大塚富夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おおつか とみお
大塚 富夫
プロフィール
出身地 東京都板橋区
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1949-09-20) 1949年9月20日(69歳)
最終学歴 東洋大学
勤務局 IBC岩手放送
部署 嘱託
職歴 報道局次長兼アナウンス部長
活動期間 1973年4月 - 現在
公式サイト IBC岩手放送・アナ部屋 大塚富夫アナ
担当番組・活動
現在 大塚富夫のタウン
過去 IBC TOP40

大塚 富夫(おおつか とみお、1949年9月20日 - )は、IBC岩手放送アナウンサー

経歴[編集]

東京都板橋区生まれ(現在の本籍地は埼玉県川越市)。

東洋大学卒業後、1973年IBC入社(同期にIBC TOP40でコンビを組む千輝順子がいる)。IBC TOP40のパーソナリティとして県内で人気を博し、「お富」「ポップ大塚」等の異名を取った。その後もトーク番組を中心に活動。近年は朗読に力を入れ、番組『ラジオ文庫』のみならず、県内各地で催される朗読会にも頻繁に出演している。

「IBCラジオチャリティーミュージックソン」では1978年の第1回から2009年の第32回までメインパーソナリティーを担当。長らくIBC本社ロビースタジオで司会を担当していたが、2005年の第28回放送分では初めて本社を離れて「通りゃんせ号」2号車にあんべ光俊と共に乗り込み、一関市から盛岡市まで練り歩きつつ募金を呼びかけた。ただし2007年は病気治療のため(後述)初めて番組の表舞台を離れ、合間を見て出演するにとどまった。2010年の第33回以降はメインパーソナリティーの座を菊池幸見に譲り、自らは各地からの中継を行う形で番組に携わっている。

2007年12月22日の番組内で、自らが甲状腺がんであることを告白した。その後治療を受け、2008年2月より本格的に復帰している。

河辺邦博アナの後任として、2005年8月1日~2009年7月31日まで、アナウンス部長、報道局次長兼アナウンス部長を務め定年退職したが、引き続き嘱託職として在籍し、現役最年長アナウンサーとして活動中である。

第24回(1998年度)アノンシスト賞テレビCM部門で最優秀賞受賞(岩手畜産流通センター)。第27回(2001年度)、第30回(2004年度)アノンシスト賞ラジオ・読みナレーション部門で吉田瑞穂アナと共に優秀賞受賞。

現在の担当番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

過去の担当番組[編集]

  • IBC TOP40
  • 大塚富夫のワンダーランド(「タウン」の前身番組)
  • こんにちワイド発射中
  • ワイドワイドジャーナル
  • ワイド145
  • 大塚富夫の青春グラフィティーあの時君は若かった
  • いわてホットライン - 司会は退いたが現在も出演中
  • 高校野球中継(実況)
  • ラブリーいわて
  • ときめきワイド
  • ときめきウィークリー
  • なるほどざお買い得
  • IBC競馬ライブ(MC)
  • 焼肉さかだれ〜(日曜 8:45-9:00)

ほか

脚注[編集]

  1. ^ 一時期、水曜・金曜も担当していたことがある。

外部リンク[編集]