バルカン超特急

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バルカン超特急
The Lady Vanishes
The-Lady-Vanishes-1938.jpg
キャサリン・レイシー、マーガレット・ロックウッド、マイケル・レッドグレイヴ
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 シドニー・ギリアット英語版
フランク・ラウンダー英語版
アルマ・レヴィル(撮影用台本)
原作 エセル・リナ・ホワイト
The Wheel Spins
製作 エドワード・ブラック英語版[1]
出演者 マーガレット・ロックウッド
マイケル・レッドグレイヴ
音楽 ルイス・レヴィ英語版[1]
チャールズ・ウィリアムズ英語版[1]
撮影 ジャック・コックス英語版
編集 R・E・ディアリング英語版
製作会社 ゲインズボロウ・ピクチャーズ英語版
ゴーモン・ブリティッシュ
配給 イギリスの旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 インターナショナル・プロモーション
公開 イギリスの旗 1938年12月25日
アメリカ合衆国の旗 1938年11月1日
日本の旗 1976年11月13日
上映時間 97分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
フランス語
イタリア語
テンプレートを表示

バルカン超特急』(バルカンちょうとっきゅう、The Lady Vanishes)は、1938年イギリスアメリカサスペンス映画。原作はエセル・リナ・ホワイトの小説『The Wheel Spins』。アルフレッド・ヒッチコック監督、マーガレット・ロックウッド主演。

ストーリー[編集]

各国が戦争に突入しそうな不穏な時代での、ヨーロッパの架空の国バンドリカの山奥で、列車雪崩で動けなくなっており、駅の待合所では、出発は明日になる旨が乗客に告げられる。乗客にはクリケット狂のカルディコットとチャータース、トッドハンター弁護士と実は妻ではなく愛人で不倫の仲である仮のトッドハンター夫人、家庭教師のミス・フロイなどがいて、仕方なく駅の近くの狭いホテルに泊まることになる。カルディコットとチャータースは、ホテルで客室が足りないためにメイド部屋もあてがわれ、レストランでは食べるものが足りず、情報も入ってこないので不満ばかり。同じホテルには、結婚前の最後の旅行で、友人二人と楽しんでいる、アイリス・ヘンダーソンというイギリス人女性がいるが、友人から結婚を心配されている。ミス・フロイがホテルの部屋で、窓下のギターの調べを聞いていると、上階からクラリネットと民族舞踊の踊りが始まり、また下の階で寝ようとしていたアイリスは煩くて眠れない為に、支配人に頼んで静かにするように頼む。しかし上の階のギルバートは、クラリネットで民族舞踊を記録するのは大事な作業だと譲らなかった為、支配人に部屋を追い出され、何とアイリスの部屋に転がり込んでくる。この時にギター弾きは何者かに殺される。後々、このギター弾きが何かの暗号を送っていたことが分かる。結局、アイリスは支配人に頼んで、ギルバートを元の部屋に戻してもらう。

翌日、列車は運行され、みんな乗り始めるのだが、アイリスは出発時に、ミス・フロイを狙ったと思われる落ちて来た植木鉢に頭に当たり、列車に乗ってからも朦朧となる。列車で同室となったミス・フロイと食堂車に行って、御茶を飲んで過ごし、客車に戻って、一眠りしたアイリスが起きた時には、ミス・フロイは消えていた。同室の乗客が、ミス・フロイなど知らないと言った為に、心配になったアイリスは探し回るのだが、他の乗客も乗務員も初めからそんな老女は見なかったと口を揃える。さらに、同乗していた高名な医師のエゴン・ハーツは、ミス・フロイは実在せず、アイリスが頭を打った後遺症で記憶障害を起こしているのだと断定する。ミス・フロイの実在を信じるアイリスは乗客のギルバートと共に列車内でミス・フロイを探し始める。御忍びの不倫旅行中のトッドハンター弁護士は、アイリスとは関わりたくない雰囲気で嘘を吐き、カルディコットとチャータースはクリケットを馬鹿にしたアイリスの質問には答えないでいる。

列車は次の駅で停まり、全身包帯の病人が運び込まれるのを、エゴン・ハーツ医師から聞いた、アイリスとギルバートは、ミス・フロイが下ろされるのではないかと見張るのだが何も起きない。本当に幻覚だったのではと考え直し、ギルバートと食堂にいったアイリスは、しかしそこでフロイが窓に書いた「フロイ」の文字を見て確信し、列車を急停車させるが、アイリスも意識を失い、倒れてしまう。動き出した列車で捜索するアイリスとギルバートは、魔術師ドッポが、人を消す手品を行うことを知り、道具からミス・フロイの眼鏡を発見、ミス・フロイの存在を確信する。魔術師ドッポが現れ、アイリスとギルバートは戦うが、ドッポには手品の箱で逃げられてしまう。二人は、全身を包帯で巻かれた患者を診ているシスターがハイヒールなのを不信に思い、ハーツ医師に相談する為に一緒に食堂へ行くのだが、そこで2人の酒に毒を混ぜた後、ミス・フロイは陰謀に巻き込まれたことをハーツ医師は明かす。医師はバンドリカ国のスパイであり、給仕と魔術師ドッポの一座や乗客などを買収して、ミス・フロイを拉致しようとしているのを告げるのであった。しかし実はシスターは罪悪感から給仕に毒を渡しておらず、重病患者として拘束されていたミス・フロイを2人は助け出して、身代わりの女性を包帯で包む。駅で患者と下りたハーツ医師は、身代わりに気付き、ロンドンへ走る列車は切り離され、本線から外れて山の中へ向かう支線に入る。列車が止まった所で、ギルバートは、乗客に事実を話し、半信半疑だったカルディコットとチャータースも銃撃されて、事の重大さを知り、バンドリカの軍隊と激しい銃撃戦となる。トッドハンター弁護士などが降参するふりをしたら、銃殺されるのを見て、ミス・フロイは自分がイギリスの諜報員であることを告白、謎の暗号としてのメロディをギルバートに教えて、列車を下りて走るのだが、撃たれたようにも見える。犠牲者を出しながらも、ギルバートは車掌を脅して、列車を逆に走らせることに成功し、アイリスと共にロンドンに到着。外務省へ急ぐギルバートだが、メロディを忘れてしまう。しかし、ミス・フロイは生きていて、再会。アイリスは結婚する予定だったフィアンセを振って、列車で冒険をしたギルバートに惹かれ、二人は結ばれる。

キャスト[編集]

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、44件の評論のうち、98%にあたる43件が高く評価しており、平均して10点満点中8.31点を得ている[2]

英国映画協会が1999年に英国の映画やテレビ業界の1,000人に対して行ったアンケートによる20世紀の英国映画トップ100英語版で35位に選ばれている[3]

雑誌「タイムアウト」が150人を超える俳優、監督、脚本家、プロデューサー、評論家や映画界の有力者に対して行ったアンケートによる英国映画ベスト100で31位に選ばれている[4]

メモ[編集]

ヒッチコックの登場シーン[編集]

Caméo - Une femme disparaît.jpg

エンディング近くのヴィクトリア駅で、黒のコートをまとってタバコをふかしながら通り過ぎるシーン[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c クレジットなし。The Lady Vanishes (1938) - Full Cast & Crew” (英語). IMDb. 2012年5月21日閲覧。
  2. ^ The Lady Vanishes (1938)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年5月10日閲覧。
  3. ^ The BFI 100: 31-40” (英語). 英国映画協会. 2012年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月10日閲覧。
  4. ^ Dave Calhoun, Tom Huddleston, David Jenkins, Derek Adams, Geoff Andrew, Adam Lee Davies, Paul Fairclough, Wally Hammond, Alim Kheraj, Phil de Semlyen (2018-09-10). “100 Best British Movies of All Time” (英語). Time Out. https://www.timeout.com/london/film/100-best-british-films 2020年5月10日閲覧。. 
  5. ^ The Lady Vanishes (1938)” (英語). hitchcock.tv. 2012年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]