見知らぬ乗客

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
見知らぬ乗客
Strangers on a Train
Strangers on a Train (film).jpg
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 レイモンド・チャンドラー
チェンツイ・オルモンド
原作 パトリシア・ハイスミス
見知らぬ乗客英語版
出演者 ファーリー・グレンジャー
ロバート・ウォーカー
レオ・G・キャロル
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 ロバート・バークス英語版
編集 ウィリアム・H・ジーグラー英語版
製作会社 トランスアトランティック・ピクチャーズ英語版
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1951年7月3日
日本の旗 1953年5月20日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,200,000[1]
興行収入 世界の旗 $7,020,913[1]
テンプレートを表示

見知らぬ乗客』(みしらぬじょうきゃく、Strangers on a Train)は、1951年アメリカ合衆国サイコスリラー映画英語版。監督はアルフレッド・ヒッチコック、出演はファーリー・グレンジャーロバート・ウォーカーなど。パトリシア・ハイスミス同名小説英語版ハードボイルド作家レイモンド・チャンドラーらが脚色して映画化した作品で、列車に乗り合わせた見知らぬ乗客から交換殺人を持ちかけられたテニスプレーヤーを描いている[2]。正規版DVDが発売中で、大変珍しい両面1層となり、A面に米国版、B面に英国版が入る(それぞれ、ラストシーンが異なる)。なお、現在パブリックドメインとなっている。

ストーリー[編集]

アマチュアのテニス選手ガイ・ヘインズは、浮気を繰り返す妻ミリアムと離婚したがっていた。そうすれば上院議員の娘であるアンと再婚できる。ある日、ガイは列車の中でブルーノという男性に出会う。ブルーノはガイがミリアムと別れたがっていることをなぜか知っており、彼の父親を殺してくれるなら自分がミリアムを殺そうと交換殺人を持ちかける。そうすればお互いに動機がないので、捕まる心配もないという訳だ。ガイはブルーノが冗談を言っていると思い、取り合わなかった。しかし、ブルーノは勝手にミリアムを殺してしまう。

キャスト[編集]

列車の中でブルーノとガイ
役名 俳優 日本語吹替
NETテレビ PDDVD
ガイ・ヘインズ ファーリー・グレンジャー 愛川欽也 横堀悦夫
ブルーノ・アントニー ロバート・ウォーカー 山田康雄 坂東尚樹
モートン上院議員 レオ・G・キャロル 八奈見乗児 芦澤孝臣
アン・モートン ルース・ローマン英語版 寺島信子 岡本章子
バーバラ・モートン パトリシア・ヒッチコック英語版 高橋和枝 悠渚佳代
ミリアム ケイシー・ロジャース 小原乃梨子 中神亜紀
ブルーノの母 マリオン・ローン英語版 関弘子
コリンズ教授 ジョン・ブラウン英語版 千葉耕市
ヘネシー刑事 ロバート・ギスト英語版 寺島幹夫
ハモンド刑事 ジョン・ドーセット英語版 村越伊知郎
ターリー署長 ハワード・セント・ジョン英語版 北村弘一
演出:小林守夫、翻訳:木原たけし、制作:東北新社
演出:大前剛、翻訳:峯間貴子、制作:ミックエンターテイメント株式会社

※日本語吹替は上記の他、リバイバル公開時に制作された劇団民芸による劇場公開版も存在する[3]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「挑発的な基本設定と独創的なセットデザインがヒッチコックの悪魔のように面白い傑作への道を照らしている。」であり、50件の評論のうち高評価は98%にあたる49件で、平均点は10点満点中8.8点となっている[4]Metacriticによれば、15件の評論のうち、高評価は14件、賛否混在は1件、低評価はなく、平均点は100点満点中88点となっている[5]

受賞歴[編集]

部門 対象 結果
第24回アカデミー賞[6] 撮影賞(白黒部門) ロバート・バークス英語版 ノミネート
第23回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞英語版[7] 作品賞 ノミネート
トップ10作品英語版 受賞
第4回全米監督協会賞英語版[8] 長編映画監督賞 アルフレッド・ヒッチコック ノミネート

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Strangers on a Train (1951) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2021年5月26日閲覧。
  2. ^ 見知らぬ乗客”. WOWOW. 2021年5月26日閲覧。
  3. ^ 風と共に去りぬ(MGMリバイバル①)”. チラシの手帖. 2020年8月12日閲覧。
  4. ^ Strangers on a Train (1951)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年5月26日閲覧。
  5. ^ Strangers on a Train Reviews” (英語). Metacritic. 2021年5月26日閲覧。
  6. ^ 1951年 第24回アカデミー賞”. allcinema. 2021年5月26日閲覧。
  7. ^ 1951 Archives” (英語). National Board of Review. 2021年5月26日閲覧。
  8. ^ Awards / History / 1951” (英語). Directors Guild of America. 2021年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]