元気なブロークン・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
元気なブロークン・ハート
C-C-Bシングル
B面 スワンの城
リリース
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
ジャンル J-POP
レーベル ポリドール
作詞・作曲 松本隆筒美京平
チャート最高順位
  • 2位(オリコン
  • 1986年度年間61位(オリコン)
  • 2位(ザ・ベストテン
  • 1986年上半期12位(ザ・ベストテン)
  • 1986年年間28位(ザ・ベストテン)
C-C-B シングル 年表
空想Kiss
1985年
元気なブロークン・ハート
(1986年)
不自然な君が好き
(1986年)
テンプレートを表示

元気なブロークン・ハート」(げんきなブロークンハート)は、1986年4月9日にリリースされたC-C-Bの7枚目のシングルである。

  • 本項目では同年5月10日に発売された12インチ・シングルについても述べる。

解説[編集]

  • Aメロを渡辺英樹と笠浩二のユニゾン、Bメロを関口誠人が務めた作品。
  • 第15回東京音楽祭(15th Tokyo Music Festival)にノミネート。1986年3月30日に行われた世界大会にエントリー、銀賞を獲得。
  • 本作品から、それまでのカラフルなヘアカラーを止めて自然な髪色(黒髪)に戻した。
  • 前年末に出演した第36回NHK紅白歌合戦出場後、年明けから本作品のプロモーションが開始されるまで、事務所はゆとりのあるスケジュール調整を行った。前年に『Romanticが止まらない』でブレイクして以来、多忙を極めるタイトなスケジュールが続き満足に休みが得られなかったこともあり、メンバー各々のストレスを軽減する目的と感受性を育む充電期間と主旨を発表した(この期間は、旅行に出かける者や楽曲制作する者、単独の仕事をする者など個人のペースで過ごしていた)。テレビ出演や雑誌掲載などの露出は殆どなかった。およそ3ヶ月後にバンドとしての活動を再開。前述、東京音楽祭のテレビ出演時に映った姿にファンは驚く。それまでのカラフルでポップなイメージから一転、派手なカラーに染められていた髪がナチュラルな黒髪に染まっていた。また、発表された本作品のジャケット写真は黒髪のメンバーのバストショットが並ぶシンプルなものであった。久しぶりに出演する音楽番組などでは司会者に必ずといって良いほど休養期間と髪色の件を話題のひとつにされた。

収録曲[編集]

※いずれも作詞:松本隆、作曲:筒美京平、編曲:大谷和夫、C-C-B

  1. 元気なブロークン・ハート
  2. スワンの城

12インチ・シングル[編集]

  1. 元気なブロークン・ハート 〜Broken-Mix
    • アルバム『冒険のススメ』には無表記だがこのBroken-Mixのさらにショートバージョンの形で収録されている。
  2. スワンの城 〜12Inch Mix ※12Inch Mixの表記はリイシュー作品にて付けられた。

関連項目[編集]