スティーヴ・ポーカロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スティーヴ・ポーカロ
Steve Porcaro
Steveporcaro toto.jpg
スティーヴ・ポーカロ(1982年)
基本情報
出生名 Steven Maxwell Porcaro
生誕 (1957-09-02) 1957年9月2日(62歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州
ジャンル AOR
ジャズ
ロック
フュージョン
職業 キーボーディスト
作曲家
編曲家
担当楽器
ピアノ
キーボード
活動期間 1977年 - 現在
共同作業者 TOTO

スティーヴ・ポーカロSteve Porcaro 本名:Steven Maxwell Porcaro、1957年9月2日 - )は、アメリカの主にセッション・ミュージシャン(スタジオ・ミュージシャン)として活動するキーボード奏者。TOTOのオリジナル・メンバーとして有名。同じくTOTOのメンバーであるドラムスのジェフ・ポーカロ(長兄、1954年生)、ベースのマイク・ポーカロ(次兄、1955年生)はともに実兄。ジャズ・パーカッショニスト、ドラマーのジョー・ポーカロは実父。

略歴[編集]

コネチカット州ハートフォード出身のイタリア系アメリカ人

1978年、兄のジェフや友人のスティーヴ・ルカサーらとTOTOを結成。デビュー・アルバム『宇宙の騎士』及びシングル「ホールド・ザ・ライン」が本国アメリカ及び世界的にヒット。以降、1986年にリリースされた6作目のアルバム『ファーレンハイト』まで正式メンバーとして在籍。同作を最後に脱退したが、以降もライブには参加しないものの、セッション・ミュージシャンという形でTOTOの作品ほぼすべてに参加を続けており、ただ単にメンバークレジットから名前が外れただけとも言える。

TOTO在籍時からマイケル・ジャクソン(「ヒューマン・ネイチャー」の作曲者としてよく知られている)をはじめ数多くのアーティストの作品でプレイや作曲参加し、TOTOを脱退した後も他のバンドやミュージシャンとのセッション(イエスの『オープン・ユア・アイズ』など)や、映画音楽を手がけるなど、現在に至るまで音楽家として活動を続けている。

その後もTOTOではスティーヴ・ルカサーから正式メンバー復帰を熱望されており、2010年には、兄であるマイク・ポーカロが発症したALS(筋萎縮性側索硬化症)の支援と応援のためのTOTO期間限定再結成ツアーにペイチ、ルカサーと共に参加。以後、TOTOとしての活動にメンバーとして貢献している。

音楽性[編集]

基本的には、セッション・ミュージシャンとして様々な音楽ジャンルに柔軟に対応している。

TOTOでは、音楽的特長のひとつである「シンセサイザー」によるスペーシーと形容される空間的な広がりを持たせる音色や、きらびやかな音色、またホーン・セクション(いわゆる「TOTOホーン」)を担当していた。同じくTOTOのキーボーディストであるデヴィッド・ペイチが主に担当するおしゃれでオーソドックスなピアノオルガン類とは対極のサウンド/プレイであり、ツインキーボードの利点を活かしていた。当時の使用機材としては日本楽器製造(現:ヤマハ)製のCS-80DX-7などが有名。

同時に一部の楽曲でリードボーカルも担当しており、基本的には自作曲で歌声を披露している。中音域中心の柔らかい声質が特徴である。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • Someday/Somehow (2016年)

外部リンク[編集]