ミラノ殺人捜査網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミラノ殺人捜査網
Milano odia: la polizia non può sparare
3 thugs Milano odia.png
監督 ウンベルト・レンツィ
脚本 エルネスト・ガスタルディ
製作 ルチアーノ・マルティーノ
出演者 トーマス・ミリアン
ヘンリー・シルヴァ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 フェデリコ・ザンニ
編集 エウジェニオ・アラビソ
製作会社 Dania Film
配給 イタリアの旗 Interfilm
公開 イタリアの旗 1974年8月8日[1]
日本の旗 劇場未公開
上映時間 90分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
興行収入 イタリアの旗 1,168,745,000ITL[1]
テンプレートを表示

ミラノ殺人捜査網』(ミラノさつじんそうさもう、原題:Milano odia: la polizia non può sparare)は、1974年制作のイタリアクライム映画ウンベルト・レンツィ監督。日本では劇場未公開。

あらすじ[編集]

ミラノの暗黒街の首領マヨーネ一味は銀行強盗を企てるが、手下のサッキのミスで計画は失敗、サッキは仲間たちにリンチされた挙句、ゴミ捨て場に置き去りにされた。

組織から追い出されたサッキは、うだつの上がらないチンピラのカルミネとヴィットリオを誘って、ある犯罪を計画する。それは、地元大企業の社長ポリーノの一人娘マリー・ルーを誘拐して、身代金を奪うというものだった。サッキたちはマリー・ルーがボーイフレンドと車でデートに出かけたところで計画を実行に移し、ボーイフレンドを惨殺して彼女を誘拐した。

グランディ警部は1人この事件を追い、サッキへの疑いを深めていく。だがその間にも、サッキの狂暴ぶりはエスカレートしていき、やがて事態は思わぬ展開を迎える…。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Curti, Roberto (2013). Italian Crime Filmography, 1968-1980. McFarland. p. 105. ISBN 0786469765 

外部リンク[編集]