ジョセフ・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョセフ・ウィリアムズ
Joseph Williams
Joseph Williams Orebro Sweden 2013.jpg
TOTO - スウェーデン・エレブルー公演 (2013年7月)
基本情報
出生名 Joseph Stanley Williams
別名 ジョー
生誕 (1960-09-01) 1960年9月1日(59歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンタモニカ
ジャンル AOR
ロック
ポップス
映画音楽
職業 ミュージシャンシンガーソングライター鍵盤奏者
担当楽器 ボーカルキーボード
活動期間 1982年 - 現在
共同作業者 TOTO
ジョイ・カルボーン
ジェイ・グルスカ
デヴィッド・ハリス
ヴァーティゴ
ウィリアムス/フリーステット
チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット
公式サイト http://josephwilliams.totoweb.org/
ザ・ビートルズ
スティーリー・ダン
映画音楽

ジョセフ・ウィリアムズ[1]Joseph Williams1960年9月1日 - )は、アメリカ合衆国出身のミュージシャンシンガーソングライター鍵盤奏者

主にロックバンドTOTO」のメンバーとして知られる。実父は映画音楽の作曲家、ジョン・ウィリアムズボーカリストの仕事以外にも、父と同じ作曲家としての一面を持つ[2]

人物[編集]

ロックバンドTOTOのメンバーである。また、TOTO加入以前からシンガーとしてだけでなくロック/ポップ・ミュージック全般、映画音楽の分野で活躍する作曲家でもある。TOTO在籍期の後半では素行不良により喉を壊し、その影響でTOTOを実質解雇された(表向きはあくまで自主的な脱退)。

だが、TOTOの主要メンバーとは元々地元の仲間であり、脱退後も友好的な関係を維持している。脱退後のTOTOの作品にも楽曲提供や共作、ゲスト・ボーカルとして頻繁に参加し、ステージにもスペシャル・ゲストとして登場することも多かった。TOTO脱退の頃には不調であった喉も、「年を重ねてコンディションの保ち方も学習した」と述べており、安定している。2010年のTOTO再結成よりメインボーカリストとして復帰。

TOTO以外では映画音楽や他アーティストへの楽曲提供といった作曲家としての活動、またアーティストのバック・ボーカルやBGM用楽曲のハーモニー歌唱、映画音楽での歌唱などを主な生業としており、TOTO脱退以降2010年の復帰までは基本的にこちらの活動が本業であったが、時間が許せばソロ・アルバムをリリースしたり日本や地元のクラブでライブをするなどのソロ歌手活動もマイペースに行っている。また「ヴァーティゴ (Vertigo)」というジョセフをメインに置いたプロジェクトでもシンガーとして参加していた。なお、ヴァーティゴはジョセフ自身が企画したプロジェクトではなく、ジョセフをメインにフィーチャーした他者のプロジェクトであるため、楽曲や演奏、プロデュースはほとんどが外部から提供されたものである。シンガーとしての活動に関しては、TOTO復帰まではヴァーティゴは主にヨーロッパ圏、ソロ作品は日本でのリリースに留まっていた。

TOTO参加のきっかけは当時のシンガー、ファーギー・フレデリクセンの脱退を受け新しいシンガーを探していたジェフ・ポーカロからオーディションに誘われたことによる。ジェフは元々ジョセフのことは頭になかったが、知人であるシカゴジェイソン・シェフに相談したところ「ジョセフはどうか」という意見をもらい、「そうか、あいつがいた」と思い立ったとしている。なお、前任のファーギーが決定した際のオーディション、ジョセフ決定時のオーディションともに、後にMr.Bigを結成するエリック・マーティンが参加し、最終選考に残っていた。

ジョセフ本人は「エリックはロックシンガーとして素晴らしいし、ロックな面で言えば僕よりも断然彼の方がっていうのは思うよ。それでも僕が採用されたのは気心知れてる幼馴染だというのもあるだろうけど、僕は作曲家としても活動しているから作曲やアレンジ面でもTOTOに貢献出来るんだ。それに僕は加入前からTOTOの音楽性に非常に近かったしリンクする点が多かった。結局僕が採用になったのはそういう点が大きいんじゃないかな」と語っている。ジェフ自身は「エリックは精神年齢がまだ幼いから(採用しなかった)」と語っていた。

また、スティーヴ・ルカサーは「(歴代シンガーが多数いる中で)TOTOのボーカリストとして本当にふさわしかったのはボビー以外ではジョセフだけだよ」と語っている。

略歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

アルバム[編集]

  • 『ジョセフ・ウィリアムス』 - Joseph Williams (1982年) ※2002年再発。日本国内盤2008年再発
  • 『アイ・アム・アライヴ』 - I Am Alive (1996年)
  • 『3』 - 3 (1997年)
  • 『アーリー・イヤーズ』 - Early Years (1999年) ※日本国内盤2008年再発
  • 『ヴァーティゴ』 - Vertigo (2003年)
  • 『トゥ・オブ・アス』 - Two of Us (2006年)
  • 『ヴァーティゴ2』 - Vertigo 2 (2006年)
  • 『スマイルズ』 - Smiles (2007年)
  • 『ティアーズ』 - Tears (2007年)
  • 『ディス・フォール』 - This Fall (2008年)

シングル[編集]

  • My One(1986年、RACKYO RECORDS、07SP-947)- 森永「ピクニック」CFソング
    • c/w DJ IN MY LIFE - ホンダ「DJ・1R」CFソング

プロジェクト[編集]

ウエスト・コースト・オールスターズ[編集]

  • 『夢のカリフォルニア』 - California Dreamin' (1997年)
  • 『ナチュラリー -天国への階段-』 - Naturally (1998年)
  • 『ザ・ベスト』 - The Best (2006年)

ジョセフ・ウィリアムス & ピーター・フリーステット[編集]

  • 『ウィリアムス/フリーステット』 - Williams/Friestedt (2011年)

チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット[編集]

  • 『ザ・LAプロジェクト・スーパー・ライヴ』 - Live In Concert (2013年) ※ザ・LAプロジェクト・オール・スター・バンド名義
  • 『シ―・ダブリュー・エフ』 - CWF (2016年)
  • 10 Miles (2018年) ※ミニ・アルバム

TOTO[編集]

PORCARO BROTHERS[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジョセフ・ウィリアムス」の表記もある
  2. ^ ジョセフ・ウィリアムズ インタビュー”. BARKS (2008年4月22日). 2018年3月23日閲覧。
  3. ^ ピーター・フリーステット 来日公演が4月に開催”. amass (2013年2月10日). 2018年3月23日閲覧。
  4. ^ TOTOのジョセフ・ウィリアムスらが結成した新グループのアルバムが発売間近!”. OKMusic (2016年1月7日). 2018年3月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]