美波 (シンガーソングライター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美波
生誕 (1997-09-14) 1997年9月14日(22歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉
ジャンル ロック
ポップロック
J-POP
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
レーベル flying DOG (2019年1月 - )[1]
事務所 Water Reflection[1]
共同作業者 大塚巧 (ギター)
難部一真 (ベース)
公式サイト 美波 OFFICIAL WEB SITE

美波 (みなみ、1997年9月14日 - ) は、日本シンガーソングライターである[2]

経歴[編集]

デビュー前[編集]

中学生の頃にみた尾崎豊のライブ映像に刺激を受け、作詞を始める[3]。高校進学後にギターを購入してから作曲も行い、本格的な音楽活動を開始する[3]

2017年、ファーストミニアルバム『Emotional Water』及びファーストシングル『main actor』をリリース。渋谷・札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡のタワーレコードにて限定販売された。 同年8月24日、渋谷eggmanにて初のワンマンライブを開催。10代でワンマンライブを開催するという夢を実現したことから「Emotional Water 〜my teen finale〜」というライブタイトルであった。

アニメ音楽レーベル・flying DOGが主催する「第2回フライングドッグオーディション」でグランプリを受賞し[4]2018年2月21日、渋谷eggmanにて開催した2度目のワンマンライブ「ETERNAL BLUE」にて、同レーベルよりメジャーデビューすることを発表[1]。さらに同ワンマンライブの追加公演として、初の大阪公演を開催することを発表[5]。4月1日には南堀江knaveにて初の大阪公演「『ETERNAL BLUE』大阪 追加公演」を開催したが、メジャーデビューに伴う悩み等から最後まで歌いきることが出来ない結果となった[6]。そのため8月18日に同会場にて再公演を開催することを決定[7][8]

8月18日に行われた再公演のタイトルは、前回のライブでの失敗の後悔から「ETERNAL BLUE 〜Never forget April〜」と発表された[7][8]

2018年夏のツアー「LILAC」を開催[9]。自身にとっての初のツアーであり、名古屋・仙台・福岡・広島・沖縄・札幌・渋谷の全7会場を回った。ツアーファイナルとして、9月9日に渋谷CLUB QUATTROでワンマンライブを行った[10]

9月3日、エフエム北海道AIR-Gのイマリアルにて、初のラジオ生出演[11]。10月8日開催の「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」に出演[12]。初のフェス出演となる。11月3日・4日に、渋谷eggman及び渋谷WWWにて、2daysワンマンライブ「アメヲマツ、」を開催[13]。当初、この2daysワンマンがメジャーデビュー前最後のライブであり「いろんな感情的意味でのラストライブ」と報告されていたが[14]、応募が殺到したため、急遽、大阪にて同ワンマンライブの追加公演が決定[15]

12月4日、大阪MUSEにて「『アメヲマツ、』大阪 追加公演」の開催が予定されていたが[15]、本人の体調不良により本人・スタッフ間で協議した結果開催中止となり[16]、当日の物販のみ開催された[17]

デビュー後[編集]

2019年1月放送開始のテレビアニメ『ドメスティックな彼女』のオープニング主題歌「カワキヲアメク」を担当することが決定[18][19][20]。本人は「他とは違うのよって感じを見せたい時、そんな時があったなと書きました。それが何故かは分からなかったのですが、結局そんな事してるとなかなか幸せやってこないなと気付きました」と語っている[20]。2019年1月30日にメジャーデビューシングル『カワキヲアメク』をリリースし、オリコン週間デジタルアルバムランキング1位 (週間CDシングルランキング14位) を獲得した[21]

2019年春のツアー「カワキヲアメク」の開催決定[22]。メジャーデビューして初のライブであり、初のワンマンツアーでもある。福岡・広島・仙台・札幌・渋谷・名古屋・大阪・沖縄の全8会場を回る。

人物[編集]

  • 主に関東を拠点として活動している。またライブ配信アプリ・ツイキャスにて弾き語りやオリジナルソングを配信している。
  • ファンと身近で親しみやすい存在であることを大切にしており、Twitterでのやり取りやツイキャスでの配信におけるリスナーとの交流も行っている。ツイキャスでは、誕生日のリスナーにバースデーソングを歌うなど、ファンとの距離感を大切にしている。
  • 本人曰く「絶対意志は曲げない頑固人間」であり、自らの個性を大切にしている[1]
  • ライブ以外では素顔を露出せず、公式プロフィール画像ではイラストを使用している。

使用楽器[編集]

  • 主にギターを使用。MartinのGPC-Auraを愛用している[23]。さらに、プリアンプとしてFISHMANのAuraを搭載している[23]
  • ギターのエリクサー・ストリングス英語版のフォスファーブロンズ弦のカスタムライトに、より滑るようにFAST FRETを塗って使用している[23]
  • 本人曰く「ギターは、たくさん練習して引き倒して長年使って湿気が抜けてきてから初めて本当のめちゃくちゃいい音が出る」[23]

作品[編集]

美波[24]のディスコグラフィ
リリースリスト
EP 1
シングル 2

シングル[編集]

Water Reflection
# 発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 最高位
1st 2017年12月1日 main actor CD NONE -
flying DOG
# 発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 最高位
1st 2019年1月30日 カワキヲアメク CD VTCL-35294 (通常盤)
VTCL-35295 (アニメ盤)
14位

ミニアルバム[編集]

Water Reflection
# 発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 最高位
1st 2017年6月21日 Emotional Water CD NONE -

未発表曲[編集]

  • アスター
  • ハル-あと3cmの冬-
  • FとB
  • groping
  • Monologue
  • issue
  • プレッシャーボーイズ
  • Deep-sea fish
  • 放課後オレンジヒーロー
  • ETERNAL BLUE
  • 留年確定
  • カレーライス
  • サイダーみたいだ
  • 傘を忘れた日
  • Summer time game!!
  • 星屑のうた
  • 雪見だいふくの歌

ライブ[編集]

日程 タイトル 形態 会場 収録作品
2017年 8月24日 美波 1st ONE MAN LIVE『Emotional Water 〜my teen finale〜』 単発 渋谷eggman
2018年 2月21日 美波 2nd ONE MAN LIVE『ETERNAL BLUE』
4月1日 美波 2nd ONE MAN LIVE『ETERNAL BLUE』大阪 追加公演 大阪 南堀江knave
8月18日 美波 2nd ONE MAN LIVE『ETERNAL BLUE 〜Never forget April〜』大阪 再公演
8月20日 -
9月9日
美波 2018 SUMMER TOUR『LILAC』 ツアー
11月13日 美波 2days ONE MAN LIVE『アメヲマツ、』 単発 渋谷WWW
11月14日 渋谷eggman
12月4日 美波 2days ONE MAN LIVE『アメヲマツ、』大阪 追加公演 (物販のみ) 大阪 ESAKA MUSE
2019年 3月30日 -
5月11日
美波 ONE MAN TOUR『カワキヲアメク』 ツアー

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ご報告”. 美波. 2018年5月4日閲覧。
  2. ^ 美波 OFFICIAL WEB SITE BIOGRAPHY”. biography. 2018年5月4日閲覧。
  3. ^ a b 美波”. プロフィール. フライングドッグ. 2019年2月9日閲覧。
  4. ^ “フライングドッグオーディション、20歳のSSW・美波がグランプリに! 自身作詞・作曲の「main actor」MV公開”. エンタメステーション. (2018年2月22日). https://entertainmentstation.jp/news/183746 2019年2月9日閲覧。 
  5. ^ 美波 2nd ONE MAN LIVE『ETERNAL BLUE』大阪 追加公演”. schedule. 2018年5月4日閲覧。
  6. ^ ご報告”. 2018年5月4日閲覧。
  7. ^ a b 美波 2nd ONE MAN LIVE『ETERNAL BLUE 〜Never forget April』大阪 再公演のお知らせ。”. schedule. 2018年5月4日閲覧。
  8. ^ a b 美波 2nd ONE MAN LIVE『ETERNAL BLUE final 〜Never forget April〜』in大阪 詳細決定”. schedule. 2018年5月26日閲覧。
  9. ^ 美波 2018年夏のツアーが決定しました!”. schedule. 2018年7月7日閲覧。
  10. ^ 美波、2018年夏、ツアー決定!ツアーファイナルは渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブが決定しました!”. schedule. 2018年6月7日閲覧。
  11. ^ 本日、19:30よりエフエム北海道、AIR-Gのイマリアルさんにて初のラジオ生出演させていただきます。
  12. ^ 美波 10/8(月・祝)にフェス初出演決定!”. schedule. 2018年5月4日閲覧。
  13. ^ 美波 2days ワンマンライブの詳細が決定致しました。”. schedule. 2018年10月12日閲覧。
  14. ^ この2daysワンマンが今年のラストライブになります。
  15. ^ a b 美波 ワンマンライブ「アメヲマツ、」大阪追加公演が決定致しました!”. schedule. 2018年11月9日閲覧。
  16. ^ 美波ワンマンライブ「アメヲマツ、」大阪追加公演開催中止のお詫びとお知らせ”. schedule. 2018年12月8日閲覧。
  17. ^ 大阪追加公演 開催中止後の物販に関して
  18. ^ 1月30日(水)デビューシングルCD美波「カワキヲアメク」のリリースが決定致しました。”. schedule. 2018年11月9日閲覧。
  19. ^ TVアニメ「ドメスティックな彼女」OP主題歌を描かせて歌わせていただきました。
  20. ^ a b 主題歌アーティスト発表!”. NEWS. テレビアニメ「ドメスティックな彼女」. 2018年11月9日閲覧。
  21. ^ “美波のデビュー作「カワキヲアメク」がデジタルアルバムランキング1位獲得”. スポーツ報知. (2019年2月5日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190205-OHT1T50189.html 2019年2月9日閲覧。 
  22. ^ 美波 全国8ヶ所、「カワキヲアメク」ワンマンツアー決定!”. schedule. 2018年11月17日閲覧。
  23. ^ a b c d ギター何使ってるんですかーと色んなとこで聞かれるので。”. 2018年11月17日閲覧。
  24. ^ 美波 OFFICIAL WEB SITE DISCOGRAPHY”. discography. 2018年5月4日閲覧。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]