殺人!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
殺人!
Murder!
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 アルマ・レヴィル
原作 クレメンス・デイン
ヘレン・シンプソン
製作 ジョン・マクスウェル
音楽 ジョン・レインダース
撮影 ジャック・コックス
編集 レネ・マリソン
配給 日本の旗 シネマキャッツ
公開 イギリスの旗 1930年7月31日
アメリカ合衆国の旗 1930年11月24日
日本の旗 1994年1月15日[1]
上映時間 104分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

殺人!』(Murder!)は、アルフレッド・ヒッチコックが1930年に監督した映画。クレメンス・デインとヘレン・シンプソンのミステリ小説および舞台『Enter Sir John』が原作となっている。『ジュノーと孔雀』、『ゆすり』に続くヒチコックにとって3番目のトーキー映画である。

この作品は長い間パブリック・ドメインとされていたが、フランスのカナル・プラスがこの映画の権利を獲得した。2007年には、ライオンズゲート・ホームエンタテイメントからリマスター版DVDがリリースされた。

あらすじ[編集]

巡業劇団の役者であるダイアナ・バーリングは、仲間の俳優が殺害された現場で、その俳優を見降ろしているところを発見された。彼女は事件当時の記憶がなく、疑わしいと思った警察は彼女を逮捕。裁判は有罪となる。しかし陪審員のひとりで有名俳優の、サー・ジョンは、ダイアナの所属する劇団のテッド・マーカムとその妻ドゥーシーの手を借りて、事件を追及していくことに決める。サー・ジョンが事件を洗い直した結果、女装の空中ブランコ芸人、ハンデル・フェインが容疑者として浮かんできた。3人は、ダイアナを救うことができるか?

キャスト[編集]

  • ハーバート・マーシャル:サー・ジョン
  • ノラ・ベアリング:ダイアナ・バーリング
  • フィリス・コンスタム:ドゥーシー・マーカム
  • エドワード・チャップマン:テッド・マーカム
  • マイルズ・マンダー:ゴードン・ドルチェ
  • エスメ・パーシー:ハンデル・フェイン

ヒッチコックの登場シーン[編集]

殺人が起こった家を通行人として前方を横切る男として登場する。

脚注[編集]

  1. ^ 「池袋シネマセレサ」

外部リンク[編集]