TOM★CAT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TOM★CAT
出身地 日本の旗 日本
ジャンル テクノ歌謡
ロック
活動期間 1984年 - 1988年
2009年
レーベル キャニオン・レコード / AARD-VARK
1984年 - 1987年
TANGELIN
1988年
ベルウッドレコード
2009年
事務所 ヤマハ音楽振興会
(1984年 - 1987年)
メンバー 下記参照

TOM★CAT(TOMCAT)(トム・キャット)は、1984年にデビューした日本のバンド。 メジャー時代は「TOM★CAT」(1985-87)、POPCON出場時と自主活動以降は「TOMCAT」(1984,1987- )と表記[1]

経歴[編集]

1978年東京造形大学で結成されたバンド「FUNKY NOISE」(1978-1981)[2]を前身とする。その後、「NOISE MAKER」(1982-83)[3]を経て1984年に「TOMCAT」を結成。同年10月、第28回 ポピュラーソングコンテストに出場して「ふられ気分でRock'n' Roll」でグランプリを受賞[4]。同年11月、第15回世界歌謡祭グランプリ受賞曲でもある同曲でキャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)のAARD-VARKレーベルからメジャーデビュー。メンバーチェンジを経て1987年に事務所を離れ、自主運営での活動を開始した。

「TOMCAT」のがメンバーが結婚・就職などで音楽活動を離れたのち、「The Mother」にヴォーカルとして加入した(~1995-1996~1999?)。

TOMは「The Mother」解散後、鉄工所の正社員として働きながら、作詞・作曲・ライブなど音楽活動をつづけた。

2003年〜2004年頃に出演したテレビ番組では、鉄工所で溶接作業中の姿を見せ、金属製家具作りを習得するため鉄工所で修行している、いずれバンド活動を再開したい旨を語った[5]

2004年に開催したライブでは鉄工所の社長が観覧、以降も毎年、国分寺・池袋などのライブハウスを拠点にライブを実施。

2006年、サミー社のパチスロ・北斗の拳の企画で「TOUGH BOY」をリメイク(→詳細は記事「TOUGH BOY」を参照)。

2008年頃に鉄工所勤務を終え、2014年ごろまで年10数回のペースでライブを挙行。

2009年、ベルウッド・レコードよりシングル曲「TOUGH BOY」(21st Century Version)およびカップリング曲「LOVE SONG」のリメイクを含むミニアルバム『ラヂオ』をリリース。

2010年10月、インディーズカルチュア・コンビニエンス・クラブよりベスト・アルバムの「TOM★CAT スーパー・ベスト」をリリース。

2015年、TOMは写真週刊誌の取材を受け、鉄工所には引き続き在籍しているがもはや出勤していないこと、印税で生活し、作詞・作曲を続けながら東京都国分寺市内で年2回のライブを行なっている旨を語っている[6]

メンバー[編集]

FUNKY NOISE時代のメンバー(1978-81) [8][編集]

  • TOM
  • 佐々木敬治(座長)
  • K.KOIKE
  • GIN

NOISE MAKER時代のメンバー(1982-83)[9][編集]

  • TOM
  • 成毛洋昭(ベース)
  • 大高啓(ドラム)
  • 永吉せいじ(ギター)
  • GIN

TOMCAT時代のメンバー(1984)[10][編集]

  • TOM
  • 佐々木敬治(座長)(ギター)
  • 渋川
  • 土屋

TOM★CAT時代のメンバー(1985-87)[編集]

TOMCAT(自主運営以降)のメンバー(1987- )[編集]

  • TOM(ボーカル・キーボード)
  • 佐々木敬治(ギター)
  • 永吉せいじ(ギター)
  • 成毛洋昭(ベース)
  • 大高啓(ドラム)
  • 鈴木玄(キーボード)

THE MOTHER(1995-96~ )[編集]

  • TOM
  • 綿貫隆太(ギター)
  • 雅臣
  • 誠司
  • 滝澤

TOMCAT (「Tough Boy(2006版)[編集]

  • TOM(vo & Keyboard)

TOMCAT (アルバム「ラヂオ」,2009)[編集]

  • TOM(vo & Keyboard)
  • 沼倉真(Guitar)
  • GUTWIE(Bass)
  • ササブチヒロシ(Drums)

チンドンペア(~2010-2011~)[編集]

  • TOM(vo & Keyboard)
  • ササブチヒロシ(Drums)

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル B面 形態 順位
キャニオン・レコード / AARD-VARK
1st 1984年11月14日 ふられ気分でRock'n' Roll ROUTE 16 EP 4位
2nd 1985年4月5日 サマータイム グラフィティ ON THE STREET 13位
3rd 1985年8月21日 生まれついてのCRAZY SALLY
4th 1986年4月5日 ひとりぼっちの反乱軍 五月の夜の窓際で
5th 1986年10月21日 LADY BLUE LADY BLUE II -クリスマス・ソング-
6th 1987年3月21日 TOUGH BOY LOVE SONG 61位
TANGELIN
7th 1988年3月 ばかだもん EP

アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 形態 順位
キャニオン・レコード / AARD-VARK
1st 1985年6月21日 TOM★CAT LP 17位
CD
1995年5月19日 CD
2nd 1986年5月 FENCE LP
1995年5月19日 CD
ポニー / AARD-VARK
BEST 1987年4月21日 TOM★CAT ベスト CD
キングレコード
BEST 2003年3月26日 ポプコン・スーパー・セレクション TOM★CAT ベスト CD
2006年12月21日 ポプコン マイ・リコメンド TOM★CAT
ベルウッドレコード
3rd 2009年12月16日 ラヂオ CD
カルチュア・コンビニエンス・クラブ
BEST 2010年10月8日 TOM★CAT スーパー・ベスト CD

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 時期
サマータイム グラフィティ '85JAL沖縄キャンペーンソング 1985年
TOUGH BOY フジテレビ系アニメ『北斗の拳2』オープニングテーマ 1987年
LOVE SONG フジテレビ系アニメ『北斗の拳2』エンディングテーマ

その他[編集]

  • 「鏡面界」,1996.06[11].
  • 「BLUE HEAVEN」,1996.11[12].

出典[編集]

  1. ^ "BIG BAD CAT"vol.2,TOMCAT CLUB,1987.10.
  2. ^ "BIG BAD CAT"vol.2,TOMCAT CLUB,1987.10.
  3. ^ "BIG BAD CAT"vol.2,TOMCAT CLUB,1987.10.
  4. ^ 第28回 ポピュラーソングコンテスト - ヤマハ音楽振興会
  5. ^ 「懐かし映像女性歌手部門第19位 TOM⭐︎CAT」,『あの人は今』第四弾,.
  6. ^ 「思い出の美女15人 全力追跡撮!/「ふられ気分でRock'n Roll」TOM⭐︎CAT(53) 直撃撮!あの名曲の印税で今も食べています」,『FLASH(フラッシュ)』2015年5/19号 (2015年04月27日発売),光文社.
  7. ^ 本来は溶接作業用の保護具なのだが、サングラスとして使用していた
  8. ^ "BIG BAD CAT"vol.2,TOMCAT CLUB,1987.10.
  9. ^ "BIG BAD CAT"vol.2,TOMCAT CLUB,1987.10.
  10. ^ "BIG BAD CAT"vol.2,TOMCAT CLUB,1987.10.
  11. ^ I am youEARTH MUSIC MAGIC 97[1],パイオニアLDC,1998.6. ASIN:B00005I3HG,所収。
  12. ^ EARTH MUSIC MAGIC 99[2],パイオニアLDC,1999.7. ASIN:B00005I3HE,所収。

関連項目[編集]