ファミリー・プロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファミリー・プロット
Family Plot
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 アーネスト・レーマン
原作 ヴィクター・カニング英語版
階段英語版
製作 アルフレッド・ヒッチコック[1]
出演者 カレン・ブラック
ブルース・ダーン
バーバラ・ハリス英語版
ウィリアム・ディヴェイン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 レナード・J・サウス
編集 J・テリー・ウィリアムズ
製作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年4月9日
日本の旗 1976年8月28日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000(見積値)[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $13,200,000[2]
テンプレートを表示

ファミリー・プロット』(Family Plot)は、1976年アメリカ映画アルフレッド・ヒッチコック監督の最後の作品である。

日本初上映時の邦題は『ヒッチコックのファミリー・プロット』。本作はヴィクター・カニング英語版1972年の小説『階段英語版』(邦訳:1974年立風書房)を原作としている。

あらすじ[編集]

インチキ霊媒師のブランチ(バーバラ・ハリス英語版)は、恋人のジョージ(ブルース・ダーン)が調べた情報を元に依頼人の過去を伝えて金銭を得ていた。ある日、ブランチがいつものように資産家のジュリア・レインバード(キャスリーン・ネスビット)を相手にインチキ霊媒を行っていたところ、彼女が未婚の妹が生んだ子供を世間体を気にして養子に出したこと、その子供に全財産を譲ろうとしていること、そして「子供を見付け出してくれれば1万ドルの報酬を渡す」つもりであることを告げられる。早速、ブランチはジョージに子供を探すように頼む。ジョージは当初、ブランチのせいで本業のタクシー運転手の仕事が疎かになっていることを理由に断ろうとするが、1万ドルの報酬の話を聞き子供を探し始める。調査の結果、子供の名前が「エドワード・シューブリッジ」であることを突き止めたが、彼は義父母と共に火事で死んでいたことが発覚する。しかし、彼の墓が義父母の墓と比べて新しいものだと気付いたジョージは調査を進め、マロニー(エド・ローター)という男がエドワードの死亡証明申請を行っていたことを知る。

ジョージの訪問を受けたマロニーは、街の宝石商アダムソン(ウィリアム・ディヴェイン)の元を訪れる。アダムソンの正体はエドワードであり、彼はマロニーと組んで義父母を火事に見せかけて殺害していた。マロニーは「正体を探りに来たジョージを殺そう」と持ちかけるが、身代金誘拐を繰り返していたアダムソンは警察に睨まれることを避けるために自分がジョージを探ることを告げる。アダムソンは妻のフラン(カレン・ブラック)と共にジョージとブランチの身辺を探るが、二人がインチキ霊媒をしていることを知り、それほど危険な存在ではないと判断する。一方、ブランチは教会のウッド司教(ウィリアム・プリンス)がエドワードの過去を知っていることを掴み、ジョージを教会に向かわせるが、ウッドは彼の目前でエドワードとフランに誘拐される。二人は身代金として宝石を要求するが、現場にジョージがいたことを知ったエドワードは、彼らを危険視してマロニーに始末を依頼する。

マロニーは「エドワードの情報を教える」と言って、ブランチとジョージを山の喫茶店に呼び出し、二人の車のブレーキに細工を施す。待ち合わせをすっぽかされた二人は車に乗り込み山を下りようとするが、ブレーキが壊されていることに気付き窮地に陥る。車は路肩に乗り上げて停止して二人は助かるが、そこにマロニーが現れて二人を轢き殺そうとする。しかし、対向車線から飛び出して来た車を避けようとしたマロニーの車は山から転落して、彼は死んでしまう。ジョージはマロニーの葬儀に参列し、マロニー夫人(キャサリン・ヘルモンド)からエドワードが「アーサー・アダムソン」と名乗っていることを聞き出す。ブランチはアダムソンを探すように頼むが、ジョージは無断欠勤がバレて仕事に向かうことになり、彼女は一人で街中の「アーサー・アダムソン」の元を訪れて聞き込みを行う。

アダムソンとフランは、身代金のダイヤを受け取りに行くためにウッド司教を監禁部屋から連れ出すが、そこでブランチと鉢合わせになってしまう。1万ドルが手に入ると喜ぶブランチだったが、ウッド司教の姿を見てしまったためエドワードに監禁されてしまう。彼は身代金の受け取りが終わり次第、ブランチを始末することに決め、受け渡し場所に向かう。その頃、仕事途中のジョージは街中でブランチの車を発見し、アダムソンの家に乗り込み彼女を発見する。二人は協力して、身代金の受け取りから戻って来たアダムソンとフランを監禁部屋に閉じ込めることに成功する。アダムソンとフランの宝石の隠し場所を気にするジョージの思いに応えるかのように、ブランチは突然「トランス状態」となって「覚醒」し、シャンデリアの装飾の中に隠されていた宝石を指し示す。ジョージはブランチが本当の霊能力を発揮したのだと称賛し、警察とレインバードに電話をかける。その様子を確認したのち、ブランチは本作の観客に向けてウインクを送る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替声優
TBS BD
フラン カレン・ブラック 此島愛子 高島雅羅
ジョージ・ラムレイ ブルース・ダーン 山田康雄 安原義人
ブランチ・タイラー バーバラ・ハリス英語版 小原乃梨子 松本梨香
アーサー・アダムソン ウィリアム・ディヴェイン 田中信夫 銀河万丈
ジョセフ・P・マロニー エド・ローター 村松康雄 田中正彦
ジュリア・レインバード キャスリーン・ネスビット 川路夏子 京田尚子
マロニー夫人 キャサリン・ヘルモンド 鈴木れい子 槇原千夏
ホイーラー チャールズ・タイナー 北村弘一
その他の声の出演:岸野一彦政宗一成巴菁子峰あつ子山田礼子金尾哲夫小林通孝
プロデューサー:熊谷国雄、演出:佐藤敏夫、翻訳:木原たけし、選曲:重秀彦、効果:TFCグループ、調整:前田仁信、解説:荻昌弘、製作:東北新社/TBS
  • BD版:2012年11月2日にジェネオン・ユニバーサルから発売された『ヒッチコック・ブルーレイ・プレミアム・コレクション』に収録。2013年5月10日に発売された単体盤にも収録されている。

備考[編集]

脚本[編集]

本作の脚本はヴィクター・カニング英語版による1972年の小説『階段英語版』(邦訳:1974年・立風書房)を原作としてアーネスト・レーマンが執筆したものである。レーマンは当初、本作の脚本を劇的でダークなものにしようとしていたが、監督のアルフレッド・ヒッチコックからはライトなコメディとして執筆するよう要求され続けた。結果として完成したレーマンの脚本は1977年エドガー賞を受賞している。

配役[編集]

ヒッチコックは当初、アダムソン役としてバート・レイノルズロイ・シャイダー、ジョージ役としてアル・パチーノ、フラン役としてフェイ・ダナウェイ、ブランチ役としてビヴァリー・シルズゴールディ・ホーンの起用をそれぞれ検討させられていた。シビル・シェパードもフラン役での出演を希望していたことを自伝で明かしている。

ジョージ役を演じたブルース・ダーンにとって、ヒッチコック作品に出演するのは本作で3作目となった。1964年1月に放映された『ヒッチコック劇場』の一篇で主人公の隣人役を演じたのに加え、同年7月に公開された『マーニー』では不運な船乗りを演じている。

音楽[編集]

本作はジョン・ウィリアムズが音楽を担当した唯一のヒッチコック作品である。この頃、ウィリアムズはスティーヴン・スピルバーグ監督の『ジョーズ』の作曲家としてアカデミー作曲賞を受賞したばかりだった。ヒッチコックはウィリアムズに対し、暗い場面には軽快な音楽をあてるべきだと主張するとともに、「ウィリアムズさん、殺人は楽しいものであり得るのですよ」とのアドバイスを告げたという。

本作のオリジナルサウンドトラックは公開時には発売されなかった。ウィリアムズやヒッチコック作品のコンピレーションアルバムにテーマ曲が収録されることはあったものの、完全版のオリジナルサウンドトラックが発売されたのは公開から34年後の2010年のことだった。

衣裳[編集]

本作の衣裳デザインはイーディス・ヘッドが担当している。1954年公開の『裏窓』以降、多くのヒッチコック作品で衣装デザインを担当してきたヘッドにとって、本作はスタッフとして携わる11作目のヒッチコック作品となった。

脚注[編集]

  1. ^ クレジットなし。Family Plot (1976) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年4月28日閲覧。
  2. ^ a b Family Plot (1976) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]