チップス先生さようなら (1969年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チップス先生さようなら
Goodbye, Mr. Chips
監督 ハーバート・ロス
脚本 テレンス・ラティガン
原作 ジェームズ・ヒルトン
製作 アーサー・P・ジェイコブス
出演者 ピーター・オトゥール
音楽 レスリー・ブリッカス(歌)
ジョン・ウィリアムズ(スコア)
撮影 オズワルド・モリス
編集 ラルフ・ケンプレン
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1969年11月15日
日本の旗 1969年12月20日
上映時間 151分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $9,000,000[1]
テンプレートを表示

チップス先生さようなら』(原題:Goodbye, Mr. Chips)は、1969年制作のアメリカ合衆国ミュージカル映画

ジェームズ・ヒルトン同名小説の、1939年の同名映画に次いで2度目の映画化。ハーバート・ロスの監督デビュー作。

主演のピーター・オトゥールは、第27回ゴールデングローブ賞 主演男優賞と1969年度ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 男優賞を受賞した[2]

あらすじ[編集]

イングランド南部の小さな町ブルックフィールドにあるパブリックスクール「ブルックフィールド・スクール」に教師として勤めるアーサー・チッピング、通称「チップス先生」は教育熱心ではあったが、生徒たちの受けはよくなかった。

チップスは夏休みを利用してイタリアへの旅に出かける途中、ロンドンで女優のキャサリンと知り合う。その後、ポンペイの遺跡で再会した2人はたちまち恋におちた。

ブルックフィールドへ戻ると、チップスのそばにはキャサリンがいた。校長をはじめ学園中の皆が驚いたが、キャサリンは人気者になる。しかし、学校の有力者サタウィック卿はそれを快く思わず、チップスを学校から追い出すよう校長を脅した。キャサリンは身を引こうとしたが、チップスの愛に支えられ、2人の幸福な生活が続く。生徒たちも、次第にチップスの魅力にひかれていく。

やがて第二次世界大戦が始まり、キャサリンは空軍の慰問に向かった。しかし、チップスの校長就任が決まったのを知らずに、キャサリンはナチスドイツの新兵器V1飛行爆弾の攻撃に遭って死んでしまう。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]