木崎国嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木崎国嘉(きざき くによし、1907年2月15日 - 1984年6月17日)とは、日本医師タレント

大阪府生まれで、京都大学医学部卒業後、同付属病院をへて大阪赤十字病院に入り、1969年まで内科部長を務める。その頃、テレビ番組11PMの大阪局製作分においてセックスドクター木崎ドクターとしてレギュラー出演。藤本義一アンナ・ルーセンとエッチな会話をする医師として人気を博した。また、数本の映画にも医師役で出演。

その後、大手前女子大学理事及び教授として活躍。また、1971年には参議院選挙全国区で出馬するがこれは落選。著書は医学専門書以外にも、一般向けの書籍を多く残している。

映画出演[編集]