RKBベスト歌謡50

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

RKBベスト歌謡50(アールケービーベストかよう50)は、RKBラジオ1974年(昭和49年)4月7日から1995年(平成7年)12月31日まで毎週日曜日に放送された歌謡曲のランキングカウントダウン番組。

放送開始当初は12:15 - 15:55だったが、1975年春には12:15 - 17:00に拡大されている。その後1984年春からは12:10 - 17:00に拡大し、4時間50分の生放送番組となった。 70年代後半には、プロ野球のシーズンオフ時に放送時間が17:30までの5時間15分の放送が行われていた。

DJ[編集]

概要[編集]

番組のコンセプトとして、1位から50位まで全曲をオンエアするというのが特徴で、ライオンズが福岡を本拠地にしていた時代のデーゲームや、秋のプロ野球日本シリーズ中継が番組放送時間中に組み込まれ、放送時間が短時間になっても(サンドイッチ放送と呼ばれた)、試合中継前に50位から11位まで、中継後にベスト10を曲付で放送した。曲を紹介するのは上位50曲だけだが、41位まで紹介した時点でランク外の51位〜60位の曲名と演奏者名のみ紹介した。

クイズコーナーが多く、「トップクイズ」(B面の曲を聴いて、A面のタイトルを答える)、「ブロッククイズ」(15、25、35、45位当て)、「おまたせクイズ」(タレント名や曲名当て)、「ベストテンクイズ」(1位から10位までの順位をすべて当てる)があり、長時間の放送を飽きさせない工夫が随所に見られた。

毎年年末年始には2週に渡り、その年の年間チャートを100位から1位までカウントダウンした。年間チャート発表の際は「ミニミニインタビュー」を担当した有吉ひろこがアシスタントを務めた。「ミニミニインタビュー」は、有吉ひろこの後、堂上美智子、味園由美子が担当している。

毎月、その月のランキング曲と順位を掲載した「ランキングニュース」を発行していた。また、ランキングについての質問を、「何でも相談」の係に返信用封筒を同封して送ると、質問への回答やランキング表を返送していた。

スポンサートヨタ自動車(15:00 - 17:00。スポンサー時間中のサブタイトルは、「TOYOTA SUNDAY SPECIAL[2]

「TOYOTA SUNDAY SPECIAL」は、1983年から1990年秋までは14:00 - 17:00、1990年秋以降15:00 - 17:00。

身内のラジオパーソナリティが楽曲をリリースした際には必ずランクインしていた(「HiHiHi」のメインパーソナリティだった山崎銀之丞率いる銀之丞バンドの『君がシャイニンオン』、「もっとももんが」のアシスタントだった永田真代の『なごり雪』など)。

1980年1月1日 - 4日は、放送300回を記念して、「ベスト歌謡500」が放送された。1983年11月21日 - 27日にも放送500回記念として「ベスト歌謡500」が放送され、どちらも、放送開始からそれぞれの時点までの上位500曲がオンエアされた。また、1985年10月14日 - 18日にも25:00 - 27:00に放送600回記念特集が放送され、放送開始から599回までの1位獲得楽曲がすべてオンエアされた[3]

なお、1978年1月から1989年9月迄の期間は、TBS製作の『ザ・ベストテン』のラジオ総合ベスト10にRKBのランキングデータとして毎週活用されていた[4]

2021年1月1日 6:30 - 18:45には、「創立70周年記念 RKBベスト歌謡70〜Be colorful.〜」が放送された。出演は6:30 - 13:00が坂口卓司葉山さつき、13:00 - 18:45が仲谷一志坂田周大服部義夫。また、2020年10月17日に死去した初代DJの林幹雄の追悼企画も放送された。[5]


関連番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 林はこの番組の降板をもってアナウンサーを引退した。下記の2021年元日の新春特番において、2020年10月17日に誤嚥性肺炎で85才で死去していたことが明らかになった。
  2. ^ このトヨタ自動車・トヨタディーラー(トヨタの販売店)が協賛する「TOYOTA SUNDAY SPECIAL」という冠が付いた番組はHBCラジオ文化放送東海ラジオラジオ大阪で放送されていたほぼ同じ趣旨の歌謡曲ランキング番組「決定!全日本歌謡選抜」との企画ネット番組だった。基本的にはNRNシングルネットであるが、HBCはJRNとのクロスネット、RKBは企画ネットで唯一JRN単独加盟だった
  3. ^ 該当週のTBSラジオ制作のネット番組『スーパーギャング』はネットを返上。出典:朝日新聞西部本社1985年10月14日夕刊ラ・テ欄
  4. ^ 林は番組初期の頃のみ、ラジオベストテン情報のRKB担当の回とRKBからの中継の時の追っかけマンとして番組に関わっていたが、葉山さつきに変わったのは、『他の各局の担当が、若い女性アナウンサーだから僕は引退させて欲しい』と林が申し出て葉山に変わったと2021年の正月特番にて葉山が発言した。
  5. ^ 年末年始特別番組のお知らせ