恋したっていいじゃない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恋したっていいじゃない
渡辺美里シングル
初出アルバム『『ribbon(#1)』
She loves you(#1)』
THE LEGEND(#1)』
M・Renaissance〜エム・ルネサンス〜(#1)』』
リリース
ジャンル J-POP
レーベル EPIC・ソニー
プロデュース 小坂洋二
チャート最高順位
渡辺美里 シングル 年表
悲しいね
(1987年) 
恋したっていいじゃない
(1988年)
センチメンタル カンガルー
(1988年)
テンプレートを表示

恋したっていいじゃない(こいしたっていいじゃない)は、1988年4月21日に発売された渡辺美里の10枚目のシングル

解説[編集]

本人出演のUCC上島珈琲缶コーヒーキャンペーンCMソングとしてヒットした。ちなみに仮タイトルはサビのフレーズの「D・A・T・E」(ディーエーティーイー)だった。

制作陣は、「BREATH」「Boys kiss Girls」「バースデイ」などの渡辺美里の他の楽曲も手掛けている作曲・伊秩弘将、編曲・清水信之のコンビである。岡村靖幸がバックコーラスに、佐橋佳幸がギター及びバックコーラスとして参加している。

この曲は、渡辺がスタジオ入りする時に巷の熱愛報道などを受けて「芸能人だって恋くらいしたっていいじゃん!」と言っていたのをプロデューサーに気に入られ、それ歌にしてみたらと盛り上がって出来たという[1]

収録曲[編集]

  1. 恋したっていいじゃない
  2. eyes (Live Version)
    • 作詞/戸沢暢美 作曲/木根尚登
    • 1987年に行われたアリーナツアー“SPECIAL CONCERT「OH!」”からの音源

脚注[編集]

  1. ^ めざましどようび 2017年8月12日放送回”. gooテレビ (2017年8月12日). 2017年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]