ジョージ・ウィンストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ウィンストン
George Winston
基本情報
出生 1949年 (64–65歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 モンタナ州
ジャンル ニューエイジ
職業 作曲家, 演奏家
ピアニスト, ギタリスト
公式サイト GeorgeWinston.com

ジョージ・ウィンストンGeorge Winston1949年‐ )は、アメリカ合衆国ミシガン州生まれでモンタナ州育ちのピアニスト作曲家

日本では、アルバム「AUTUMN」に収録されている "Longing/Love" (あこがれ/愛)が最もよく知られていて、トヨタ・クレスタのCM曲、『NNN日曜夕刊』の「今週の動き」のBGMに使用されたほか、現在では『マツコ&有吉の怒り新党』の「新・3大○○調査会」のコーナーや『箱根 彫刻の森美術館』のBGMにも使用されている。


概要[編集]

その自然風景を反映するジョージのプレイは ニューエイジ癒し系音楽)と認知されている。

ジョージは彼自身のプレイスタイルを "Rural Folk Piano" と呼んでいる。

また、彼はR&Bジャズブルースロックなどからも影響を受けており、特にドアーズからは強い影響を受けたと語っている。

経歴[編集]

1972年BALLADS & BLUES -1972 でソロ・ピアニストとしてデビューをすると、モンタナ州の春夏秋冬を表現した四部作である AUTUMN1980年)、WINTER INTO SPRING1982年)、DECEMBER(1982年)、SUMMER1992年)をウィンダム・ヒルよりリリースし、メディアやコアリスナー層から高い評価を受けた。

1994年にリリースされた FOREST1996年度のグラミー賞ベスト・ニューエイジ・アルバムに選ばれた。

1996年にリリースされた LINUS & LUCY - THE MUSIC OF VINCE GUARALDI では、ジャズ・ピアニストとのコラボレーションにより新たな一面を覗かせるも、1999年にリリースされた PLAINS ではモンタナ州を連想させるジョージ独自のニューエイジを聞かせてくれた。2002年には、大好きなドアーズへのオマージュを込めたカヴァー・アルバム NIGHT DIVIDES THE DAY - THE MUSIC OF THE DOORS をリリース。

2004年には彼の原点回帰作とも言える MONTANA - A LOVE STORY をリリースした。

2006年ハリケーン・カトリーナ被害のためのチャリティ・アルバム Gulf Coast Blues & Impressions - A Hurricane Relief Benefit をリリース。

その他[編集]

  • 年間のほとんどをツアー公演している。
  • ピアニストとしてだけでなく、ギターブルース・ハーモニカの腕も相当なものであり、コンサートではよくピアノの合間に演奏される。
  • コンサート中は裸足でプレイしている。
  • 男性ファンが多く、かつ、カップルでの聴衆が多いというファン層の特徴がある。


  • アメリカ現代アートミュージックの一角を形成している。
  • 哲学的自然主義音楽とも評された音楽芸術展開で着実なアルバム発表とコンサート活動がある。
  • 彼の音楽による医学的効果を研究した医師もいた、この医師による動脈硬化など特定の病気への音楽効果検証からこのピアニストの音楽について「健康音楽」「HEALTH CARE MUSIC」という言葉がこの研究で使われ世に出たこともある。
  • かつてアルバムジャケットの解説において、譜面を一切発売しないとしていた(一時期ドレミ音楽出版より譜面が販売されたが、すぐに廃版となった)。しかし2007年に本人のノートを載せた公式の20曲の譜面がHAL LEONARDより出版された(日本語版の出版予定はなし)。

外部リンク[編集]