トニー・コックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トニー・コックスイギリス音楽家ポップスアレンジャー。ダグラス・マックレエ=ブラウンとともに「ザ・ヤング・アイディア」という音楽グループを結成。1967年にザ・ヤング・アイディアがビートルズの「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」をカヴァーしヒットしたこと、またイエスの『時間と言葉』でのオーケストラ・アレンジ、指揮で知られる。

『時間と言葉 (原題:Time And A Word)』での起用は、プロデューサーのトニー・コルトンによるものと言われる。両者はザ・ヤング・アイディアのプロデューサー、トニー・パーマーが同じくプロデュースをしたショットガン・エクスプレスにコルトンが曲を提供した縁で知故を得た。イエスの2000年代以前の全アルバム中、トーマトのオンワードと共に本物のオーケストラが導入されている。

『時間と言葉』で、コックスはオープニングタイトル「チャンスも経験も要らない」において、映画『大いなる西部』のテーマ曲を取りいれている。