1953年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1953年の映画(1953ねんのえいが)では、1953年(昭和28年)の映画分野の動向についてまとめる。

出来事[編集]

日本[編集]

周年[編集]

日本の映画興行[編集]

  • 入場料金(大人)
    • 125円(東京の邦画封切館)[8]
    • 124円(統計局『小売物価統計調査(動向編) 調査結果』[9] 銘柄符号 9341「映画観覧料」)[10]

各国ランキング[編集]

日本配給収入ランキング[編集]

1953年邦画配給収入トップ10
(対象期間:1953年4月 - 1954年3月)
順位 題名 配給 配給収入
1 君の名は 第二部 松竹 3億0002万円
2 君の名は 第一部 松竹 2億5047万円
3 太平洋の鷲 東宝 1億6318万円
4 地獄門 大映 1億5176万円
5 金色夜叉 大映 1億4669万円
6 花の生涯 彦根篇 江戸篇 松竹 1億3990万円
7 戦艦大和 新東宝 1億3601万円
8 東京物語 松竹 1億3165万円
9 叛乱[11] 新東宝 1億2642万円
10 家族会議 松竹 1億2554万円
出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、104頁。ISBN 978-4873767550
1953年洋画配給収入トップ10
(対象期間:1953年4月 - 1954年3月)
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1 地上最大のショウ アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画 2億0270万円
2 シェーン アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画 1億8175万円
3 クォ・ヴァディス アメリカ合衆国の旗 MGM 1億5251万円
4 グレン・ミラー物語 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ 1億3422万円
5 シンデレラ姫 アメリカ合衆国の旗 RKO 1億2714万円
6 機動部隊英語版[12] アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース 1億2182万円
7 地上より永久に アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画 1億1472万円
8 遠い太鼓[13] アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース 1億0686万円
9 静かなる男 アメリカ合衆国の旗 リパブリックNCC 1億0627万円
10 ライムライト アメリカ合衆国の旗 松竹 1億0540万円
出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、105頁。ISBN 978-4873767550

日本公開作品[編集]

受賞[編集]

生誕[編集]

死去[編集]

日付 名前 出身国 年齢 職業
3月 5日 ハーマン・J・マンキーウィッツ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 55 脚本家
6月 20日 フセヴォロド・プドフキン ロシア帝国の旗 ロシア帝国 60 映画監督
10月 8日 ナイジェル・ブルース イギリスの旗 イギリス 58 男優
11月 29日 サム・ド・グラッス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 78 男優

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『年表・映画100年史』では「南街劇場」が「南街座」となっている[3]

出典[編集]

  1. ^ 斉藤 2009, p. 56.
  2. ^ a b c d e 松竹 1985, p. 679.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 谷川 1993, p. 122.
  4. ^ a b c d e f g 山川 1987, p. 225.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 松竹 1985, p. 680.
  6. ^ 日本の3D映画 : 第三の革命 立体3D映画の時代 (2)”. 映画.com. 2019年9月7日閲覧。 “大手映画会社の中で、秘密裏に3Dシステムの開発を進めていたのが東宝である。(中略)「トービジョン」という名称が与えられた(後略)”
  7. ^ 第2章 観覧施設または観客に係る事故事例 (PDF)”. 東京消防庁公式サイト. 東京消防庁. p. 11. 2019年10月2日閲覧。
  8. ^ 角川春樹藤岡和賀夫阿久悠『ザ・ブーム』角川書店、1982年1月25日、198頁。
  9. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  10. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  11. ^ 叛乱(1954)”. KINENOTE(キネノート). 2018年9月29日閲覧。
  12. ^ 機動部隊”. allcinema. 2018年9月30日閲覧。
  13. ^ 遠い太鼓”. allcinema. 2018年9月30日閲覧。
  14. ^ 1953 Awards”. ニューヨーク映画批評家協会. 2012年3月19日閲覧。

参考文献[編集]