11月25日 オリコン最高位1位

カバーした歌手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 富澤一誠著『青春のバイブル 魂を揺さぶられた歌』シンコーミュージック、1993年、98頁。ISBN-10: 4401614135