ペーパーチェイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペーパーチェイス
The Paper Chase
監督 ジェームズ・ブリッジス
脚本 ジェームズ・ブリッジス
原作 ジョン・ジェイ・オスボーン・ジュニア
製作 ロバート・C・トンプソン
ロドリック・ポール
出演者 ティモシー・ボトムズ
リンゼイ・ワグナー
ジョン・ハウスマン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ゴードン・ウィリス
編集 ウォルター・トンプソン
製作会社 20世紀フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年10月16日
日本の旗 1974年3月9日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ペーパーチェイス』(原題:The Paper Chase)は、1973年制作のアメリカ合衆国の映画ハーバード・ロー・スクールのエリート学生たちが勉学に励む姿を描く青春映画ジェームズ・ブリッジス監督。のちにテレビシリーズ化された(en:The Paper Chase (TV series))。

あらすじ[編集]

アメリカを代表する名門ハーバード・ロー・スクールに通うハートは、優秀な成績で卒業してバラ色の出世コースを歩むため、級友のフォードやケヴィンと共に日夜勉学に励んでいた。そんな彼の最大の難関は、冷厳な主任教授のキングスフィールドであった。

そんなある夜、ハートは大学から帰る途中、スーザンという娘から声をかけられた。誰かにつけられているという彼女を家まで送り届けて以来、ハートは「勉学のためには恋愛はいらない」という学友たちの忠告も聞き入れず、急速に彼女と親しくなっていく。

ある夜、ハートはキングスフィールド教授から自宅での懇親会に招かれるが、そこにはスーザンもいた。実はスーザンは教授の娘だったのだ。ハートは大きなショックを受け、スーザンが今まで偽名を使って自分をだましていたことを責める。スーザンはある法科の学生と結婚していたが、別れたと告白した。そんなことがあってからも2人は交際を重ねていく。

その後、ハートとフォードは最終試験に向けての試験勉強に没頭するが、ケヴィンは妻アシュレーとのいさかいがひどくなり、脱落してしまう。そして、最終試験も無事終わり、ハートはキングスフィールド教授のところに挨拶に行く。だが、教授の反応は意外なものだった。

キャスト[編集]

※テレビ放送:TBSテレビ月曜ロードショー1978年7月17日、放映時のタイトルは『愛と戦いの日々、青春のキャンパス ペーパー・チェイス』。

※吹替はDVDに収録。

受賞[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]