笹原忠義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ささはら ただよし
笹原 忠義
プロフィール
出身地 日本の旗石川県加賀市
生年月日 (1954-06-06) 1954年6月6日
没年月日 (2014-05-17) 2014年5月17日(59歳没)
最終学歴 慶應義塾大学法学部卒業
勤務局 北陸放送
活動期間 1977年 - 2014年
担当番組・活動

笹原 忠義(ささはら ただよし、1954年6月6日 - 2014年5月17日)は、北陸放送の元アナウンサー

経歴[編集]

  • 1970年 加賀市立山代中学校卒業。
  • 1973年 石川県立小松高等学校卒業。
  • 1977年 慶應義塾大学法学部卒業後、北陸放送にアナウンサーとして入社。
  • 2004年1月 営業部長。
  • 2005年7月 営業局長。
  • 2006年7月 取締役営業局長。
  • 2008年7月 常務取締役営業局長。
  • 2008年7月 専務取締役。
  • 2011年6月28日 社長。
  • 2014年4月23日 健康上の理由により社長退任。取締役に降格。
  • 2014年5月17日 0時50分、肺炎のため金沢市内の病院で死去[1][2]。59歳没。

人物・エピソード[編集]

  • 軽妙な喋り方が持ち味で、アナウンサー時代から多くの芸能人との交流があり、自身のトークイベントでは大学の先輩の松下賢次などを招いていた。
  • 競艇に造詣が深く、特に三国競艇重賞レース関連の番組で関わっていることが多かった。競艇選手では同じ石川県出身の今垣光太郎石田政吾との交流があった。
  • 笹原自身はアナウンサー志望ではなかったため、北陸放送入社試験時は一般職を受験した。当時の入社試験で全員が長いニュース原稿を読まされる中、笹原だけが息継ぎせずに一息で読み、その面白さからアナウンサーで採用された。これは自慢ではあったが、肺活量が5,600ccもあったという[3]
  • 1998年には、細川久米夫市長の収賄容疑での逮捕、辞職に伴う、旧松任市(現白山市)の市長選挙への立候補を打診されたが、断っている。

過去の担当番組[編集]

ラジオ
テレビ

脚注[編集]

  1. ^ “笹原忠義氏死去”. 佐賀新聞 電子版 (佐賀新聞). (2014年5月17日). http://www.saga-s.co.jp/news/national/10212/64504?area=ranking 2014年6月9日閲覧。 
  2. ^ “【訃報】笹原忠義氏が死去 前北陸放送社長 - SankeiBiz(サンケイビズ)”. 産経新聞 (産経新聞社). (2014年5月17日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/140517/bsj1405172111002-n1.htm 2014年6月9日閲覧。 
  3. ^ 石井彰「放送界隈 今、ラジオが元気です 北陸放送 老舗ラジオ局の新しい鼓動」、『新・調査情報passingtime』46号、TBSメディア総合研究所2004年3月1日、 72頁。

外部リンク[編集]