サボタージュ (1936年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サボタージュ
Sabotage
監督 アルフレッド・ヒチコック
脚本 チャールズ・ベネット
イアン・ヘイ
原作 ジョセフ・コンラッド 『密偵』
製作 マイケル・バルコン英語版
出演者 シルヴィア・シドニー
オスカー・ホモルカ
ジョン・ローダー (俳優)英語版
音楽 ルイス・レヴィ
撮影 バーネット・ノールズ英語版
編集 チャールズ・フレンド英語版
配給 イギリスの旗 General Film Distributors
公開 イギリスの旗 1936年12月2日
上映時間 76分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

サボタージュ』(Sabotage または The Woman Alone)は、1936年イギリスサスペンス映画ジョゼフ・コンラッドの『密偵英語版』をアルフレッド・ヒッチコックが映画化した日本劇場未公開作品。 1996年に『シークレット・エージェント英語版』としてリメイクされている。

あらすじ[編集]

ロンドンで映画館を営むヴァーロックは、破壊活動をする裏の面を持っている。八百屋に扮した刑事が彼をマークする中で次の指令を受けた館長は、警察の目をごまかすために、妻の幼い弟に爆弾を持って行かさせる。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]