私は告白する

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
私は告白する
I Confess
I confess poster.jpg
劇場用ポスター
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 ウィリアム・アーチボルド英語版
ジョージ・タボリ
原作 ポール・アンセルム
Nos Deux Consciences
製作 アルフレッド・ヒッチコック
シドニー・バーンスタイン
出演者 モンゴメリー・クリフト
アン・バクスター
カール・マルデン
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 ロバート・バークス英語版
編集 ルディ・フェア英語版
製作会社 ワーナー・ブラザース
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年3月22日
日本の旗 1954年4月15日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
イタリア語
ドイツ語
テンプレートを表示

私は告白する』(わたしはこくはくする、原題:I Confess)は、 アルフレッド・ヒッチコック監督による1953年アメリカ映画[1]。原作はポール・アンセルムの1902年初演のフランスの戯曲『Nos Deux Consciences』。

あらすじ[編集]

カナダケベック市の敬虔な神父マイケル・ローガンは、ある夜、教会で働くオットー・ケラーから強盗殺人を犯したとの告解を聞く。事件を担当するラルー警視は犯行時に犯人が僧衣をまとっていたことを突き止め、マイケルに疑いがかかる。だが、マイケルはケラーの告白を他言することができない。そのうえ、犯行のあった夜にマイケルが国会議員の妻ルースと逢っていたことがわかり、警察からの容疑が深まってしまう。ルースはマイケルの無実を証明するために良人、検事、警視、マイケルらの前で、マイケルが聖職を志す以前の過去の恋を打ちあける。そして、事件の被害者であるヴィレット弁護士が、この過去の恋を材料にして2人を脅喝し続けていた事実も判明する。ヴィレット弁護士が殺害された晩は、その対策を相談するために逢っていたのである。マイケルは起訴されたが、確証がないため無罪の判決を受けた。だが民衆は承知せず、マイケルに罵声をあびせかけた。事件の真実を知るケラーの妻が真相を話そうとしたが、ケラーに拳銃で撃たれ殺されてしまう。ケラーはホテルへ逃げ込み、ラルー警視はマイケルらとともにケラーを追った。マイケルはケラーを説得しようとしたが、逆上したケラーは自らの罪をラルー警視の前で暴露し、マイケルに拳銃を撃ってきた。ケラーはラルー警視の命令によって包囲する警官の銃弾に倒れた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替 役柄
NHK総合
マイケル・ローガン モンゴメリー・クリフト 綏片達雄 ケベック市カトリック神父。
ルース・グランドフォート アン・バクスター 片岡あい 国会議員の妻。
今も元恋人のローガンが好き。
ラルー警視 カール・マルデン 川久保潔 事件の担当刑事。
オットー・ケラー O・E・ハッセ]](O. E. Hasse 大久保正信 事件の真犯人。
ローガンに罪を告白する。
ヴィレット オヴィラ・レガーレOvila Légaré 事件の被害者。弁護士。
ローガンとルースを恐喝していた[2]
  • 吹き替え放映 - NHK総合 1968年10月5日(土)20:00~21:29

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]