結晶 (イエスのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
結晶
イエススタジオ・アルバム
リリース
録音 1990年頃
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル アリスタ・レコード
プロデュース ジョナサン・エリアス,
ジョン・アンダーソン,スティーヴ・ハウ,マーク・マンシーナ,トレヴァー・ラビン,ビリー・シャーウッド,エディ・オフォード
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 7位(イギリス[1]
  • 15位(アメリカ[2]
  • 16位(スイス[3]
  • 17位(オランダ[4]
  • 18位(日本[5]
  • 32位(スウェーデン[6]
  • イエス アルバム 年表
    ビッグ・ジェネレイター
    (1987年)
    結晶
    (1991年)
    トーク
    (1994年)
    テンプレートを表示

    結晶』(けっしょう、Union)は、1991年4月30日に発売されたイエススタジオ・アルバム。ジョン・アンダーソンが脱退した90125イエス側メンバーと、アンダーソン・ブルーフォード・ウェイクマン・ハウ側が和解し、8人が参加したアルバムとして大きな評判を呼んだ。しかしながら以下に述べる通り、実際には様々な事情があり、純粋に8人の作品とは言い難い。

    解説[編集]

    1989年、『閃光』を発表したアンダーソン・ブルーフォード・ウェイクマン・ハウは、次回作『ダイアログ (Dialogue)』(仮題)を制作していた。この時「イエス」を名乗る権利を持っていたクリス・スクワイアトレヴァー・ラビントニー・ケイアラン・ホワイトジョン・アンダーソンと和解して合流することとなった。レコード会社はツアーに先立ちこの「8人イエス」を宣伝するためのアルバムを急遽作成する必要に迫られ、プロデューサーにジョナサン・エリアスを起用、ABWH側の楽曲に多くのゲストミュージシャンを起用してなんとか曲として仕上げ、さらに90125イエス側の楽曲を追加してようやく完成した…というのが制作経緯である。

    よって、8人が一緒に演奏している楽曲は一曲もないばかりか、イエスと関係ない楽曲(3曲目はハウのソロ、13曲目はブルーフォードとレヴィンのインプロ演奏)までが収録されるという、メンバーにとって不本意なアルバムとなった。アルバム自体はファンからも評判が芳しくないが、8人イエスは大きな話題を呼びツアーは大成功を収めた。また、ファーストシングルの「リフト・ミー・アップ」がビルボードのホットメインストリームロックチャートにて6週連続で1位を獲得、ハウの「マスカレード」がグラミー賞のベスト・ロックインストゥルメンタル・パフォーマンスにノミネートされるなど、商業的にはそれなりの成功を収めた。

    制作の経緯[編集]

    アルバムのクレジットには当初、ゲストミュージシャンの名前が記載されておらず、制作経緯は長らく謎に包まれていた。しかし、2001年に行われたプロデューザーのジョナサン・エリアス(Jonathan Elias)へのインタビュー[7][8] でその大まかな経緯が明らかにされている。以下はエリアスの証言であるため、他のメンバーと認識が異なる可能性があるが、ABWH側の状況を知る上で参考に値する。

    エリアスの証言によれば、制作途中とされていたABWH側のアルバム『Dialogue』であるが、実際にはエリアスがプロデューサーに就任するまでに制作された素材は無く、バンドメンバー同士の深刻な仲違いが起こっていたという。特にジョンとスティーヴの間は最悪で、スティーヴはエリアスにジョンの歌詞の酷さやアイディアの無さを愚痴り、ジョンはスティーヴが参加していたエイジアをこき下ろしていたという。また、ウェイクマンはテレビ番組や自身のソロアルバムにしか関心が無く、エリアスの用意したハモンドオルガンを「時代遅れだ」と吐き捨てるなど非協力的で、ブルーフォードに至ってはプロジェクトに対して金銭以外に全く興味を示していなかったという。

    結局、メンバーを一同に集めて曲を制作させることもままならず、スティーヴがソロアルバム『タービュランス』の為に用意していたいくつかの素材(実際に「結晶」と「タービュランス」で同じリフが現れる)と、ジョンが持っていたいくつかのアイディアを、エリアスが中心となって発展させるしかなかった。これが、ABWH側の楽曲のほとんどにエリアスが共作者として名を連ねている理由である。エリアスは、スティーヴの持ってきた2つばかりのリフをジョンに発展させようとしたが、ジョンは「こんなのクズだ」と文句を言うのを、「それでもこれがすべてだから、ベストを尽くすしかない」と言ってなだめるなど、相当な苦労を要したという。

    結局、楽曲はジョンとエリアスの共同プロデュースの形でスタジオミュージシャンを呼んで演奏させるという方法で作成され、その過程でスティーヴのパートはジミー・ホーンJimmy Haun)に置き換えられ、ウェイクマンのパートはスティーヴ・ポーカロに置き換えられた。その理由としてエリアスは、ジョンの意向があったことはもちろんだが、各パートの録音に当たり互いのパートを全く聴いていない状態で録音されて使い物にならなかったことを挙げている。また、90125イエス側メンバーで唯一、クリス・スクワイアがABWH側の数曲にコーラスで参加している。

    一方、90125イエス側は、ジョンの不在のままデモ的に録音したものにジョンのパートを重ねたものがそのままアルバムに収録されることになった(完璧主義者のトレヴァー・ラビンは、これらの楽曲を適切な形で録音し直すことを考えていたという)。これらの楽曲はデモ的とはいえ発表するに値する十分な出来であり、ラビンの才能をエリアスは称えている。また、アルバムに収録されなかった曲は、後にイエス・イヤーズ(「ラヴ・コンカーズ・オール」が収録)やビリー・シャーウッドの別のプロジェクトに収録された。

    収録曲[編集]

    1. I Would Have Waited Forever/ウェイティッド・フォーエヴァー
    2. Shock To The System /ショック・トゥ・ザ・システム
    3. Masquerade/マスカレード
    4. Lift Me Up/リフト・ミー・アップ ※
    5. Without Hope You Cannot Start the Day/スタート・ザ・デイ
    6. Saving My Heart/セイヴィング・マイ・ハート ※
    7. Miracle Of Life/ミラクル・オブ・ライフ ※
    8. Silent Talking/サイレント・トーキング
    9. The More We Live-Let Go/ザ・モア・ウィ・リヴ-レット・ゴー ※
    10. Angkor Wat/アンコールワット
    11. Dangerous(Look In The Light Of What You're Searching For)/デンジャラス
    12. Holding On/ホールディング・オン
    13. Evensong/イーヴンソング
    14. Take The Water To The Mountain/ウォーター・トゥ・ザ・マウンテン
    15. Give & Take/ギヴ&テイク (ボーナス・トラック)

    ※印のついた4曲が、いわゆる 90125 メンバーによる作品。15曲目は日本盤および Special European Release に収録されているボーナス・トラック。

    参加ミュージシャン[編集]

    Yesメンバー[編集]

    セッション・ミュージシャン[編集]

    • Jonathan Elias - シンセサイザー, キーボード, ヴォーカル
    • トニー・レヴィン - ベース
    • ジミー・ホーン- ギター
    • ビリー・シャーウッド - ベース, ギター, キーボード, ヴォーカル
    • Allan Schwartzberg - パーカッション
    • Gary Barlough - シンセサイザー
    • Jerry Bennett - シンセサイザー, パーカッション
    • Jim Crichton - シンセサイザー, キーボード
    • Gary Falcone - ヴォーカル
    • デボラ・アンダーソン - ヴォーカル (ジョンの娘)
    • Ian Lloyd - ヴォーカル
    • Tommy Funderburk - ヴォーカル
    • Sherman Foote - シンセサイザー
    • Brian Foraker - シンセサイザー
    • Chris Fosdick - シンセサイザー
    • Rory Kaplan - シンセサイザー
    • Alex Lasarenko - シンセサイザー, キーボード
    • スティーヴ・ポーカロ - シンセサイザー
    • Michael Sherwood - ヴォーカル (ビリーの弟)
    • Danny Vaughn - ヴォーカル

    エピソード[編集]

    • 「リフト・ミー・アップ」「セイヴィング・マイ・ハート」がシングル・カットされている。
    • 発売後、ジョン・アンダーソンは「これでは曲順が正しくない」と不満をもらしている。
    • また、リック・ウェイクマンもこのアルバムの出来に不満を持っており、「このアルバムは Union ではなく Onion だな。だって、聴くと涙が出てくるもの」と言っている。

    脚注[編集]

    1. ^ ChartArchive - Yes
    2. ^ Yes | AllMusic - Awards - Billboard Albums
    3. ^ Yes - Union - hitparade.ch
    4. ^ dutchcharts.nl - Yes - Union
    5. ^ ORICON STYLE
    6. ^ swedishcharts.com - Yes - Union
    7. ^ Bondegezou Interviews - Jonathan Elias” (English). Yes News (2001年3月). 2011年9月17日閲覧。
    8. ^ ジョナサン・エライアス インタビュー” (日本語) (2011年8月2日). 2011年9月17日閲覧。