長谷部健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
長谷部 健
はせべ けん
生年月日 (1972-03-28) 1972年3月28日(45歳)
出生地 日本の旗 東京都渋谷区神宮前
出身校 専修大学商学部
前職 特定非営利活動法人グリーンバード理事長
渋谷区議会議員
現職 東京都渋谷区長
所属政党 無所属
称号 商学士
配偶者 佐分千恵(元テレビ朝日アナウンサー
公式サイト 長谷部健(ハセベケン)

当選回数 1回
在任期間 2015年4月27日 - 現職

Flag of Shibuya, Tokyo.svg 渋谷区議会議員
当選回数 3回
在任期間 2003年 - 2015年
テンプレートを表示

長谷部 健(はせべ けん、1972年3月28日[1] - )は、日本政治家東京都渋谷区長(1期)。元渋谷区議会議員(3期)。

妻は元テレビ朝日アナウンサー佐分千恵[2]

来歴[編集]

東京都渋谷区神宮前生まれ。渋谷区立神宮前小学校渋谷区立原宿中学校(現渋谷区立原宿外苑中学校)、佼成学園高等学校専修大学商学部卒業。大学卒業後、博報堂に入社した[3]。当時の上司には、クリエイター箭内道彦がいた。

2003年1月、清掃活動等を行う特定非営利活動法人グリーンバードを設立し、理事長に就任。同年4月、渋谷区議会議員選挙に無所属で出馬し、初当選した。以後、2015年まで3期12年間、渋谷区議を務めた[3]。区議在任中は会派「無所属クラブ」に所属し、渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例(渋谷区パートナーシップ条例)の提案等を行った。

2015年、渋谷区議を辞職し、渋谷区長選挙への出馬を表明した。引退を表明した桑原敏武区長の推薦を受ける以外は、政党の推薦や支持を受けずに無所属で立候補し[4][5]民主維新社民生活4党の推薦及び日本共産党の支援を受けた元東京都議会議員の矢部一や、東京都議会議員を辞職して出馬した自民公明両党の推薦を受ける村上英子らを破り、当選した[6][7]

2017年2月に師岡康子香山リカ五野井郁夫と講演を開き、渋谷区では在日コリアンを尊重する社会を実現するための条例を制定して、渋谷区で多文化共生を邪魔する者や空気を排除することを表明した[8]

選挙結果[編集]

2015年[編集]

※当日有権者数:176,703人 最終投票率:41.37%(前回比:1.15ポイント)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
長谷部健 43 無所属 25,326票 36.1%
矢部一 64 無所属 22,812票 32.5% 民主党維新の党社民党生活の党推薦、日本共産党支持
村上英子 59 無所属 21,267票 30.3% 自由民主党公明党推薦
今城陸人 67 無所属 728票 1.0%

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
桑原敏武
Flag of Shibuya, Tokyo.svg 東京都渋谷区長
2015年 -
次代:
(現職)