海外特派員 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海外特派員
Foreign Correspondent
Foreign Correspondent trailer 29.jpg
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 チャールズ・ベネット英語版
ジョーン・ハリソン
ジェイムズ・ヒルトン(台詞)
ロバート・ベンチリー英語版(台詞)
製作 ウォルター・ウェンジャー
出演者 ジョエル・マクリー
ラレイン・デイ
ハーバート・マーシャル
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 ルドルフ・マテ
編集 オットー・ラヴァーリング
ドロシー・スペンサー英語版
製作会社 ウォルター・ウェンジャー・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 インターナショナル・プロモーション
公開 アメリカ合衆国の旗 1940年8月16日
日本の旗 1976年9月11日[注 1]
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,500,000[2]
テンプレートを表示

海外特派員』(かいがいとくはいん、Foreign Correspondent)は、1940年アメリカ合衆国サスペンス映画アルフレッド・ヒッチコック監督のハリウッドにおける2作目の作品で、出演はジョエル・マクリーラレイン・デイハーバート・マーシャルなど。第二次世界大戦前夜の欧州を舞台に、国際的な陰謀に巻き込まれてしまったアメリカの新聞記者を描いている。

ストーリー[編集]

第二次世界大戦の直前、アメリカの新聞記者ジョニー・ジョーンズは、特派員としてヨーロッパに派遣された。

ロンドンで、和平の鍵を握るオランダの政治家ヴァン・メアへの取材を試みるジョニー。平和運動家で富豪のフィッシャーが、ヴァン・メアの歓迎パーティーを開き、その席でジョニーは、フィッシャーの娘キャロルと知り合った。

平和会議の取材のために、アムステルダムへ向かうジョニー。その会場でヴァン・メアが射殺された。犯人を追跡したジョニーは、死亡したヴァン・メアが替え玉であり、本物はドイツのスパイ組織に拉致されたこと、そして、事件の首謀者がフィッシャーであることを突き止めた。

何も知らないキャロルに恋心を抱きながらも、フィッシャーとの駆け引きにキャロルを利用するジョニー。ヴァン・メアの救出には成功したが、ジョニーの行動に不審感を抱いたキャロルは、父と共に飛行機でアメリカに向け飛び立った。英・仏の対独宣戦により、ロンドンも安全な場所ではなくなったのだ。

ヴァン・メアの証言によって事件の全貌が明かされ、フィッシャーは飛行機がアメリカの空港に着陸次第、逮捕されることになった。覚悟を決めて娘に真実を告げ、自ら死を選ぶフィッシャー。

後にキャロルと共にロンドンに戻ったジョニーは、激しい空襲の最中にも、ラジオで熱心に戦況を伝え続けるのだった[注 2]

登場人物[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ版1 フジテレビ版2
ジョン・ジョーンズ
ハントリー・ハヴァーストック
ジョエル・マクリー 仲村秀生 嶋俊介
キャロル・フィッシャー ラレイン・デイ 高島雅羅
スティーヴン・フィッシャー ハーバート・マーシャル 仁内達之
スコット・フォリオット ジョージ・サンダース 納谷六朗
ヴァン・メア アルバート・バッサーマン 杉田俊也
ステビンズ ロバート・ベンチリー英語版 野本礼三
ロウリー エドマンド・グウェン
クルーグ エドュアルド・シャネリ英語版
パワーズ社長 ハリー・ダヴェンポート 上田敏也

アルフレッド・ヒッチコック監督は、ジョンがロンドンでヴァン・メアと初めて出会うシーンで新聞を読みながら歩いている。

  • フジテレビ版1:初回放送1984年3月30日『金曜洋画劇場』
  • フジテレビ版2:初回放送1963年3月14日、15日『テレビ名画座』※前後編に分けて放送

製作[編集]

アルフレッド・ヒッチコック監督は主演にゲイリー・クーパーの起用を希望していたが、クーパーはスリラー映画に興味を持たなかった[3]

オランダの外交官ヴァン・メア役のドイツ人俳優アルバート・バッサーマンは英語を全く話せなかったため、全てのセリフを音で覚えた[3]

新聞のコラムニストであるユーモリストのロバート・ベンチリー英語版はステビンズを演じるにあたり、自分のセリフを自ら書くことを認められた[3]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「アルフレッド・ヒッチコックの『海外特派員』は、国際的な陰謀、コミックリリーフ、そして伝説的な監督の最も記憶に残るアクション・シーンのいくつかを組み合わせて勝利を収めている。」であり、42件の評論のうち高評価は95%にあたる40件で、平均点は10点満点中8点となっている[4]

受賞歴[編集]

部門 対象者 結果
第13回アカデミー賞 作品賞 ウォルター・ウェンジャー ノミネート
助演男優賞 アルベルト・バッサーマン
脚本賞 チャールズ・ベネット英語版
ジョーン・ハリソン
撮影賞 ルドルフ・マテ
美術賞 アレクサンダー・ゴリツェン英語版
視覚効果賞 撮影: ポール・イーグラー英語版
音響: トーマス・T・モールトン
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (1940年) 作品賞 ノミネート[注 3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本では劇場公開以前に度々テレビ放映された[1]
  2. ^ ラジオ局での主人公の熱弁は、この日スタジオを訪問していたジョン・フォード監督によって、偶発的に演技指導された。(紀伊国屋版DVD『海外特派員』解説書)
  3. ^ ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞のトップ10作品英語版に選出されている。

出典[編集]

  1. ^ 海外特派員”. KINENOTE. 2020年12月19日閲覧。
  2. ^ 海外特派員”. 映画.com. 2020年12月19日閲覧。
  3. ^ a b c Foreign Correspondent (1940)” (英語). Turner Classic Movies. 2020年12月25日閲覧。
  4. ^ Foreign Correspondent (1940)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]