神山浩樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かみやま ひろき
神山 浩樹
プロフィール
出身地 岩手県花巻市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-10-26) 1967年10月26日(50歳)
血液型 B型
最終学歴 福島大学経済学部
勤務局 IBC岩手放送
部署 報道局アナウンス部
活動期間 1990年4月 - 現在
配偶者 あり
家族 妻と娘
公式サイト IBC岩手放送 アナ部屋
担当番組・活動
現在 気象と防災マメ知識!
過去 IBC TOP40
その他 気象予報士防災士

神山 浩樹(かみやま ひろき、1967年10月26日 - )は、IBC岩手放送アナウンサー気象予報士防災士。アナウンス部では専任部長を務める。

略歴[編集]

1990年4月にIBCへ入社。「爆発ワイドラジオ新鮮組」のパーソナリティとなり、「ファンキー神山」を名乗った。また、IBC TOP40では伊藤美幸元アナと組んで名コンビと呼ばれ、絶対的な人気を得ていた大塚富夫アナ降板後の同番組を盛り上げた。

1996年に放送されていたテレビ番組「どんchanパラダイス」では、風見好栄アナ・高橋興子元アナと「ザ ビタミンK」というユニットを結成し、「そよ風に乗って」という曲をリリースしている。

2000年3月14日、岩手県内の報道機関職員としては初めて国家資格気象予報士の試験に合格する。その際の合格率は5.1%であった。[1]

2000年4月から2004年3月までニュースエコーで毎週金曜日に気象情報を担当。2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震2008年7月24日に発生した岩手北部地震2010年2月28日に岩手で初めて発令された大津波警報の際など、現地からのリポート担当。2010年9月、県内のラジオ5局が初めて連携して地震・津波への備えを呼びかける「いわて防災ラジオプロジェクト」に参画。2011年3月11日はラジオの生放送の最中に東日本大震災が起き、その夕方には取材スタッフと沿岸へ。発災当初の2週間の内、延べ10日間、陸前高田など被災地からテレビ・ラジオで情報を伝える。

毎年、8月に雫石町で行われている南部よしゃれ全国大会では司会を務める他、一般の部にも出場している。

第34回(2008年度)アノンシスト賞ラジオ「フリートーク」部門で最優秀賞受賞(サタデーおじゃま商店)。

第37回(2011年度)アノンシスト賞ラジオ「フリートーク」部門で優秀賞受賞(こちら志家町6-1)。

第41回(2015年度)アノンシスト賞活動部門賞受賞(ニュースエコー 仮設住宅は今)。

エピソード[編集]

現在の担当番組[編集]

テレビ

ラジオ

過去の担当番組[編集]

テレビ

  • じゃじゃじゃFriday(司会、~2012年9月28日)
  • どんパラ(どんchanパラダイス&どんぴしゃ8時!パラボラざうるす)
  • ニュースエコー(キャスター及び気象情報担当)
  • 積水ハウス・ふれあいトーキング

ラジオ

脚注[編集]

外部リンク[編集]