IBC TOP40

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IBC TOP40
ジャンル 音楽ランキング番組
放送方式 生放送
放送期間 1974年4月14日 - 1999年3月28日
放送時間 日曜 13:00 - 17:30
放送回数 全1299回
放送局 岩手放送(現・IBC岩手放送)
パーソナリティ #歴代パーソナリティーを参照。
特記事項:
特番等で放送時間変更があった。
テンプレートを表示

IBC TOP40(アイビーシー トップフォーティー)は、1974年4月14日から1999年3月28日までの25年間、岩手県盛岡市に本社を置く、岩手放送(現・IBC岩手放送)で放送されていたラジオ番組である。放送回数は全1299回。

概要[編集]

岩手県内各レコード店の売り上げを元にIBC独自のランキングを作成(この趣旨は後にラジオさんさんまる内における毎週月曜日のコーナー「IBCミュージックランキング」に受け継がれている)。当時岩手県内ナンバーワン聴取率を誇っていた。

基本的にはランキング発表や新曲のオンエア、アーティストのインタビューを放送する音楽番組であるが、その他にもある特定の順位の曲を当てるクイズコーナーや、ネタやポエムを募集するコーナーもあり、夜の若者向け番組の日曜版といった趣向もあった。特に「ベスト3予想人のコーナー」はランキング予想と直接関係のないネタを盛り込んだ葉書・封書が多数寄せられていて、番組内で一番投稿の多いコーナーであった。

また日曜日の放送であるため、県内各地のイベント会場に赴いて公開放送を行うこともあり、リスナーとパーソナリティ、またはリスナー同士の交流の場となっていた。

番組の間でも電話による曲のリクエストを受け付けており、それもランキングに加味される。リクエストをした人の名前が一部読み上げられていた。公開放送の際でもリクエストは受け付けられていたが、受付電話番号は公開放送でも盛岡本社のものを使用しているために、名前読みの仕事は本社で待機している留守番アナウンサーが行っていた。本社のスタジオでそれは行われているが、「でんでんリクリク大放送」が土曜日に放送されていた時期には番組内のコーナーである「おはしぞめのコーナー」で使用された食べ物や、水越かおるアナウンサーが持ち込んだお菓子の食べ残しがスタジオ内に残されていたため、「でんリクの後のスタジオは汚い」と称されていた。

放送時間は当初頻繁に変更されたが、1983年4月から14時-18時となって以降は安定した。番組終了時は13時-17時30分。

番組が終了してから2年後の2001年4月1日には、「IBCトップ40新世紀スペシャル」が放送され、大塚富夫千輝順子のコンビが復活した。

IBC開局60周年を迎えた2013年12月25日に、ラジソン終了直後に放送された特別番組「IBCラジオ60年の歩み」の一部で、2代目のオープニングテーマ(番組末期にも使用)と共に、大塚富夫千輝順子のコンビが登場し、短い時間ながらも当時のテイストを再現した。

1978年1月から1989年9月までの間、TBSザ・ベストテン」の四要素の一つであるラジオ総合ベスト10のIBCのデータとして活用されていた。

主な人気コーナー[編集]

  • ベスト3予想人のコーナー
  • ヒットチャートクイズ ほか
※なお途中に「IBCラジオドラマチック競馬中継」が入っていた(このコーナーは現在も「のりこの週刊おばさん白書」内で継続)。

歴代パーソナリティー[編集]

※何れもIBCアナウンサー。2014年1月現在、今もIBCに在職する現役のアナウンサーは大塚、菊池、神山、水越の4名である。
期間 男性 女性
1974年4月14日 1974年9月29日 大塚富夫 千輝順子
1974年10月6日 1975年3月30日 河辺邦博
1975年4月6日 1984年4月1日 大塚富夫
1984年4月8日 1985年3月31日 樋田由美子
1985年4月7日 1987年3月29日 戸田信子
1987年4月5日 1988年9月25日 大塚富夫
菊池幸見
佐藤宏邦
(ランダム)
1988年10月2日 1989年9月24日 水越かおる
矢吹奈美江
1989年10月1日 1990年3月25日 矢吹奈美江
1990年4月1日 1990年10月7日 大塚富夫 斎藤景子
1990年10月14日 1993年6月27日 神山浩樹 伊藤美幸
1993年7月4日 1994年9月25日 田代親世
1994年10月2日 1996年3月31日 玉井明子
1996年4月7日 1997年3月30日 松本美貴
1997年4月6日 1999年3月28日 江幡平三郎 戸田信子

放送時間の推移[編集]

※何れも全て日曜日。

  • 1974年4月14日 - 9月29日 - 15:35 - 17:00
    • 前身は「IBCベスト20」で放送時間は16:00 - 17:00で、一時期は16:55までだった。
  • 1974年10月6日 - 1976年3月28日 - 15:05 - 16:55
    • 岩手競馬実況中継」のシーズンオフは17:00までで、17:00 - 18:00に「ポップインいわて」をスタート。
  • 1976年4月4日 - 1981年3月29日 - 15:05 - 18:00(第1期)
    • 「ポップインいわて」は13:00 - 14:00に移動した。また1980年4月6日から15:30 - 16:00まで「岩手競馬実況中継」(秋田放送と同時ネット)のため一旦中断した。
  • 1981年4月5日 - 9月27日 - PART I・14:30 - 15:00、PART II・15:55 - 18:00
    • 番組開始時間が早まり、「岩手競馬実況中継」を挟んで2部構成になった。
      (15:00 - 15:05・岩手日報ニュース、15:05 - 15:10・駐車場だより、15:10 - 15:25・ジョッキー&ジョッキー、15:25 - 15:55・岩手競馬実況中継)
  • 1981年10月4日 - 11月29日 - 15:05 - 18:00(第2期)
    • 14:30 - 15:00に「ジェミニ・ミュージックパートナー 三原順子ファンタジーロード」(TBSラジオ)が放送されていた。
  • 1981年12月6日 - 1982年3月28日 - 15:10 - 18:00(第1期)
    • 競馬シーズンオフ期間中、15:00 - 15:05の「岩手日報ニュース」、15:05 - 15:10の「駐車場だより」の後に開始した。
  • 1982年4月4日 - 9月26日 - PART I・14:30 - 15:20、PART II・15:50 - 18:00
    • 「岩手競馬実況中継」を挟んで2部構成になり、「ジョッキー&ジョッキー」は土曜夕方に移動した。
  • 1982年10月3日 - 1983年3月27日 - 15:10 - 18:00(第2期)
    • 14:30 - 15:00に「ジェミニ・ミュージックパートナー 三原順子ファンタジーロード」(TBSラジオ)が放送されていた。
  • 1983年4月3日 - 1990年3月25日 - 14:00 - 18:00(第1期)
    • 「岩手競馬実況中継」がメインレース以外も2レース放送(5分程度)に伴い、番組のPART I・PART IIという分け方が無くなった。
  • 1990年4月1日 - 9月30日 - 16:00頃 - 18:00
    • 「まるごとワイド “ザ・日曜日”」(12:30 - 18:00)に内包され、「岩手競馬実況中継」終了後に開始した。
  • 1990年10月7日 - 1992年3月29日 - 14:00 - 18:00(第2期)
    • 「まるごとワイド “ザ・日曜日”」終了に伴い時間枠拡大され、「トップ40 ザ・日曜日」のタイトルに変更した。
  • 1992年4月5日 - 10月25日 - 14:00 - 17:45
    • 現在のタイトルに変更した。
  • 1992年11月1日 - 1993年3月28日 - 13:00 - 17:45
  • 1993年4月4日 - 1995年3月26日 - 13:30 - 17:45
  • 1995年4月2日 - 1999年3月28日 - 13:00 - 17:30

関連人物[編集]

  • 姫神(当時:姫神せんせいしょん) - 同番組でチャート上位に入ったことで、全国的人気を得る足掛かりをつかんだ。他にもNSP高橋研などの地元出身者は常にチャート上位に入っていた。
  • 伊藤政則 - 学生時代岩手放送のレコード室でアルバイトをしており、同番組の立ち上げを間近で経験した。最終回には電話でゲスト出演している。
  • ジョージ・ウィンストン - 葉書のコーナーのBGMに「Longing/Love」が使用された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]